50代がハマった漫画

1 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2010/12/25(土) 05:39:15 ID:ttwwqapL
冒険王、ぼくら、少年、少年ブック、少年画報、少年キング、漫画少年
少年マガジン 少年サンデー など

・読んでいた雑誌、好きな作品について思い入れを語ろう
・荒らしや煽りはスルー
2 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2010/12/25(土) 05:53:45 ID:J0ckoMYI
俺はアトム世代
題名間違ってたらスマン
火星探検 海蛇島? がいい
3 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2010/12/25(土) 13:23:00 ID:iuOlQMm5
当時は貸本屋世代。当時の作家連中は今はみんな巨匠と呼ばれている。
「台風吾郎」はさいとうたかおの代表作だった。
その他、若き日の水島新司、川崎のぼる等々が活躍していた。

月刊漫画雑誌は大好きだった。「ロボット三等兵」「イガグリくん」
「サイコロコロ助」

付録付き月刊誌が廃れて、少年週刊漫画誌「マガジン・サンデー・キング」
が登場してきた。「伊賀の影丸」「エイトマン」「おそ松くん」
「ワンダーX」「ちかいの魔球」
4 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2010/12/25(土) 21:17:24 ID:F+aM/IWm
魔球はいろいろあったよね
「ちかいの魔球」はどんな魔球だったかほとんど忘れてしまったなあ
「黒い秘密兵器」の方が覚えているな、アレは秘球と言っていたが
黒い秘球、ゼロの飛球、光る飛球・・・あと何だっけw

「黒い秘密兵器」ではライバルが回転打法というのをやるんだが
よく真似してたものだった

5 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2010/12/26(日) 21:03:02 ID:yTHPNaGr
梶原一騎作品に出会った時の衝撃はデカかった
人物に感情移入しやすく、燃える展開がすげぇ。
生きるって難しいなと厳しさも教えてくれた
6 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2010/12/27(月) 02:32:28 ID:d8UKOGRC
がきデカ
「そ~れ、んぺッ と」
7 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2010/12/27(月) 09:28:57 ID:99r/KvP6
特撮作品の漫画化作品が好きだった
特にウルトラシリーズが
8 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2010/12/27(月) 14:45:42 ID:kfKwkvbv
>>4
>「ちかいの魔球」はどんな魔球だったかほとんど忘れてしまったなあ

ホームベース手前でふっと消える。
新魔球は、消えずにボールが5つ位に増えて見えるw
9 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2010/12/28(火) 18:08:11 ID:sWEAgr3i
「黒い秘密兵器」は

黒い飛球、(残像)
まぼろしの飛球、(土煙)
光る飛球、(水蒸気)
魔の飛球、(渦をまく)
名前失念(上が白、下が黒)
主人公のまつ毛長すぎwww
10 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2010/12/28(火) 20:22:47 ID:qsGSZ94Z
マグマ大使の人間モドキは結構なトラウマだった
あれは真剣に怖かった
ゴアって名前が悪役の名前として刷り込まれ(子供好きだったけど)
アメリカの副大統領が悪者に見えたものだw
11 : 名無しさん@お腹いっぱい。: [sage] 2010/12/29(水) 08:18:33 ID:Dv30ciTJ
関谷ひさし、板井れんたろう、わちさんぺい、山根赤鬼、前谷惟光、桑田次郎
益子かつみ、武内つなよし、一峰大二、小松崎茂、園田光慶、記憶だけでカキコ。
12 : 名無しさん@お腹いっぱい。: [sage] 2010/12/29(水) 08:36:54 ID:Dv30ciTJ
しのだひでお・峰たろう「パンパカ学園」これは検索しました。
スターウォーズの日本版ポスターが生頼範義と知った時は鳥肌がたった。
13 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2010/12/29(水) 14:16:31 ID:FoaKyoxf
丸出だめお、ポテト大将、ストップ兄ちゃん、火星ちゃん、ロボット三等兵
黒鷲少年、魔球少年X、七色仮面、少年ケニア
14 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2010/12/29(水) 14:21:23 ID:ujnwJ4a0
チャンピオン太 ノックアウトQのマネした
背番号0     野球好き
15 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2010/12/29(水) 21:22:30 ID:1TOyclvj
つのだじろう 俺の太陽(競走馬の育成)、ブラック団

わちさんぺい わんわん航空隊
16 : 名無しさん@お腹いっぱい。: [sage] 2010/12/30(木) 04:16:23 ID:NJH9/VSM
あらためて思ったがある時代まではタイトル、扉絵、作者名で始まったせいだろうか
漫画家の名前を間違えることはなかった。いまでは作品はわかっていても作者名
を知らないときがある。 エンドロールで終わる今の映画で監督を失念するのとおんなじか。
 昔ほどマンガも映画も観なくなったせいもあるだろうが。
17 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2010/12/30(木) 15:32:03 ID:CoHb0EPB
杉浦茂「猿飛佐助」大友あきら「サイコロコロ助」
18 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2010/12/30(木) 16:15:50 ID:t9qIoivx
園田光慶は熱いぜ
「あかつき戦闘隊」「ターゲット」
「黒いチャンピオン」「異聞後藤又兵衛」
「軍鶏」「幻の日章旗」

ネットに入れたバレーボールで七回転ターンを真似した小学生は
絶対に俺だけでは無いはずだ
19 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2010/12/30(木) 17:12:47 ID:goAP4bLG
川内康範御大原作の 黄色い手袋X
もっと評価されてもいい
20 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2010/12/31(金) 07:43:27 ID:iLmUnBkL
「鉄腕アトム」との最初の出会いは「少年」連載の地上最大のロボットの巻。 嵐の夜のプルートウとエプシロンとの戦い。
光子力ロボットのエプシロンの最期の言葉、「光を」

今思えば、ゲーテの臨終のときの言葉から引っ張ってきたんだろうな。

すでに倒されていたモンブランがどんなロボットだったのかも非常に気になった。
21 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2010/12/31(金) 10:56:15 ID:5WgtOojP
>>19
>川内康範御大原作の 黄色い手袋X
>もっと評価されてもいい

うん。あと作画担当の桑田次郎も評価されても良いね。
月光仮面、まぼろし探偵、8マン、黄色い手袋X。
22 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/01/01(土) 00:42:24 ID:fp6/lWlS
オラは永島慎二だな
23 : 名無しさん@お腹いっぱい。: [sage] 2011/01/01(土) 21:10:57 ID:m6nbntXZ
小沢さとるのサブマリン707は結局どこと闘っていたのか。今にしておもえば謎だ。
24 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/01/06(木) 14:28:48 ID:SvuuNR/G
バット君とフクちゃんがないとは・・・!
今思うとかわいい絵だったな
25 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/01/06(木) 20:30:25 ID:v53+exHP
藤子不二雄作品数あれど「21エモン」は名作中の名作だと確信している
26 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/01/07(金) 16:51:31 ID:Hu26fJLE
誰か少年チャンピオンのモーレツ先生?知っている
27 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/01/09(日) 17:13:52 ID:h1qrlums
『ロボット三等兵』
ちょっと前に復刻されて書店に並んでいた
一冊1500円×3冊を躊躇なく大人買いw

しかしこれで完全版では無かった・・・虫プロ版が入って無かった orz
28 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/01/10(月) 18:32:08 ID:ySl3GKHE
最近何かと話題のタイガーマスク漫画版
キザ兄ちゃん・・・ルリ子が不憫だ

>>9
かすみの飛球
しかし、その代償に椿林太郎はガンに・・・
最終回はうるっとくる
29 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/01/10(月) 18:44:23 ID:yo0YU6H1
小学校の高学年で だったか、ガロっていうマンガ誌を友達から借りて読んだような。
そこで、白土三平という漫画家の名前を知った。

それまでは、大空のちかい」派だった。紫電改・・・」は嗜好が合わなかったな。
30 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/01/11(火) 10:55:32 ID:2QU2M9B1
tr
31 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/01/11(火) 10:56:48 ID:2QU2M9B1
怪獣王子 オ~ラ~~
32 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/01/11(火) 16:31:01 ID:J7QjogAH
伊達直人
33 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/01/11(火) 17:27:26 ID:JOCwVXHf
3月いっぱいはランドセルのプレゼント続きそうだね。
盲学校の卒業生に毎年、オルゴールを贈っている人も
胸が熱くなるね・・

伊達直人、カンチョクトとは違うんだよね・・・
子供手当ての行き渡らなかった施設の子等に
うれしい贈り物だったね。

タイガーマスク、もう一度読んでみたい。
34 : 名無しさん@お腹いっぱい。: [sage] 2011/01/11(火) 22:30:41 ID:0sd9KLs3
ランドセルのなかに弁当と毛沢東語録をいれておきました。
将来は中国を大事にするような大人になってください。
                       仙石 由人
35 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/01/14(金) 14:38:20 ID:U1dHu61O
トイレット博士の「鳥居かずよし」は現在大学の教授です。
36 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/01/14(金) 14:47:58 ID:9kxCOLgs
750ccライダーとマカロニほうれんそうは
俺の教科書だった
37 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/01/14(金) 21:43:32 ID:tTMtwtaJ
吉田竜夫の絵って当時の中じゃ洗練されていたと思う
パイロットエース(マッハGOGOGO)やハリス無段
コミックの表紙だけでもかっこいい
38 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/01/15(土) 09:20:43 ID:AOHF9zlb
少年チャンピオンだった?モーレツ先生
ドキドキしながら読んでいた。
39 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/01/15(土) 19:08:02 ID:B7tyI5Q+
釣りキチ三平
荒野の少年イサム
後ろの百太郎
40 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/01/27(木) 20:38:51 ID:zsJBtVbF
ビリーパック
覚えてる人いるかな
41 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/01/27(木) 22:00:31 ID:x4Zerye0
1・2・3と4・5・ロク ちばてつや?
ロクが犬。子沢山の漫画。犬が賢かったような?
隣のお姉ちゃんに見せてもらった。
42 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/01/28(金) 21:16:13 ID:y5oolLq6
>>41
あれは・・・お母さんがいきなり死んでしまうんだよなあ
確か眼鏡をかけていたお母さんの記憶がある
43 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/01/29(土) 11:09:51 ID:rOyjbjSG
今もむかしもゴルゴ
44 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/01/29(土) 11:25:42 ID:zcK3hlrz
ジョージ秋山
パットマンXが好きだったな
後年にも良い作品が多いよう思う。銭ゲバは迫力あったな

ちばてつやのキャプテンはマンガに描かれている地が地元に近かった
のもあって夢中になって読んだ

くそして寝ろだのアサーッと吠えてたのは
谷岡ヤスジ、マンガの絵の概念変えてくれた。

最近は東海林さだおがおもしろい
蛭子マンガは本人共々あまり好きではない
45 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/01/29(土) 14:25:19 ID:TU3xEvie
おろち
恐怖新聞
怖いのが好きだった
46 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/03(木) 22:58:43 ID:RUTsDs+b
サイボーグ009
ハレンチ学園
男一匹がき大将
47 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/04(金) 05:57:51 ID:0ZCIknMo
>>44
>ちばてつやのキャプテン
ちばあきおだろ

猫目小僧、がきデカ好きだったわ
48 : 名無しさん@お腹いっぱい。: [sage] 2011/02/04(金) 08:48:38 ID:fqGCvL4c
谷岡ヤスジ「メッタメタガキ道講座」どうせすぐ消えるんだろうとおもっていたら
最期まで路線を変えることがなかった。天才だったと知る。
バロン吉元「柔侠伝」とにかく心酔していた。厨房時代COM、別冊少マガ、アクション
その他いろいろ読んでいたがよくカネが続いたものだ。
49 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/04(金) 10:24:21 ID:tOGBHM+Z
「子連れ狼」好きでした
単行本全部あるのは自慢。
50 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/06(日) 22:23:14 ID:9U4Lm0uj
冒険活劇文庫
51 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/09(水) 00:12:41 ID:GSzMPE6P
森田じゅん「きゃー先生」
一条ゆかり「風のなかのクレオ」
52 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/10(木) 00:01:43 ID:MyHwhimu
みなもと太郎の「ホモホモセブン」
53 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/10(木) 00:07:55 ID:WgHycUA6
幼年時代 おばけのQ太郎 藤子不二雄
     おそ松くん 赤塚不二夫
     鉄腕アトム「地上最大のロボット」手塚治虫
10代  ホモホモセブン みなもと太郎
     毛糸玉にじゃれないで 萩尾望都 
     幻魔大戦 石森章太郎
     男おいどん 松本零士
     ブラックジャック 手塚治虫
     マカロニほうれん草 鴨川つばめ     
     Oh!バイトくん いしいひさいち
20代  綿の国星 大島弓子
     FIRE BALL 大友克洋
    (漫画現役の終わり)
     風の谷のナウシカ 宮崎駿
30代  絶対安全剃刀 高野文子
     東のエデン 杉浦日向子
     夏目房之介の学問
    (しばらくお休み)
40代  うつくしいのはら 西原理恵子
50代 (まだ見つけていない)
54 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/12(土) 10:39:59 ID:bhuJnq9F
>>53
>西原理恵子

西原の何がいいのかわからないw
55 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/12(土) 11:00:18 ID:vX34Q441
高校悪名伝
56 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/13(日) 00:01:13 ID:u+EC4xsv
秘密探偵JA
57 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/13(日) 14:16:27 ID:sUZDKdQO
>>56 良いね
俺は「ケネディ騎士団」も好きだ
58 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/15(火) 00:54:06 ID:PppLuDmG

赤塚不二夫「おそ松くん」だよ~ん
59 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/15(火) 05:50:40 ID:mivUMJtL
>>58なぜワイルド7が揚がらない?ニ世部隊は?
60 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/15(火) 18:48:09 ID:39AXdlnW
「ジャパッシュ」が好きだったニダ
61 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/16(水) 11:50:54 ID:x65XfgLR
>>58
おれはその中でも「宝島の巻」と「ちび太の元金庫破り犯」だよ~ん
62 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/19(土) 01:05:29 ID:PziYoeT4
>>60 しぶいねw

手塚治虫「やけっぱちのマリア」

本宮ひろし「硬派銀次郎」
63 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/19(土) 11:26:23 ID:rK+rDID+
どおくまんの花の応援団
映画化された青田赤道がイメージと違いすぎがっかり

青田がエッチしてる最中に梯子使って覗きしているおっさん
あれ爆笑。
64 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/19(土) 17:25:30 ID:jGSOyh12
バビル2世
65 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/19(土) 18:10:15 ID:d6cRPeMt
伊賀の影丸

村雨五兄弟の三人が倒れる展開には泣けた・゚・(ノД`;)・゚・
66 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/19(土) 18:13:15 ID:d6cRPeMt
・・・と書き込んで失礼
村雨兄弟は四人だったか?随分読み返していないから忘れた
67 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/21(月) 16:13:18.34 ID:x5CAPxO5
宇宙少年ソラン
風のふじ丸
遊星少年パピィー
68 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/21(月) 20:04:45.92 ID:5e+M5yW7
>>66
五人で合ってるよ
北条家子飼いだった忍び衆闇一族との闘いに倒れたんだよな
残ったのが村雨十郎太と源太郎
69 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/21(月) 21:31:14.95 ID:Ng9RdH5N
冒険ガボテン島

トマトちゃんの可愛さはガチ
70 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/22(火) 01:55:40.09 ID:NAu+YYgy
最後にハマった漫画 今年50歳 独身

1990年頃 攻殻機動隊
1995年に押井守がアニメ化したが・・・酷かった
漫画の雰囲気と違い過ぎ
71 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/22(火) 18:59:58.07 ID:Lp/mU+mi
面白かったな 攻殻
原作、劇場版アニメ、TVアニメ
それぞれ違いが楽しめた
アニメ版挿入歌のinner univers、 run rabbit junk やスタミナ・ローズなんかも好きだな
72 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/22(火) 20:16:39.13 ID:xsDeX4Lj
上村一夫の「同棲時代」
73 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/22(火) 20:35:55.57 ID:We4U/L3p
昭和28年生まれの姉が買ってた
小学館の中学生の本と思うのですが
ロボットの漫画でX-1号とかが出てきた漫画ですが
好きだったんっですが、まったく思い出せなくて
タイトルと漫画の内容が知りたいです。
74 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/22(火) 20:47:29.67 ID:We4U/L3p
鉄腕アトムの地上最大のロボットの巻は、一番記憶にある

漫画では、アトムは、プルートを倒すために100万馬力に改造してもらうんだけど
無理にパワーアップしたので自らコントロール出来なくて暴走してしまう
結局200万馬力のボラ―が出てきてプルートもパワーに負けると言う結果
になるんだけど・・・アニメでは、アトムの改造は、なかったな

最近、地上最大のロボットの巻を、違う漫画家が絵(プルート)を書いてるな
75 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/22(火) 21:19:50.22 ID:W8RCiWlR

劇画だが「無用之介」♪
76 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/22(火) 23:01:10.22 ID:78ccIT0v
ゴルゴ13

昨今のリビア情勢を新聞で読んで、ゴルゴ13の「トリポリの埋葬」を思い出した。
カダフィ大佐もムバラク大統領も「ゴルゴ13」に登場した中東の国家首脳たちは、
最近よく失脚するなあ。
77 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/22(火) 23:51:27.15 ID:Lp/mU+mi
>>73
もしかして少年サンデー連載の鋼鉄人間シグマかも?
鉄腕アトムみたいな感じだったかな?
佐久間博士が作った少年型ロボットの話
78 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/23(水) 06:25:08.61 ID:Te9N3GI1
バブバブ バーブ佐竹
79 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/23(水) 10:29:25.89 ID:0SkvnqIk
http://kumazaku.com/chirashi/god666/index.php?file=2011@2.xml&id=12
80 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/23(水) 18:01:30.76 ID:GeN5QlYf
デビルマン
81 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/23(水) 18:55:11.74 ID:/hgL7SnR
けっこう仮面
82 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/23(水) 21:00:13.67 ID:c5ois5Xn
>>61
「ちび太の元金庫破り犯」には泣いた。赤塚不二夫には時々泣かされる。
83 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/24(木) 01:06:15.11 ID:cL+N2AjT
「シェー」のときの伸びきった靴下には泣かされたザンス。
84 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/24(木) 10:51:22.66 ID:QBc8+Nzf
>>82
後日オー・ヘンリーの話と判って・・・当時の漫画は小説のモロパクリが横行していた。
いまでこそ著作権侵害などと某国を嘲笑しているが、日本も同じ途をたどってきたのだ。
85 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/24(木) 11:46:26.58 ID:6J7J4+/2
>>82
おぉ!。。
>>84
赤塚さんはそういうのいっぱいで俺はそれ出来なかった。
86 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/24(木) 11:50:28.50 ID:CeG1pZsX
ずっと後になってわかったんだけど、おそ松くんは映画からのパクリ
もとい翻案したものもずいぶんとあったなぁ
思い出しただけでも「お熱いのがお好き」「街の灯」「飛べフェニックス」その他「シェーン」は
もちろん西部劇からあれやこれや・・・
赤塚版「街の灯」はアンハッピーエンドで本家チャップリンより心動かされたよ
87 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/24(木) 12:00:42.18 ID:6J7J4+/2
「えぇ!?縫わせてくれるんですかぁ!!」
っていうのもあったのぅ。
88 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/24(木) 13:23:09.72 ID:0gHKBGoE
おそ松くん版「街の灯」は時代劇にアレンジした「イヤミはひとり風の中」かな?
あれはよく出来ていたと思うよ、よく覚えてる
89 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/24(木) 13:49:46.62 ID:6J7J4+/2
>>88
あれは子供を泣かせたのう。。野良猫を抱いて消えていった。。。
宝島ではトト子ちゃんに疑似恋愛した。ちび太のコックが作ったチャーシューを薄くきったラーメンが旨そうだった。
90 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/24(木) 18:43:31.67 ID:sEr7uRYG
>>85
>>赤塚さんはそういうのいっぱいで俺はそれ出来なかった。

・・・って、まさか赤塚不二夫と同世代の漫画家さんってこと?(◎ ◎)
91 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/24(木) 19:39:26.41 ID:CeG1pZsX
>>88-89
そうですそうです。
別冊だったのか、ふだんよりページ数も多かった気がします。
目の治った娘に、彼女の描くイヤミの叔父さん像を壊さないため正体を明かさず
野良猫を抱いて去っていくボロボロのイヤミ・・・
読むたびに涙したものです。
92 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/24(木) 21:17:36.00 ID:Ce63hNVs
>>84
 パクリっていっちゃえばそうなンだけど。Oヘンリーの原作自体も、レミゼラブルのジャンバルジャンとジャベールのネタのパクリっぽいし、「換骨奪胎」なんていうイイ言葉もあることからここは穏便に。
 アニメ版「ちび太の金庫破り」で泣けたのは、案外ハタ坊の無垢なたたずまいだったりした。
93 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/24(木) 21:47:38.27 ID:sEr7uRYG
おそ松くんは週刊から月刊のサンデーに移ってから名作を連発したよね
「オメガのジョーを消せ」「下町のチビ太キッドの物語」「突撃イヤミ小隊」
あとタイトル忘れたけど西部劇で「ババ抜きのイヤミ」が出てくるヤツとか

94 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/25(金) 02:53:36.06 ID:4G1P2SEX
たしかに
おそ松くんで時代劇でトトコちゃんの目をイヤミが治す話がありましたね。カステーラ先生かな

あと戦争で南の島で最後は死んでしまい
最後のひとこまが数十年たち子供たちが幸せそうに遊びまわってるというのもありました

95 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/25(金) 03:30:53.70 ID:SkGqJmNs
カステーラ先生はおいしい、いや上手い先生じゃ
なんてセリフ憶えてるw

戦争のは不時着した米軍少年飛行士を捕虜にする話ですかね。
最初は敵対視していた守備兵たちもだんだん打ち解けて、日本の祭りを米少年兵に
見せてやろうと神輿を作ってお祭りをする。
そこへ米艦隊がやってきて・・・・

最後まで少年兵をスパイと疑っていたダヨーンが、少年兵が大事にしている母親の写真をみて
泣き出したのを憶えています。
最後のひとコマは子供達が「ナントーカ カントーカ」と言ってたような。

もう40年以上も前に読んだきりなのに、なんでこんなに鮮明に覚えているのかw
自分でも不思議です。
長々とすみません。
書きながらどんどん記憶がよみがえってきて、どうしても書きたかったんです。

艦砲射撃で椰子の家やトトコちゃん(看護婦)が手塩にかけて育てた花壇が次々と破壊されていく
場面が本当に悲しかった・・・。
96 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/25(金) 09:32:36.14 ID:ajdHNNb2
あったあった(記憶の片隅に
。。。
97 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/26(土) 17:59:09.26 ID:6KJXphOl
おそ松くんのお父さんは最初八百屋さんかなにかやっていたよね
でもいつの間にかサラリーマンになっていて、毎年ボーナスの頃に
「ボーナス落っことした」ってネタをやっていたよね

毎年毎年落っことしていたんだよねw
98 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/26(土) 18:35:28.04 ID:ZzJJMluh
部長のうちの贅沢犬をあずかる巻が面白かったな
「父さん、ぼくらもカツ食べたいよう~~」
99 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/26(土) 21:24:55.80 ID:8xr/lCpn
これまでで、一番盛り上がっているのが「おそ松くん」というのが、なんともこのスレらしい。
100 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/27(日) 00:51:48.81 ID:5AS5vQOc
おそ松カラ松トド松チョロ松十四松・・・・あとひとりがどうしても出てこない
チビ太のおでんが旨そうだったな
101 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/27(日) 01:22:57.63 ID:NutIuXVn
>>100
一松。
「松の木小唄」の節で
「松の木ばかりが松じゃない
おそ松、から松、十四松、一松、トド松、チョロ松も
そして私も松のうち」
という歌があった。

というわけで、一松が抜けてる。
102 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/27(日) 04:10:54.04 ID:eHCDOBBR
おまいら記憶力良すぎだろw
103 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/27(日) 15:01:56.48 ID:iQlb6nAM
「そうざんす」のイヤミってトニー谷を彷彿させたな。
104 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/02/28(月) 18:52:32.07 ID:GgMYhboF
「ざんすざんすさいざんす」「あなたのお名前なんてーの」が記憶に残っている
あの頃のトニー谷の映像も脳内にうっすら残っているなぁ。
105 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/02/28(月) 23:44:56.44 ID:lJvcCKds
アベック歌合戦は面白かった。
106 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/03/03(木) 22:46:11.41 ID:zvbENFtw
イヤミ、ちび太、ハタ坊、ダヨーン。ニャロメ、デコッパチ、べし。赤塚の脇役はほんとに面白かった。
頭が固くなってしまった今のおれが、もし初見で見たとしたら、デカパンやココロのボスを、あのころみたいに素直にそのまま受け入れて楽しめなかったかもしれない。
だって、土管に住んでるパンツ一丁の親父に狸の顔としっぽのついたギャングのボスだぜ。
107 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/03/06(日) 10:39:44.89 ID:0nDkwAfb
波が引いちゃったね。
あすなひろし 「青い空を白い雲がかけていった」はどう。
108 : U ◆dUzYUJ1WrI : 2011/03/06(日) 11:00:42.93 ID:5kbaeXNv
ちばてつやはもう漫画を描かないのかな?

カムイ伝が完結する前に作者が死んでしまうんじゃないかと心配。
まだ生きとるかのう?
109 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/03/06(日) 13:42:11.75 ID:k0GLUUA1
白土 三平の話し?
110 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/03/06(日) 17:17:49.32 ID:QN3IAL+b
白土三平、調べたら昭和七年生まれだった
俺の親父が昭和五年生まれだ、まさに親父の年代か
111 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/03/06(日) 20:06:43.45 ID:qJfrHlH9
>>108
ちばてつやは数年前にモーニングで戦争直後の話を描いていたと思う。
「味がある」と言えなくもないが、線に力がなくなっていた。
俺は今でも一番好きな漫画家だよ。
「あしたのジョー」は、何度読み返したことか。
もう、ジョーは描けないらしいが。
112 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/03/07(月) 04:46:38.65 ID:m2CF22Jk
石ノ森章太郎も最晩年の描線がすごく荒れているのが気になっていた。
漫画を描くことは重労働なんだよね。
113 : U ◆dUzYUJ1WrI : 2011/03/07(月) 14:21:20.55 ID:nrVw9Ozk
あしたのジョーの映画がさいきんありましたが見た人どうでした?
114 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/03/07(月) 15:18:59.74 ID:9cUhon1t
見る気も起きないw
115 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/03/07(月) 16:21:06.53 ID:TdfWco1z
漫画を実写化して、成功したのあったかな
「ワタリ」ぐらいか
116 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/03/07(月) 17:50:19.59 ID:+VERkDhQ
隠密剣士、風小僧、矢車剣の介、白馬童子
117 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/03/07(月) 17:52:05.69 ID:+VERkDhQ
 ↑ 追加で子連れ狼 ちゃんばら時代劇ばっかりw
118 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/03/08(火) 02:07:22.07 ID:NZJPn8FL
古いとこで
青の6号とかあったな
潜水艦だが海底ドームとかあって
あれも詳細は記憶なし


あと赤き血のイレブン
サブマリンシュートを破る方法がばくてんした着地を邪魔するというのがよくわからん


同じ作者か戦争もので負傷して義手でパイロットに復活したのがいたな
タイトルも覚えていない

あと俺の甲子園だったか
アンダースローとオーバースロー使い分け
最終回は病院抜け出して決勝いくとこで終わるがその前の試合は見ていないので謎のままだ

誰か知っている人がいたら教えて
119 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/03/08(火) 06:54:40.42 ID:fMDMdSD5
「青の6号」は海底ドームの基地で門番ロボットのノボってのがいた
「沈黙の艦隊」を先取りした作品で多国籍の潜水艦が一つの組織で
よく判らない敵と戦っていた、恐竜とか沈んだヤマトと半魚人とか・・・

120 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/03/08(火) 06:57:31.25 ID:fMDMdSD5
「赤き血のイレブン」のサブマリンシュートとは主人公の父親が
寿司職人で玉子を割る絶妙の力加減をヒントに編み出された
すなわちシュートを放つ際に極めて微妙な力加減を必要とし
シュート後に倒立する事で腕の方に力を分散させる理屈だった

だからサブマリンシュートは倒立できないと変化しないのだ
121 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/03/08(火) 07:00:15.26 ID:fMDMdSD5
負傷して義手のパイロットとして復活したのは
「あかつき戦闘隊」の竜伍長だ
海軍であるあかつき戦闘隊にあって、何と陸軍の
加藤隼戦闘隊の生き残りだった

今二飛曹と共にあかつき戦闘隊たった二人の生き残りだが
ただし竜伍長は途中で出てこなくなったから定かではない
122 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/03/08(火) 12:41:15.37 ID:NZJPn8FL
>>119

詳しい人がいた!W

ノボが攻められ対抗できなくなりゲームセットと言ってドーム閉め
最後にドームを浮上させて逃げたシーン覚えてます



> 多国籍の潜水艦が一つの組織で
> よく判らない敵と戦っていた、恐竜とか沈んだヤマトと半魚人とか・・・
このあたりは記憶ないです。そうでしたか
123 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/03/08(火) 12:44:33.72 ID:NZJPn8FL
>>120


寿司職人思い出しました!ライバルが秘密知りたくて玉子を道においといたらマネージャーが玉子ひろう指使いで見抜いたようなシーン思い出しました


> すなわちシュートを放つ際に極めて微妙な力加減を必要とし
> シュート後に倒立する事で腕の方に力を分散させる理屈だった

> だからサブマリンシュートは倒立できないと変化しないのだ


これは記憶にないです
ありがとうございます
124 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/03/08(火) 12:50:52.60 ID:NZJPn8FL
>>121


> 「あかつき戦闘隊」の竜伍長だ


竜伍長!思い出しました
形勢不利な場面に救世主のように出てきて見開き2ページで義手で操縦するアップが記憶に残ってます


洞窟掘ったような格納庫に機体を隠していたような

このあたりの漫画はブックオフにもないので確認しようがないですね

125 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/03/08(火) 12:53:37.23 ID:NZJPn8FL
>>119

私は 青の6号から
サブマリン707

アメリカテレビ番組の原潜シービュー号
に流れていきましたW
126 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/03/08(火) 15:19:58.28 ID:1yCQY0AV
「あかつき戦闘隊」って新任隊長(主人公)が若造で、ふんどしじゃなくて
パンツはいてるんでバカにされるやつだっけ?
幻の滑走路もたしかこれ?
神虎吉なんてのもいたねー、自分の腕を賭けに負けて日本刀で叩き切ろうとした。
関西弁で鬼のような顔してたけど、「ワイの名前は神虎吉やー!」
と叫びながら火薬抱いてグラマンに・・・・(泣
127 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/03/09(水) 12:23:54.94 ID:9z0cbW36
>>122 
「青の6号」は海の平和を守る組織「青」に所属する6号艦という意味だ
他に確か1号から8号くらいまであった。で、それぞれ国籍が違う
1号がアメリカというのだけ覚えているけど他は英仏中あたりだったか?
多分に009を意識した設定と想像するが、「沈黙の艦隊」で描かれた
構想がそのまま「青」だったのは面白かった

敵はムスカとかいう秘密結社だったっけ?でも戦ったのは赤ハゲと呼ばれた
無敵の恐竜と宇宙戦艦ならぬ海底戦艦ヤマトだった(乗組員は半魚人)
事実上打ち切りの作品(確か単行本3巻)なのに強烈なインパクトあったよね


128 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/03/09(水) 21:19:29.00 ID:5USP7IPr
サブマリン707て伊賀艦長だったかな?
いつもパイプをくわえていたな
小型潜航艇を二機搭載していて少年乗組員が操縦していた
コック長との会話で「よし、今日はごちそうを作ってやるぞ」と言えば、
少年たちは「なんだ、やっぱりコロッケか」と答える
あのコロッケは旨そうだった
後にコミックスでディーゼルエンジン搭載の初代707号があったことを知ることとなる

青の6号にも小型潜航艇が搭載されていたな
名前は確かフリッパーだったか

あかつき戦闘隊のまぼろしの滑走路は懐かしいね
遠浅の海に隠されていたんだっけかな
滑走路が見つかりそうになったときに隊員のひとりがグラマンの機銃掃射で倒れるシーンを思い出した
129 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/03/09(水) 22:51:26.89 ID:iswZzwUL
撃たれたのは飛行機の機械工(太ってる)と助手の少年だったような記憶が
130 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/03/10(木) 01:11:08.87 ID:MZS4B9JG
私はフリッパーや707のプラモデル買った記憶があります
青6は途中で打ち切りだったんですか?
知りませんでした

131 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/03/10(木) 01:12:51.53 ID:lSQGrdLT
【民主党】"国の形"研究会代表(兵庫3区) 「竹島、日本の領土と言えぬ。日本は領有の主張を中止しろ」…韓国議員と公式共同宣言★21
1 :春デブリφ ★:2011/03/10(木) 00:40:50.38 ID:???0
★民主・土肥氏「竹島領有権、日本は主張中止を」韓国議員と共同宣言 会見まで 先月末

 わが国固有の領土にもかかわらず韓国が不法占拠を続けている竹島について、衆院
政治倫理審査会会長で菅直人首相が主宰する政策グループ顧問の土肥隆一衆院議員
(兵庫3区)が「日韓キリスト教議員連盟」の日本側会長として、日本政府に竹島の
領有権主張中止などを求める同議連の日韓共同宣言に名を連ね、韓国の国会で共同記者
会見していたことが9日、分かった。土肥氏は産経新聞の取材に「個人的には、竹島は
日本の領土とは一概にはいえないのではと思っている」と話している。

 共同宣言文のタイトルは、「和解と平和を成す韓日両国の未来を開いていこう」。
日本に対し「歴史教科書の歪曲(わいきょく)と独島(韓国が主張する竹島の名)領有権
主張を直ちに中止する」などの3項目を要求。議連の日本側会長の土肥氏ら3人の連名
としている。
 土肥氏によると、共同宣言は先月27日、韓国の植民地支配下の独立運動を記念した
「3.1節」の関連行事の一つとして開催された、同議連の共同記者会見で発表された。
 土肥氏は日本側会長の立場で、日本から唯一出席。韓国には当日入り、式典の前に
「この共同宣言を発表したい」と日本語訳が添付された宣言文案を渡され、内容を確認
して了承、共同会見に臨んだという。
 土肥氏は産経新聞の取材に「共同宣言は外交交渉上有効になるようなものではない」
と説明。「この議連は本来、キリスト教的精神で日韓問題を考えようという趣旨のもの。
どちらか一方だけが悪いということにはならないはずだが、韓国では竹島、慰安
婦、教科書、靖国に対する自国の主張を述べないと、日本と向き合ったことにならない」
とも述べ、韓国側が作成した宣言文に理解を示した。
(続く)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110309/plc11030914140020-n1.htm
※前(★1:03/09(水) 14:28):http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1299683547/

132 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/03/10(木) 07:19:04.30 ID:odhc5OuF
(◎ ◎) 驚いた・・・何だ?いきなり
     マルチか?
133 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/03/10(木) 10:07:01.18 ID:Awu+u1uO
南無三
134 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/03/10(木) 19:49:30.98 ID:8/nMSN1p
707の艦長の口癖ですね。
135 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/03/11(金) 12:33:33.71 ID:lUGaXCMs
小沢さとるの漫画に出てくる艦長はみーんなパイプをくわえていたよねw
136 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/03/22(火) 01:08:55.56 ID:Ct5JfcgW
タイガーマスクに憧れてたのに結局なれなかった
無力な自分が情けない
137 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/03(日) 19:52:02.59 ID:hEJyCEsx
サブマリン707は速水艦長だった。
太平洋戦争で名潜水艦乗りとして名を馳せた名艦長だ

ていうかサブマリン707に出てきた艦長は敵も味方もほぼもれなく
第二次世界大戦で名を馳せていて、時には戦友だったり敵同士だったり
要するに大戦がほんの二十年前ってのが実感できたな

速水艦長の操鑑は見事だったな
機雷に囲まれて絶体絶命になるや音波で機雷を誘爆させる
「機雷が爆発した方向へ進め!」
爆圧で機雷が遠ざかり一筋のトンネル状の活路が出来ていたのだ

うーむ小沢さとる氏、見事です

138 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/03(日) 19:59:54.27 ID:hEJyCEsx
さて良い気持ちで酔っぱらっているので、気の向くままに
ちょいと懐かしい漫画ネタを続けよう

つのだじろうは今でこそというか後にはあんな感じだったが
俺らの子供の頃はギャグ漫画家だった
代表作は「ブラック団」とか「グリグリ」「怪虫カブトン」辺りかな
おっと忘れちゃならない「忍者あわて丸」w

特にブラック団は名作の誉れ高いな
ビルのてっぺんにある隠れ家に憧れた
ネズミが苦手な親分と手下が二枚目ジロー、ハート型のヘソがタローだっけ?


139 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/03(日) 20:08:36.57 ID:hEJyCEsx
「グリグリ」はいわゆるスターシステム漫画に近い構成で
可愛い貝のキャラクター、グリグリと悪役のタコゾウがそれぞれ毎週
いろいろな役柄に扮して読み切り劇を繰り広げる趣向だった
時代劇だったり西部劇だったり、「おそ松くん」もそうだが当時こういうのが流行った

「忍者あわて丸」は人気があった。あれで伊賀と甲賀がライバル関係なので
伊賀者と甲賀者は史実でも敵同士なんだと子供心に信じたものだったw
思えば忍たま乱太郎はこの作品のインスパイアなのかも知れないな
140 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/03(日) 20:19:34.67 ID:hEJyCEsx
そんなつのだじろうが何故か梶原一騎原作の空手ものを
やり出した時には驚いたもんだ・・・「虹を呼ぶ拳」だったか?
そしてそのノリそのままに始まったのが「空手バカ一代」だったが
これは面白かった、そりゃあもうメチャクチャ面白かった
少年マガジンでリアルに読んでいた世代だからなw
141 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/03(日) 20:24:03.62 ID:hEJyCEsx
単行本ももちろん初版から買った。金色基調のカバーデザインがまた
妙に高級感を醸し出していて子供ながらに宝物だった  >「空手バカ一代」
とにかく序盤から有明省吾が死ぬ辺りまでの展開はさすがに神!
判る人は判るかも知れないが俺は納豆を食べる時にカラシを入れる度に
有明省吾が納豆を買うシーンを思い出している
142 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/03(日) 20:29:40.48 ID:hEJyCEsx
過疎スレとはいえ余りの連投は自重しよう
「空手バカ一代」は諸事情から後に影丸譲也に作画が変わったが
私としてはつのだじろうで完結して欲しかったと思っている
影丸譲也の方が闘いシーンの迫力はそりゃ上手かったけど。
143 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/05(火) 23:42:41.74 ID:DvWXQdiR
>>137

小沢さとるの潜水艦漫画で育ったので

その後、潜行中の潜水艦によって潜水艦が撃沈された戦例は1例すらないと
知った時はショックが大きかった。撃沈どころか魚雷発射に至った事すら無し。

なおWW2だけじゃなく、その後もありません。つまり世界史上1例も無し
144 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/05(火) 23:51:38.46 ID:DlZ6knPI
>>143
え!そうなんですか?
魚雷発射にも至らなかったということは、潜水艦同士の戦闘は事実上なかった・・・??
潜水艦のドッグファイトは映画の中だけだったのか
145 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/06(水) 01:21:30.72 ID:mOWTfC5/
オレのなかで小沢さとると言えば「宇宙性少年ソラン」だな。
146 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/06(水) 01:22:24.10 ID:mOWTfC5/
>>145
>「宇宙性少年ソラン」
w まちがった「宇宙少年ソラン」
147 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/06(水) 20:32:49.33 ID:j5hyxe8g
>>145
「宇宙少年ソラン」は小沢さとるじゃないと思うな
小沢さとるは凄く寡作な人だから調べればすぐ判るけどw
148 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/06(水) 21:13:00.39 ID:j5hyxe8g
ちょいとググってみたらwikiにはこうあった ↓

宇宙少年ソラン
漫画版も存在し、宮腰義勝による漫画版は週刊少年マガジンに1965年5月9日号から連載されていた

宮腰義勝って人は知らないなあ。ソランはアニメでは見たけど漫画で読んだ記憶がない
1965年か・・・俺は少年サンデー派だったからなw
伊賀の影丸が一番好きだった
149 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/07(木) 01:11:25.06 ID:f0k1JAUk
自分は「スーパージェッター」と「少年忍者風フジ丸」だな。
150 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/07(木) 01:15:03.05 ID:f0k1JAUk
おっと「少年忍者風のフジ丸」でした。でも漫画じゃないかもTVアニメ
だったかもしれない。「スーパージェッター」と同じ作者だった筈。
151 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/07(木) 01:19:11.37 ID:AkD/cycI
伊賀の影丸は死んでいく忍者が好きだった。
地獄谷金山とか正雪のときの話とか夢中だったな。
闘えオスパーやシスコーンも好きだった。

いまだに漫画読んでるけど、子供のころに夢中になった漫画は特別だね。
152 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/08(金) 21:06:06.02 ID:GbvQnfuF
今夜も良い気分で酔っている
今日は川崎のぼるの話をしよう

川崎のぼるは「巨人の星」が有名過ぎるがあれはどうやら
梶原一騎の言うなりに描いていただけっぽい
そもそも本人は野球をよく知らなかったと言うw
その辺りがちばてつやの「あしたのジョー」と違う点だわな

続こう
153 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/08(金) 21:10:55.95 ID:GbvQnfuF
川崎のぼると言えば我らの世代ならまず「アニマル1(ワン)」だろう
非常に珍しいアマレスを題材にした漫画だったが内容はまあアマレスとは程遠い(笑)
しかし数々の必殺技には燃えた。「アニマルドロップ」「ローリングストーン」!!

あと忘れちゃならない「いなかっぺ大将」
これは笑えた。コテコテのギャグに腹を抱えて笑った・・・が
この風大左右衛門というキャラは実は女を二股で最後までどっちつかずだった
154 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/08(金) 21:15:41.78 ID:GbvQnfuF
私的に川崎のぼるの代表作を挙げればやはり「荒野の少年イサム」だろう
これは面白かった。川崎のほる氏はプライベートでもかなりのウェスタンマニアで
要するにやっぱり本人が好きで描いている作品は違う(笑)
野球のルールもろくに知らずに描いていた「巨人の星」とは基盤からして違うわな

もちろん原作の巧さも魅力だったが、時々読み返したい実に良い作品だった
155 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/08(金) 21:20:30.43 ID:GbvQnfuF
「いなかっぺ大将」の系統では「てんとうむしの歌」とか「どうどう野郎」なんてのがあったな
それから「フットボール鷹」という意欲作品があったが不完全燃焼に終わった
梶原一騎や小池一夫の原作ものが多かったが正直つまらなかった(汗)
原作ものよりオリジナルものの方が魅力的だった気がするな

156 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/09(土) 00:05:19.42 ID:cmYf0jM7
川崎のぼるといえば、おれは「大平原児」だな。
貸本屋時代の作品ですが・・
157 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/09(土) 09:43:27.15 ID:tDzsSKf3
川崎のぼるは確かデビュー作品とか初期作品は西部劇が多いんだよ
本人がガンマンのコスプレしている写真も見た事ある
158 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/09(土) 10:03:58.51 ID:yDBnXl72
川崎のぼる漫画は女性がみんな可愛いのと食べ物の画がとっても美味しそうで良いんだよな
アニマル1では七子の作ったお弁当とか合宿所の食事シーン
巨人の星では甲子園の食堂でのスパゲッテイ、花形、明子の食事デートでのステーキ
男の条件ではとんかつ、イサムでは肉のあぶり焼きとか
とにかく美味そうに書く人だ
159 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/09(土) 10:13:05.81 ID:7f1gcU69
梶原一騎は人生の教科書だな
空手バカ好きなら「抱かれたい道場」も楽しめますよ
160 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/09(土) 20:57:22.34 ID:tDzsSKf3
俺は晩酌が楽しみな普通のオヤジなので今宵も良い気分だ
今日は、そうだな、ちばてつやの話をしよう

ちぱてつやはご存じの通りデビューは少女漫画だ
「テレビ天使」とか「島っ子」とか確かに読んだ記憶はあるが
そこは血気盛んな男の子、そんな漫画は覚えちゃいねー(笑)

やはり原点は「ハリスの旋風」だろう、石田国松は燃えるキャラだった
コイツはいろんなスポーツを渡り歩いたのが面白いよね
剣道にサッカー、野球にボクシングだっけ?あと番長が巨漢過ぎて殆ど化け物(笑)
ラーメンの屋台が仕掛けだらけでヤクザを撃退したりデパートの配達アルバイトをしたり
面白い作品だったな
161 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/09(土) 21:00:42.47 ID:tDzsSKf3
「紫電改のタカ」や「ちかいの魔球」も良かった
特に紫電改のタカのラストシーンは泣けるよね
特攻に出撃する主人公に面会するために好物のおはぎを
こしらえて笑顔で出掛ける母親と恋人・・・(´;ω;`) 
当時の戦記ものは良かった・・・まだ戦後20年かそこらだもんな
162 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/09(土) 21:08:12.48 ID:tDzsSKf3
「アリンコの歌」という短編もあった
これは名作、炭坑で働く山奥の飯場村の分校に熱血青年教師がやってくる
しかしある日、サイレンの音が鳴り響く・・・落盤事故が起きたのだ

三池炭坑事故の記憶も生々しい時代背景に、主人公が大人の先生というのも
新鮮な驚きだった。落盤で父親を亡くした少年が、いつものように父親が通った
飲み屋に夕食を食べに来る。流れるレコードの曲は父親が好きだった歌・・・。
こらえ切れずに店を飛び出す少年・・・書き込んでいて目頭が熱くなるw


163 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/09(土) 21:13:37.94 ID:tDzsSKf3
ちばてつやは叙情性に溢れる実に優れた真の作家だった
「1,2,3と4,5,ロク」も涙無くしては読めないだろう
お母さんが死んでしまうんだよね
ちなみにロクだけは犬の名前だ

「あしたのジョー」や「俺は鉄兵」「のたり松太郎」で語られる事が多いが
五十代オヤジとしてはやはり初期作品の魅力を語っておきたい
164 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/09(土) 23:52:14.08 ID:cmYf0jM7
ちばさんは「あしたのジョー」の前作というべきボクシング漫画を
オリジナルとして書いている。
「さかなやチャンピョン」というタイトルでした。
主人公は当然ながら矢吹ジョーとまったく同じ顔かたちです。
おなじく下町の魚屋で働く青年とその店の女の娘との恋愛もあった。
また少年マガジンの読み切り作品としてマラソンランナーが主人公の
「走れジョー」という作品もある。
165 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/10(日) 03:05:33.96 ID:+xf9QwU7
りぼんの付録のカラーシリーズを集めていた。
なかよしは楳図かずおの恐怖漫画が付録で怖かった。
166 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/10(日) 03:31:16.77 ID:+YNZpMbn
小学生か中学生の頃に読んだ、名前も題名も覚えてないけど
主人公がドアを開けるとどんどん部屋が狭くなっていくという
のがあった
167 : 143 : 2011/04/10(日) 15:36:06.17 ID:26U6rzi4
>>144
168 : 143 : 2011/04/10(日) 15:40:29.95 ID:26U6rzi4
>>144

ウィキペディアのこの戦例を知らなかったので、皆無は言いすぎだったけど
実質ないと言っていいみたい。

>映画・シミュレーションゲームでは潜水艦同士の戦闘がよく描かれるが、
>ホーミング魚雷の実用化以前の潜水艦同士の戦闘は、お互いに水中を三次元的に移動するので
>攻撃は困難であり、また現代では潜水艦を保有する国同士の本格的な戦闘例が少ないため実現されていない。
>数少ない例としては、1945年2月に、ノルウェーのベルゲン沖で英潜水艦ヴェンチャラーが、
>潜望鏡深度を航行中の独潜水艦U-864をソナーで探知、数度シュノーケルを潜望鏡で目視したのち
>ソナーで追撃し雷撃撃沈した例がある[3]。しかし、実質水上艦艇に対する雷撃と変らないため、
>潜行中の潜水艦同士の戦闘とは言いがたい。
169 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/14(木) 19:39:50.24 ID:b0nDviO5
思うところあって3日ほど禁酒したのだが、今日は軽く晩酌w
酔うとクダをまくオヤジのように懐かしの漫画話を続けよう
今日は石井いさみの話をしようか

石井いさみは筋金入りの○価なので「750ライダー」以降は変な
宗教漫画に走ってしまい、とんと人目につかなくなってしまった
まあ石井いさみといえば大体の人が「750ライダー」を思いつくだろう
かくいう私も委員長が大好きだったクチだが

しかし俺ら世代の石井いさみは実はハードでクールなのだ
続く
170 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/14(木) 19:45:15.32 ID:b0nDviO5
少年サンデーに連載された「くたばれ涙くん」は今にして思えば
トンデモなサッカー漫画だったがどういうものか記憶が焼き付いている
実はこの作品は後のサンデー漫画の伝統を生み出した作品だ
一つはスポーツで父が死に息子がその因縁を受け継ぐパターン
もう一つは、これはまあ伝統って程じゃないが女教師と教え子の恋だ

父が死に息子が志を受け継ぐってのは「がんばれ元気」や「六三四の剣」
「俺たちのフィールド」などに受け継がれサンデーの「売り」になった
171 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/14(木) 19:50:47.94 ID:b0nDviO5
「くたばれ涙くん」と言えば何と言ってもアレだ
謎に包まれた必殺の「Uの字攻撃」・・・一体どういう攻撃なんだ?と
引っ張って引っ張ってオヤジの死まで絡んであれかよ(´・ω・`)だったが
とにかく仇役の天才ゴールキーパーがクールで格好良かったな

その後梶原一騎と組んだのが「ケンカの聖書(バイブル)」でこれが面白い!
この作品は20年くらい前に処分しちまったのを今は猛烈に後悔している
余談だが俺はある時梶原一騎作品を一斉に処分してしまった事があるのだ
172 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/14(木) 19:58:34.93 ID:b0nDviO5
「ケンカの聖書」は悪役プロレスラーが反則ギリギリのていうか
反則技で正義気取りの花形レスラーを倒していくんだけど
レスラーというには余りにも主人公の吉良旭が小柄、というか普通の男
仇役の正義レスラーが名前は「プリンス・スター」恥ずかしいだろ、普通w
梶原一騎と石井いさみは凄く相性が良いと思ったんだが巡り合わせが悪いのか
これが一番の出来だったかな
173 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/14(木) 20:07:20.37 ID:b0nDviO5
その後サンデーに連載された「竜が斬る」は佐々木守が原作だった・・・かな?
記憶が定かではないが面白かった。ただ尻切れトンボの打ち切りで終わった記憶。
剣道漫画というか剣法もので、これで初めて「朱雀」「白虎」「青龍」「玄武」を知った。

その後で語るべき作品は「高校悪名伝」くらいか
このあたりまでのハードでクールな主人公は本当に格好良かった
「750ライダー」は俺はあんまり読んでないから知らない

174 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/15(金) 01:14:22.04 ID:zDsB2wGF
石井いさみと言えば少年ジャンプ連載の野球漫画「父の魂」だったかな。
それ以前にも野球漫画描いていた気がするが、「くりくり投手」?
なんか覆面というか目の部分を黒い布で覆ったような選手が主役の漫画。
175 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/15(金) 01:33:46.35 ID:0sJSFedV
「デロリンマン」「銭ゲバ」

176 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/15(金) 03:57:00.31 ID:6Ckw6dtm
ジョージ秋山は問題作連発してたよな
アシュラとかも
177 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/15(金) 07:18:38.80 ID:H7fs7Wr6
>>174
おはよう
残念ながらそれは貝塚ひろしだなw
178 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/15(金) 07:52:11.43 ID:zDsB2wGF
>>177
>残念ながらそれは貝塚ひろしだなw

嗚呼・・そうでした・・・orz
179 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/15(金) 20:40:19.52 ID:H7fs7Wr6
帰宅して晩酌中。では流れで今日のお題は貝塚ひろしだw

オイラ、貝塚ひろしは実はそんなに詳しくない。作品は大体読んだ記憶があるが
買い揃えなかった作家なのでよく覚えていないんだな。
そんな中でもやはり「ミラクルA(エース)」はよく覚えている。
当時流行の野球ものだけど魔球ではなく「快球」だったねw

そもそもこの「魔球」という単語を生み出したのは何の作品なのだろうか?
という疑問は、実は私の中にずっとくすぶり続けている。
「黒い秘密兵器」では秘球と言われていたし、やはり「ちかいの魔球」が初めて?
詳しい方がいたら是非ご教示頂きたいものである

続く



180 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/15(金) 20:46:54.23 ID:H7fs7Wr6
「ミラクルA」ではジェット快球とスモーク快球ってのがあったね
記憶なので間違っているかも知れないがジェット快球ってのは
ジャンプして投げる魔球だが確かファーストベースの方向から
急角度でキャッチャーミットに収まるというヤツだったと思う

当時としては珍しくないが巨人軍が主役で川上哲治が監督
ONが実名かつ似顔絵で登場するってヤツだった
181 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/15(金) 20:51:01.61 ID:H7fs7Wr6
貝塚ひろしは「ゼロ戦レッド」という戦記ものを描いていたと記憶するが
確かに読んでいるのだが記憶がない(汗)。替わりに覚えているのが
少年チャンピオンで比較的遅く発表された「烈風」という戦記ものだ
これは面白かった。ゼロ戦乗りが使ったという必殺技「木の葉落とし」を
具体的に解説しつつ登場させたのはこれくらいではないか?知らないが

余談だが「木の葉落とし」は「ファントム無頼/新谷かおる」にも出ていた
182 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/15(金) 20:59:23.86 ID:H7fs7Wr6
そんな貝塚ひろしの代表作はやはり二つ
「父の魂」と梶原一騎原作の「柔道讃歌」だろうか
「父の魂」は前半部は結構面白いしバット職人のオヤジが死ぬまでは
結構泣ける展開なんだけど、どうも後半が面白くなかった記憶だな

「柔道讃歌」は今思うと登場人物の設定が際どいよな
特に主人公の母親が「鬼利鎌」と結婚するってのはどうよ?と思ったw
柔道讃歌はさすが原作梶原一騎、面白いったら面白い
「巴二段投げ」「巴黒潮くずし」・・・どちらもかつての「柔道一直線」で出た
「二段投げ」と「地獄車」の焼き直しだったのは、まあご愛嬌だw
183 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/15(金) 22:47:31.78 ID:nQu0E6NX
当時の漫画家で今でも活躍している人は少ない。

楳図かずおのパワーはすごい。
「漂流教室」くらいまでしか読んでいなかった。
「神の左手」「わたしは真悟」「14歳」
最近読んだけど恐ろしい。
184 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/15(金) 23:19:22.90 ID:BdkZKhHY
>>176
ジョージ秋山といえば「灰になる少年」は泣けた ・゚・(つд`)・゚・。
誰も知らないかな?
185 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/16(土) 02:15:11.37 ID:MyZ//Wmg
火の鳥「鳳凰編」は名作だった。
186 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/16(土) 10:51:35.79 ID:dYMevw+a
社会派だった頃の山上たつひこ。小学生のおいらには「光る風」は重かったな~
187 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/20(水) 22:43:17.95 ID:yUYSnzcL

筋肉はゴリラ。牙は狼。2mを超す巨体。「バイオレンス・ジャック」
188 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/20(水) 23:00:54.67 ID:671hCLex
>187
永井豪はすごいね。
漫画のオチが、なんなんだよ!!だねw

「ハレンチ学園}のオチ
「デビルマン」のオチ
「バイオレンスジャック」のオチ

どのオチもいまだに納得できないなw
189 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/21(木) 01:14:08.08 ID:zNy0SVFm
そういえば昔のテレビは白黒だったのでアニメも全て白黒の絵だったんだな。
アニメの主題歌にはモロ、企業名が入ったのがいくつかあって子供ながらに企業名を
しっかりと覚えていた。
よく耳に残っているのが風のフジ丸
ラストに「フジ丸~ フジ丸~ 藤沢薬品」
今でも歌える.....しっかりと教育されていたのか。
190 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/21(木) 18:18:24.47 ID:gcqwsb/Q
>>189
>ラストに「フジ丸~ フジ丸~ 藤沢薬品」

元歌= ♪フジマル~ フジマル~ 少年ニンジャ~

CM= ♪フジサワ~ フジサワ~ 藤沢ヤクヒ~ン
191 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/21(木) 23:39:51.47 ID:zNy0SVFm
>>190
そうだったのか。
記憶が混じっていたのか。
192 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/22(金) 01:14:23.25 ID:eLjWw6HP

楳図かずお「アゲイン」
193 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/22(金) 01:34:10.81 ID:7UUGj0kw
>>190
エイトマンの主題歌の画面では最後のほうにスポンサーの丸美屋の「のりたま」が出てきてたよね。
194 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/22(金) 17:47:55.59 ID:dyriTusz
鉄人28号 グリコ 
ジャングル大帝レオ 三洋電機
主題歌に引き続いて スポンサー名をご唱和ください状態だった。

まあ「ナショナルキッド」とかあったからなあ
「ハリスの旋風」はどうだったんだろうね
ハリスの名前のついた柔道マンガもあったような気がする
195 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/22(金) 20:51:51.68 ID:MVFd17W3
>>194
>ハリスの名前のついた柔道マンガもあったような気がする

ああーあったよな。「ハリス無段」だっtかな。辻直樹だったけ
196 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/23(土) 00:16:26.00 ID:/sRf39kJ

永島慎二「四畳半の物語」
197 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/23(土) 22:20:13.06 ID:nr4WgVPv
矢吹は死んだのか?麗子とは結ばれたのか?
この疑問が今だに続いている!
198 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/23(土) 22:24:38.45 ID:XeDt4ucG
>197
漫画には描かれてないけど、
麗子邸で、ジョーは余生を送ってるらしいよw
199 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/24(日) 00:43:51.55 ID:FjCpLJ0g
>>197
>矢吹は死んだのか?麗子とは結ばれたのか?

麗子って誰? 白木葉子のことか?
200 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/24(日) 23:06:40.85 ID:UHGpe8Xx
白鳥麗子でございま~す。
201 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/24(日) 23:43:17.98 ID:POPfzPoZ

ガロ掲載の「ぱんこちゃん」
202 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/26(火) 05:34:31.42 ID:UQk9t8YQ
劇画ゴラクで連載してたバイオレンスジャック凄かったというか何というか・・
あばしり一家などこれまでのキャラ総登場って感じで・・

身堂竜馬と早乙女門土って学園退屈男が初出だよね
203 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/26(火) 21:02:21.91 ID:Iq7Fe4TB
貝塚といえばサイクル野郎だ
204 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/27(水) 12:26:28.46 ID:Wf5IL7iC
>>203
「サイクル野郎」は庄司としおで、貝塚ひろしのアシスタント出身だ
「夕焼け番長」で一世を風靡したなあ
205 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/27(水) 14:44:28.91 ID:NPN/oBYG
50なり立ての新米ですが、夕焼け番長や男一匹ガキ大将みたいな
ボロボロの学ラン、学帽の学生って当時はリアルに存在したのですか?
206 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/27(水) 15:00:33.45 ID:elwyzLu9
>>205
>ボロボロの学ラン、学帽の学生って当時はリアルに存在したのですか?

弊衣破帽は旧制高校のバンカラ精神の現れ。
いずれ東大に入ってエリートになる若者達の一種の
見せびらかし精神だったのです。
207 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/04/27(水) 16:16:56.43 ID:VNgZF0nH
平田弘史が好きだった。
「つんではくずし」なんて今描いたら発禁になるほどの衝撃だった。

もう50年ほど前の作品かなあ。
208 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/28(木) 00:17:04.82 ID:BoUfWwz2
あまり古くはないけれど、「あらいぐまラスカル」というアニメは色々と国内の
環境問題を引き起こした問題作だと思う。
物珍しさであらいぐまを飼い始めた人が、最後まで面倒を見ずに無責任に自然界に逃がしてしまい、
その後強い繁殖力によって爆発的に増殖を続け、今や日本国内の生態系を壊そうとしている。
作品では愛らしく描かれているが、実際のあらいぐまは獰猛な性格で人間に対しても攻撃を
しかけることがある。
人間をも恐れず平気で人家にも出没する。
作者もあまり美化せず、動物の実態を忠実に観察してから作品を描いてもらいたいものだ。
209 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/04/28(木) 08:36:52.53 ID:yJWXBRjC
>>208
>作者もあまり美化せず、動物の実態を忠実に観察してから作品を描いてもらいたいものだ。

問題を引き起こしたことは否定しないが、あれはほとんど実話だろ。
210 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/01(日) 04:05:55.00 ID:2mzIfwT8
>>204
画風が似てたんで勘違いしたorz
211 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/03(火) 12:59:44.53 ID:QQ0SWgSN
カムイ伝がすごすぎて今でも読み返している
212 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/05(木) 21:40:28.78 ID:ort38Goi
>>211
確かに強いメッセージ性があって、今の時代の幼稚でフザケが過ぎる漫画とは全く別の代物だろう。
ただ、初期の画風と晩年の同作者の絵のタッチが変わってきていて少し馴染めない。

213 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/05(木) 23:18:31.85 ID:PTQ4wN6E
>>212
>ただ、初期の画風と晩年の同作者の絵のタッチが変わってきていて少し馴染めない。

それは仕方がないね、すべての漫画の画風がそうだよ。
すべての漫画家はデビュー時よりも明らかにウマくなってくるからね。
例えていうなら少年がだんんだんと成長して立派な大人に変貌していく。
214 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/06(金) 02:31:43.73 ID:6eijeSI5
>>212
仰ることはよく分かるのですが、それにしても白土三平さんの画は別人のように変わりましたね。
215 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/06(金) 08:28:23.46 ID:Gf4fFn6W
白戸三平さんは初期から劇画とかに部類に入ると思っていたが
やはり見比べてみると見事な変貌を遂げている。
「サスケ」の頃の線はどこか漫画で「カムイ外伝」からはまさに劇画。
216 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/06(金) 11:42:05.31 ID:K1O69B9x
「サスケ」で出てきた、池の中からヒスイ?を取り出すのに
大きな壺を作って中で筏に浮かべた火を燃やし
壺を伏せるように水面につけると水を吸い込むって方法を
コップとろうそくで実験した人、いない?

 ノシ

217 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/06(金) 16:55:23.01 ID:GQj0T3Tl
>>216
やった、やったw
再現できたのに驚いて、一気に傾倒して行ったな
218 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/06(金) 23:46:41.28 ID:6eijeSI5
>>216
当時、『伊賀の影丸』など色々な忍者漫画が流行していたが、その中でも
『サスケ』『カムイ外伝』『ワタリ』など一連の白土作品にはよく忍術の解説が
作中に描かれていて、子供心に何だか自分にも忍術が出来そうな錯覚に陥った覚えがある。
しかし最もポピュラーな忍術である分身の術でさえ、どれだけ速く走ったところで
現実的には到底不可能であり、終いにはやっぱり漫画の世界の話なんだなと現実に戻ったものだ。

ところが数年前に偶然にテレビで分身の術を目撃することができた。
そのコメディアンは『タッチ』というコンビ名で二人重なったところから一人が
半身起こして分身する芸だった。
219 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/07(土) 17:31:24.84 ID:sTW2T7cI
伊賀の影丸やサスケでは忍術はテクニックとして捉えられていたんだが
仮面の忍者赤影あたりだと超能力とか特殊能力、奇人変人みたいな
感じになってきてしまって興醒めだったんだよね

あと「伊賀の影丸」での最大の仇役は不死身の邪鬼だったが
コイツは文字通り不死身で刺された傷程度は復活してしまうんだよな
あれは反則だろw
220 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/07(土) 18:22:40.41 ID:45SvjKfZ
忍者部隊月光なんていうのもあった。実写版もあった。
221 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/07(土) 19:46:07.23 ID:5GKBuPpu
白戸三平 忍者武芸帳「影丸伝」 
 絵は荒々しいが、ストーリーが素晴らしい
222 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/08(日) 16:15:40.71 ID:oMs/WTBK
>>216-217
さすがは50代スレ
こういうのはリアルタイムを経験した人間だけにしか判るまいw
223 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/08(日) 23:45:29.11 ID:B+vBttQh
>>219
伊賀の影丸ではあまの邪鬼は何作品にも登場するが、『由井 正雪の巻』を最後にその姿を消す。
そのコンセプトは後に同じ横山光輝作の不死身のバビル2世として受け継がれることになる。
224 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/09(月) 21:31:19.38 ID:sF8zy8HB
>>223
最後の登場は邪鬼秘帳では?
秋月藩のお家騒動の事件で影丸を助けたりもしてたよ
憎むべき敵から善きライバルへと変貌を遂げていたような気がする
225 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/09(月) 21:33:04.66 ID:sF8zy8HB
>>216
ノシ
226 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/10(火) 00:18:27.22 ID:qNO+hZyv
>>224
そうだったか?
もう一度読み返してみたいな。
それにしてもよくご記憶だ。
227 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/10(火) 00:45:02.12 ID:qNO+hZyv
ところで伊賀の影丸では、半蔵を含め他の登場人物と影丸との年齢差がかなりあるように感じた。
影丸は相当若く描かれていたが一体何歳の設定だったんだろう?
228 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/10(火) 10:49:53.23 ID:7VV/KHin
東映映画で主演=松方弘樹の「伊賀の影丸」を見た記憶がある。
229 : sage : 2011/05/10(火) 19:56:18.24 ID:h+xG32Kj
小さい頃観た白土三平のワタリ実写映画
一部にはトンデモ映画扱いされてるらしいが、子供心にはかっこいいと
思ったはずなんだがなあ

http://www.amazon.co.jp/dp/B0002VL6CI
230 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/10(火) 20:06:15.62 ID:q7Xd6nxI
「虹を呼ぶ拳」
おまいら、知ってるかい?
231 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/10(火) 21:27:56.42 ID:Exq7qm4Y
オイラ梶原一騎には本気でハマった
ほとんどの原作本を買っては読み一時期は尊敬すらしていたんだが
どうも実像を聞き及ぶに連れ想像していた人物像との乖離が・・・

でもってある日ほとんどの梶原作品を焼却処分してしまった20代後半
正直ちょっとだけ後悔している
「虹を呼ぶ拳」も持っていたと思う

232 : sage : 2011/05/10(火) 22:07:34.21 ID:h+xG32Kj
「虹を呼ぶ拳」

もやしっ子が修行で強くなるパターンのはしりだっけ?
233 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/11(水) 20:51:30.07 ID:2ZaItwG4
ワターリ~ ワターリ~  
http://www.youtube.com/watch?v=Yt-KIP_sCp0
YouTubeサムネイル[Yt-KIP_sCp0] - 1枚目YouTubeサムネイル[Yt-KIP_sCp0] - 2枚目YouTubeサムネイル[Yt-KIP_sCp0] - 3枚目


懐かしいな、トイレのにおいのするような場末の映画館で見た。
時代劇をほとんど見たことがなかったので、ちょっと恐かった。
お城の屋根から逆さ吊りとか。
234 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/12(木) 05:33:19.94 ID:j07pjBqS
梶原一騎は破天荒な人で自ら命を縮めたと言っても過言ではない。
梶原一騎とつのだじろうとの間には拉致事件もあり、今までもしこりが残っている。
その事件が原因で「空手バカ一代」は途中から影山譲也に代わっている。
このような背景があり「虹を呼ぶ拳」は梶原一騎亡き後、つのだじろうが了解を出さないからなのか、復刻版が全く出て来ない。
秀才のもやしっ子がある日タコ部屋に拉致され、それで密かに修行を積んで空手の有段者になっていく……というストーリーだった。
もう一度あの感動を味わいたいと思っているのだが……
235 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/12(木) 14:58:45.42 ID:0xmDJHW9
復刻版出てるよ。4分冊で。
236 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/12(木) 20:07:34.54 ID:j07pjBqS
>>235
サンクス!!
聞かない出版社で、かなり高価だけど買うわ、楽しみだ~♪
237 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/14(土) 20:59:48.90 ID:TrUkzb2Z
虹呼ぶの復刻版なんてもう何年も前から出てて、今じゃブックオフで結構売ってるんだがな 

梶原の漫画なら「男の条件」と晩年の作品で「英雄失格」「おかあさん」を持ってたらファンとしては合格
238 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/16(月) 12:56:25.93 ID:ZWp7oyEO
「虹を呼ぶ拳」は思い出がある作品なので新しいのを買うことに決めたんだ。
「男の条件」これまた懐かしい作品だな。
「いいや、坊っちゃんは感動しなすった」、やくざの倅に紙芝居を見せる場面は今でも覚えているよ。
「男の条件」は持ってないが、未完の「男の星座」は全巻持っていて何度読んでも面白い。最後まで読みたかった作品だ。
239 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/17(火) 20:51:08.24 ID:dT950+zM
先程「虹を呼ぶ拳」を手に入れた。
非常に懐かしく、これが冒険王に連載されていた頃は中坊で、その当時の友人を思い出した。
つのだの絵は上手い印象があったが、今こうしてみると満更そうでもない。
しかし、内容はすこぶる面白く、まさに梶原一騎の真骨頂を発揮した作品だ。
長年この作品が読みたかったので念願が今ようやく叶ったといえる。このスレに感謝。
240 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/17(火) 21:18:45.92 ID:bpBX/lzv
>>239
入手できて良かったね 自分も好きな作品だ 
梶作品では「男の星座」もだが「雨の日サブ」も未完で終わったのが悔しいな
「格闘王V」みたく復刻されて完全版になってれば嬉しいんだけどな
241 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/18(水) 19:04:45.45 ID:l0RFpayr
帰宅してそろそろ晩酌でも、と思ってこのスレ立ち上げたら
>>237 
「英雄失格」!懐かしい、あったなあ
作画のやまさき拓未って人が割と上手い人だったんだけど
どうにもながやす巧と混同してしまうんだよねw
カール・なんとかってナチスドイツに反抗したボクサーの話が良かった!
思い出したらまた読みたくなった


     
242 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/21(土) 20:12:18.85 ID:3nqcrgW3
「虹を呼ぶ拳」読了!読み始めた途端、物語にぐいぐい引き込まれてしまった。文句なく面白い。
随所に憶えている場面が出てきてその都度、懐かしさで胸が一杯になる。
この本で人差し指と親指による逆立ちや10円を曲げる、ビール瓶を手刀で切るなどのパフォーマンスを知った。
その後「空手バカ一代」が始まるが、そのために「虹を…」は無理矢理に中断となったという話を聞いたがそれは本当なのだろうか。
バカンボとの戦いの続きが読みたかったが、空手の最強の敵は本当にタイ式キックボクシングだったのだろうか?疑問が残った。
243 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/22(日) 01:08:20.36 ID:SUd3ltVY
確かに「虹を呼ぶ拳」は良い漫画だった 後の「空手バカ一代」よりも良いと思う
カギっ子だった牧彦が空手と出会い、騙されて送り込まれたタコ部屋で生き延びるために空手の腕を磨き野獣化して
元プロレスラーと対決し相手の心理を読みながら技を決め、倒していくところは
読んでて痛快でありこれほど人は変われるものなのかと読者に夢を与えるストーリーだな

試合ではかつての憧れであった赤垣をマットに眠らせて自分の実力を改めて確信し
さらに上を目指そうとタイ式ボクシングの世界に入り次々と難敵を倒し打倒バカンボを誓う

この当時はタイ式キック最強説が強かったんだな

「英雄失格」の壁キャッチャーの話や非情になれなかった柔道家の話も好きだな ドイツ人ボクサーは悲しい話だったな
「男の条件」の男と言う字は田の力は妙に来たな 長五郎への紙芝居 あ~風に向かって走れは良かった
 それと採用された「非情の街」の原稿破るシーンとか結構名場面多い作品だな
244 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/22(日) 11:55:31.89 ID:VzqSRUB8
マニアニックすぎてついていかれへん・・・
245 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/22(日) 15:26:55.33 ID:/X/WC/SP
わしも…
246 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [age] 2011/05/22(日) 17:27:20.66 ID:jnHkL4Pj
梶原一騎の作品には必ずやヤクザやチンピラが登場するが、彼はヤクザが好きなのか?
247 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/22(日) 17:33:22.92 ID:fBfqR2zf
>243
「男の条件」の上下巻は持っていたからヤクザの倅の末成瓢箪が密かに強くなりたいと思っている心境を紙芝居で明かされ怒る場面は覚えているよ。
「非情の街」の原稿をどうして破らなければならなかったのかは思い出せない。
「虹を…」ではタコ部屋で百合の根を食べたり魚を食べて野獣化していく場面が印象的だった。
しかし、冷静に考えてみれば僅か1年であんなに強くなるとはなかなか考えにくいのだが。
いずれにせよ、梶原一騎は素晴らしいストーリーを書いたという事がよく分かった。
手塚治虫が巨人の星について「一体この漫画のどこが面白いんだ」とスタッフに怒鳴ったというが、時代は梶原一騎の方に移っていたんだな。
248 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/22(日) 19:16:27.69 ID:SUd3ltVY
梶原は暴力団好きだな、自身も暴力好きだからどうしても原作に反映してしまうみたいだな
愛と誠、青春山脈らも前半は良いストーリーなのに途中からヤクザ中心になるし 
>>247
「男の条件」の原稿破る話は、
都会で敗れドヤ街に落ちてきたばっかの男が食い逃げがバレ殴られそうになった所を
隣で焼酎飲んでる日雇い労働者が、履いてる足袋を売って助ける所を、主人公が目の当たりにし
人の冷たさを書いた「非情の街」という作品が間違いだったと気づき
少年読者に読ませられないと編集社から取り返すという話だった

手塚治虫は作品の人気に嫉妬したのか梶原の才能に嫉妬したのかどっちだろうか
巨人の星は確かに最高の漫画だからな もう手塚漫画のでなくスポ根漫画の時代だった 





249 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/22(日) 20:33:56.11 ID:fBfqR2zf
>248
思い出した!最後に飲み屋で「愛の人、キリストも裸足であった」といって大笑いする場面があったっけ。

梶原一騎はかなりの猛者であったが赤塚不二夫に腕相撲で負けたという。
銀座で遭遇した二人は腕相撲をしようという事になり、はたして土方で鍛えた赤塚に負けたらしい。
負けた梶原が腹いせにテーブル下の赤塚の太ももを思い切り蹴飛ばした。そのため痣ができたと赤塚が述懐している。
さしもの極真空手も土方の力には敵わなかったんですな。でも、これでいいのだ。
250 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/22(日) 21:17:27.85 ID:SUd3ltVY
つのだじろうは可哀想だったな それまで良い仕事仲間だったのに 
売れっ子作家になりすっかり調子乗ってる梶原真樹兄弟に
監禁されて脅かされ作品をストップされて…
その怨念が恐怖新聞とか百太郎の作品の恐怖幅を増幅させたのかな

つのだの作品ではブラック団が好きだったな~
その他くんも持ってたな
251 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/22(日) 22:25:48.76 ID:fBfqR2zf
「空手バカ一代」もつのだじろうだったからこそ面白かった。影丸譲也になってから途端に面白くなくなり読まなくなった。
つのだが「ゴッドハンド」の連載を開始するや「あれは俺が作った造語だ。向こうでは神という言葉は絶対的なものだから使わない。強いて言うならミラクルハンドというんだ」と言って梶原は連載を中断させた。
ま、弟なんてやぐざそのものに見えるのだが。
252 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/23(月) 18:12:31.80 ID:GsckU2F2
なんで、こまわり君が出てこないんだ?
253 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/23(月) 19:25:13.72 ID:CQk7V5uw
梶原は川崎のぼるとは旨くいってたみたいだな 
「巨人の星」などは川崎のぼる画あってのものだと思う

梶原作品も大好きだがジョージ秋山の作品も好きだ
「ほらふきドンドン」は面白かった
最近「ばらの坂道」の復刻版出てるんだな 買おう
254 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/23(月) 20:11:38.14 ID:D/+xGdy/
ホラ吹きドンドン、懐かしいな~
でも、ジョージ秋山で思い出すのは「銭ゲバ」と「デロリンマン」になるかな。
作風がガラッと変わる、よく分からない漫画家だ。
どれかに「しかし」って言う小僧が出てこなかったっけ。
255 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/23(月) 20:16:37.20 ID:txTJD1iZ
自分はジョージ秋山で思い出すのは「パットマンX」だな。
ギャグ漫画なのにどことなく哀愁が漂うんだよ。
256 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/23(月) 20:29:14.60 ID:jVQFKekc
「銭ゲバ」「アシュラ」から作風が180度変わった。あれだけ長い間一線級で
今に至っているのに絵が下手クソ(ゴメン)のまま、という希有な作家ですね。
浮浪雲はまったく好きになれない。でもパットマンXのままなら今頃消えていたでしょう。
257 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/23(月) 20:37:39.14 ID:Hyc87wHF
>>252
>>186の人も書いてるが、こまわり君の作者山上たつひこは、「がきデカ」を世に出す前に
「光る風」って作品を少年マガジンに描いてたな。
当時は荒唐無稽にしか思えなかったが、今無性に読み返してみたいと思ってる。
258 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/23(月) 21:18:56.85 ID:CQk7V5uw
「光る風」も読んだな~近未来の恐怖物語だったな 
最初は何だコレと思ったが読んでいくと恐怖感がズンズン襲ってくる漫画だった
確か出兵してた兄が手足無くなって帰ってきたシーンは当時子供だった自分には来たわ

ジョージ秋山の「灰になる少年」も子供の頃の自分にはトラウマになりそうな漫画だった

259 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/23(月) 21:25:21.86 ID:jVQFKekc
光る風。便所から潜って脱出するシーンがトラウマに。
260 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/24(火) 08:13:21.90 ID:ew6+c/YC
「光る風」…………自分にとっては新作だわ。ググったら、ちくま文庫から出ているみたいだから早速読んでみよっと。
261 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/24(火) 09:31:00.97 ID:VQeXUxuA
ジョージ秋山は「丸出だめ夫」の作者の森田拳次の弟子なんだよな。
秋山は、弟子の頃に免許の更新が迫っていたが森田の仕事を優先して
免許を失効してしまったが森田はそのことで秋山を信頼たる人物と
してまた将来、ひとかどの漫画家になる男だと痛感したという。
262 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/24(火) 20:01:08.27 ID:WekljqAJ
>>258
「灰になる少年」・・・あれは泣けた ・゚・(ノД`)・゚・。

でも俺的にはジョージ秋山といえばやっぱり「アシュラ」。
263 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/24(火) 20:03:22.64 ID:q5GrkxBF
>>261
良い話だね ジョージ秋山は森田氏の弟子だったのか そういえばパットマンXなど画風が似てるもんな

現在の漫画は「カイジ」みたいなギャンブル漫画が多いみたいだけど
自分の頃は北野英明の「麻雀放浪記」とか「ギャンブラーの詩」「牌の魔術師」とか読んだな
ちょうど麻雀覚えたてで楽しく読んでたわ


264 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/25(水) 01:35:50.92 ID:FZWek/IS
>>246
自身がヤクザだろ
265 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/25(水) 01:43:05.23 ID:Al6KqahE
梶原一騎の娘 白暁燕誘拐強姦殺人事件

1997年4月14日、暁燕は私立醒吾高級中学 2年在学中に誘拐された直後、
犯人グループから輪姦・暴行され、左手小指を切断された。
母冰冰の元に輪姦された後の暁燕の半裸の写真と彼女の切断された小指が送りつけられ、
500万アメリカ合衆国ドルの身代金が要求された。
冰冰はなんとか身代金全額は揃えたが、現金の受け渡しに失敗。
マスコミに情報が漏れ、中華日報と大成報が報道したため、引き渡し現場にマスコミが
殺到する事態となり、
暁燕は犯人グループのメンバーによって再度凄惨な輪姦・集団暴行を受け続けた果てに惨殺され、
遺体は台北近郊の河に遺棄された。
4月28日、暁燕の原形を止めぬほどにボロボロになった無残な遺体が発見された後、マスコミへの
批判が高まり白母娘の住んでいた家の付近に周辺の住民が「記者有罪」と書いた抗議の垂れ幕を下げた。
266 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/25(水) 02:01:36.33 ID:GxwlF3G8
70年代劇画が好きなら「抱かれたい道場」がオススメ
267 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/25(水) 18:13:52.94 ID:FoKztHfp
梶原だと「人間凶器」「カラテ地獄編」はダークな作品だったな
辰巳ヨシヒロの漫画も読んだな「群集のブルース」とか

正統派の劇画だとながやす巧の「潮騒伝説」[Drクマヒゲ」は好きだった
268 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/25(水) 19:07:00.59 ID:8CCU8zBg
「人間凶器」「カラテ地獄変」の連載時はちょうど多感な10代~20代の俺
そりゃもうオカズに散々利用させていただきましたw
でも梶原一騎は多分にサドっ気がある気配だよね

>>267
「潮騒伝説」とはまた何ともマニアックなw
コミックトム連載だったんだけど作品冒頭に三陸大津波がモチーフで
今回の震災で真っ先に思い出したよ、俺
269 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/25(水) 20:14:01.36 ID:FoKztHfp
>>268
潮騒伝説」を読んでた人が居たなんて、いや~嬉しいですわ
ホント今回の大津波は漫画と激似だった (コンが暴れたのかも・・・)と

自分、「愛と誠」からながやす巧画の大ファンになって(愛と誠はそんなに好きでないけど)
「潮騒伝説」「Drクマヒゲ」とかは今読んでも感動する
特に「潮騒伝説」はリツという女の子が一郎という男と出会い知性と教養を身に付ける過程のところは
無知だった自分には読んでて勉強になったね とにかく良い劇画だと思う 原作は松山善三という人で
「その人は昔」と「ぶらりぶらぶら物語」もこの二人のコンビだった

自分の中では「男の条件」「虹を呼ぶ拳」「英雄失格」「プロレス悪役物語」とこの「潮騒伝説」は
最も好きな漫画である
270 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/26(木) 01:26:30.53 ID:ZaVH5+7C
やっぱりサブマリン707
271 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/26(木) 02:19:27.49 ID:iCzx6meW
男組よかったねえ
272 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/26(木) 08:27:16.87 ID:hxIY2no5
梶原原作「愛と誠」の漫画の連載当初に彼女の名は「天地真理」って
いう台詞があった。
へぇー ”てんちしんり”という意味を名前に置き換えちゃったのかって
軽い衝撃を受けた・・・
するとその後、本当に「天地真理」が登場して驚いた記憶がある。
273 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/26(木) 08:32:11.61 ID:GBJe1bbR
>>272 それは「朝日の恋人」って別の作品と混同しているなw
    「愛と誠」では早乙女愛って人が後にデビューした
274 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/26(木) 18:31:01.96 ID:hxIY2no5
>>273
>それは「朝日の恋人」って別の作品と混同しているなw
ああ・・そうでしたか。ありがとうです。うっすら思い出しました。

ところで今日の朝日夕刊の「みんなのマンガ学」というコラムに
梶原一騎原作・荘司としお作画「夕やけ番長」が紹介されてます。
暴れん坊だがどこか憎めない主人公はどこか「ハリスの旋風」
に似ているなと当時も思ってましたし、キャラ設定の画風もちばの
影響がありありでしたね。でもかの侠客「国定忠次」を念頭に置いた
男気あふれる赤城忠治は明るい石田国松とは違いどこか情緒的でした。
275 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/26(木) 18:39:45.11 ID:XvJqYp0/
こないだ書店に行ったら小沢さとるの「エムエム三太」の復刻本を見かけた
彼の作品ではベストワンだと思っているが、高いから買わなかった(笑)。
小沢さとると言うと真っ先に「サブマリン707」が挙げられるのは当然として
しかしこの作品、正直言って第一章が全てだったよね。
276 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/26(木) 18:58:39.16 ID:SMPb1FPz
「朝日の恋人」って「愛と誠」の元ネタだね 
梶原の大ヒットした原作って必ずその前に似たような元ネタ漫画がある
「巨人の星」は「甲子園の土」
「「タイガーマスク」は「チャンピオン太」
「空手バカ一代」は「虹を呼ぶ拳」
「紅の挑戦者」は「キックの鬼」「格闘王V」
あしたのジョー」の場合は梶原原作の「0戦チャンピオン」と
ちばてつやの「餓鬼」と「魚屋チャンンピオン」がミックスしてる感じがする


277 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/27(金) 00:41:44.74 ID:wgfgyJCT
う~む。
造詣が深いな。
278 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/27(金) 10:32:20.60 ID:RHCaS7W+
格闘技のなかでこと持久力においては相撲取りが最強という梶原一騎の言う事
を長い間信じていた。アケボノを観るまでは。
279 : sage : 2011/05/27(金) 16:36:06.84 ID:5ndElbhV
>>262

インパクトの強さでは、ザ・ムーンのラストもなかなかっていうか、凄い
280 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/27(金) 19:18:48.33 ID:NCQ7nubP
「日本列島蝦蟇蛙」は銭ゲバをHにした漫画だった
「ピンクのカーテン」とかエロ路線でも成功しているジョージ秋山
281 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/27(金) 22:48:30.33 ID:NCQ7nubP
漫画「カラテ大戦争」ではテコンドーやカポエラを最強と言ってた梶原
282 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/28(土) 00:10:49.66 ID:6bZj7xtj
好きだった漫画
・サブマリン707
これは何度か登場していますね。 ジュニアのプラモをお風呂で走らせたのをおぼえています。アニメ化されるとのことで楽しみにしていましたが、主題歌までできていたのに立ち消えしてしまいがっかりしたのを覚えています。
その後、潜水艦には興味があり、レッドオクトーバーを追え、沈黙の艦隊、などの映画、アニメを見たりアメリカのノーチラス号や呉のあきしおを見学したりしました。
・伊賀の影丸
今だに甲賀は悪者と言う概念がきえません。(^^)
・ 大空のちかい
加藤隼戦闘隊が南方で活躍する物語 あまり話題なりませんね。隼のプラモをつくりました。
283 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/28(土) 01:13:11.65 ID:b9wmBVn0
小沢さとる氏の『青の6号』も当時期待して読んでいた。
二代目となる青の6号の新造艦が原子力潜水艦になって、艦長が船体に頬擦りして張り切って
いたと思ったら直ぐに突然のあっけない幕切れで驚いたものだ。
なぜそんなに急いで連載を終了したのだろう?

しかし今思えば漫画では原子力潜水艦を撃沈していたが、放射能汚染の心配が残っていたのだなぁ...
284 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/28(土) 07:14:21.93 ID:SooA48BY
記憶にある一番古いのはロボット3等兵かな
佐藤まさあきの漫画がエロくてチンチン硬くなったっけ
いまはEDだけどw
285 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/28(土) 09:01:31.57 ID:NRjxy6wL
ちんちん硬くなるといえばハレンチ学園とかあばしり一家とか思い出すなぁ。
その後の永井豪はマジンガーZやデビルマンなど新境地の作品を次々に生み出してったね。
286 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/28(土) 12:18:28.82 ID:wg5WdxSm
永井の学園退屈男
ビキニ姿の錦織つばさが縛り上げられてムチで打たれてるのに
ゾクゾクした・・
287 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/28(土) 13:40:57.01 ID:NRjxy6wL
永井豪の作品で神と悪魔の立場が逆転する「ダンテ神曲」はその発想が斬新で面白かったなぁ。
それから、短編で一人の男を「おまえは異星人だ」といってみんなで着ぐるみとか着て手の込んだドッキリをするんだけど、
最後に種明かしをするも騙された男が「俺は人間だー」と言った途端に顔が崩れ落ちてその異星人になっていくというラストシーン、これ読んだ覚えのある人いる?
288 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/28(土) 14:00:31.52 ID:NRjxy6wL
「ダンテ神曲」ではなく、「魔王ダンテ」だった。アニメ化もされた。
289 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/05/28(土) 14:17:01.93 ID:mkeL3W8D
永井豪作品で好きだったのは「キッカイくん」と「おいら女蛮」
しかしこの人の作品はやたら裸とかレイプシーンとか出ていやらしかったなぁ ホント刺激的だったわ

>>287
それはSF短篇集の中にある「くずれる」って作品だわ
このSF集には「ススムちゃん大ショック」とか
雪山で遭難した自分を助けに来たのはお迎えに来た幽霊になった自分だったという「霧の扉」とか
秋田のナマハゲをネタにした「白い世界の怪物」とかSF恐怖集は結構怖かったよ
290 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/28(土) 14:47:15.16 ID:7bKwvobd
昭和36年位の漫画
少年画報のロボット皇帝となんか忘れたけど同じく画報で
海底人がうようよ出てくる漫画(8823ではない)の結論がしりたい
291 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/05/28(土) 15:24:47.99 ID:NRjxy6wL
>>289
サンクス、くずれるか。
他にも桃太郎に殺された鬼の子孫が復讐に来る話とか、永井豪って結構短編でも優れた作品を書いているんだね。
292 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/06/05(日) 00:39:02.76 ID:tCmvmA2T
仮面の忍者赤影 横山光輝だったかな?
293 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/06/05(日) 01:44:27.26 ID:/b0V8XG+
赤影も伊賀の影丸も横山先生の作品だよ
294 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/05(日) 13:04:36.69 ID:R/yzppqG
赤影の漫画ではニセ青影との戦いが面白かった
295 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/06/05(日) 17:41:32.90 ID:/b0V8XG+
赤影ってテレビ実写版と原作とだいぶ違うな。
296 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/06/05(日) 17:47:35.61 ID:MacI2cJl
実写版の影響が強いもんなw 特に脇役の牧冬吉さんは
隠密剣士からずーっとシリーズ皆勤賞w
297 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/05(日) 18:48:57.73 ID:R/yzppqG
牧冬吉さんが出る番組は当たるという
隠密剣士、赤影、河童の三平、柔道一直線 変身忍者嵐
でも牧さんといったら白影だな
298 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/06/05(日) 20:48:49.27 ID:MacI2cJl
オレは「霧のとん兵衛」が印象に残ってる
299 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/06/06(月) 01:06:58.38 ID:yTpZ/Unr
忍者といえば、伊賀とか甲賀と思ってたが
なぜか飛騨の国
300 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/06(月) 12:49:25.41 ID:R5+0dMUr
影丸&真樹の「ワル」、結構好きだったけどなぁ
301 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/06(月) 22:06:13.03 ID:ur9GR+jN
エロい所しか印象に残っていない
302 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/06/07(火) 00:17:50.84 ID:noHpgA58
グロなら日野日出志
303 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/07(火) 01:57:52.64 ID:AyIBF5wv
これまでに0戦はやとのことが触れられていないのが不思議。
俺は好きで毎回見ていた記憶がある。敵グラマンの国籍マークが少し変かな~と当時思ったもんだが、米国に配慮?したためかな?
304 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/07(火) 02:48:01.05 ID:7dqGohVP
白土三平もけっこうエロかった。
「真田剣流」の美少女剣士桔梗ちゃんのツツガムシほりのシーンとか
SEXことなどなにも分からんガキの頃だったが読んでコーフンしたものだったなあ。
305 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/06/10(金) 20:51:29.48 ID:qDVpN/kV
「高校生無頼控」、エロかったよな。
306 : sage : 2011/06/10(金) 23:00:04.99 ID:pj7k9LiX
やはりここは、ウランちゃんのブルマで
アトムはお尻から燃料補給するシーンがなんともかんとも
307 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/06/11(土) 03:04:57.56 ID:ozRbF8dY
AAB深夜枠の「ユキチカ!」で特集やるでしょ
308 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/06/18(土) 18:38:48.37 ID:oiIs8H1l
ワイルドセブンの1シーン。
クレー射撃場で拳銃やらサブマシンガンで皿を撃ってたなぁ。
社会ことなど判らぬ頃だったので、「ふ~ん」と読んでいたが、
あれ、銃刀法違反だわな。
ま、あの存在自体が違法じゃが。
309 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/18(土) 19:21:28.61 ID:3aIcXTSI
>>308
ワイルドは全巻読んでいるが、そのエピソードの覚えは無い。
「コンクリートゲリラ」「黄金の新幹線」「谷間のユリは鐘に散る」「緑の墓」「地獄の神話」全て面白いね。
310 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/18(土) 19:22:03.88 ID:3aIcXTSI
ところで、Yahoo!のGyao!でモンスターが7話までタダで見られる。
面白いよ。是非、皆さん見てみて。
311 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/18(土) 20:28:28.14 ID:3qBdxAwZ
>>310

『MONSTER』、『20世紀少年』、『PLUTO』と全巻読んだ。
浦沢直樹は序盤、中盤はおもしろいが、
終盤に近づくにつれてつまんなくなる。
そして何が言いたいのか、よくわからんがっかりなラスト。
最近の海外ドラマと同じで、だらだら話を伸ばしすぎなんだよ。
312 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/18(土) 20:39:03.70 ID:3aIcXTSI
>>311
PLUTOは最後まで面白かったと思うけど。
313 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/19(日) 09:01:20.99 ID:dbM78y0i
浦沢 直樹のこう、その、「不良債権いっぱい抱えて大八車でスタコラサ」みたいなあれに関しては、なんでこんなに許せねえんだろうか。
「21 世紀少年」になったんだよね?
「21 世紀少年」でいいんだよね、「21 世紀少年」の最終回、見た?
なんか、まあ、まあね、そのね、今までも実は俺の中で「浦沢 直樹ってそういうとこあるよな」みたいな。
「『MONSTER』って何だった?」って言われたら、「最後お前、大八車に乗って逃げやがったな」っていう感じがすごいする訳。
色んなその、あの、謎の不良債権みたいのを、ね、こう、あの、いっぱい載っけたまま、ね、載っけたまま返済せずにさ、なんか行った感じがすごいあって。
で、「PLUTO」もなんかこう、そういう意味じゃ、どうもその、あの、「あいつん家から目を放すんじゃねえぞ」っていう、ね、感じがちょっと俺の中でしてんだけど。
何だろう、あの「21 世紀少年」の最後は、「うわあ、また、もぬけの殻だ」と。
おかしいと思ったんだ、「浦沢さん家はあんなにいっぱい借りて大丈夫なの?載っけて大丈夫なの?」と思ったら、なんていうさ。
で、最後のときはなんか、最後の、その「21 世紀少年」になってからはさ、ストーリー・アシスタントが付いてたろ、なんか。
あの、連帯保証人。
連帯保証人付けてたんだけどさ、もう一緒に逃げちゃったよ、「一緒に逃げられた」っていう感じ。(伊集院光「深夜の馬鹿力」)
314 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/06/19(日) 10:19:21.38 ID:z2moO9rp
浦沢直樹を過大評価しないで「そういうものだ」と思って読めば
あのたたみきれない大風呂敷を逆に楽しめるようになるw
そもそも名作を生み出す作家ではなく連載を楽しませる職人なんだな
315 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/20(月) 23:57:53.24 ID:Cwm+KLms
本当に話が収まらなくなってしまって途中で連載をやめてしまう事が多かった永井豪や松本零士よりは余程マシでは?
316 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/21(火) 09:44:28.60 ID:7mHEB3vh
永井豪や松本零士は連載中から「ノリで描いていてあまり先のこと考えてないんだろうな」という感じが
するから「ああまたか」という感じでたいして腹も立たない。
浦沢直樹は連載中にあれだけ期待値をあげまくっておいて更に伏線を張りまくっておいて
最期に出てきたトモダチの正体が「カツマタくん?誰それ?」という感じだからなあ。
なんだかんだいっても浦沢直樹の描く漫画が面白すぎるからついついこっちも完成度を期待してしまうわけなんだが。
317 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/21(火) 22:25:07.89 ID:Wsr65Dbh
永井豪は10万メートルの山とか、松本零士は5万メートルの海溝とか、先の事を考えていないよな(笑
318 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/21(火) 23:41:37.17 ID:bGVbsWHC
永井豪は、「まろ」が好きだった。
テキトーに描いている感じ。
319 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/22(水) 00:00:12.87 ID:gf3zszh+
Gyao!でタダであしたのジョーを見ている。
面白いね。
320 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/06/22(水) 16:18:57.59 ID:5dvV0vDI
最近の漫画は、面白くないので全く読む気がしない。
ただ、少年マガジン連載の「はじめの一歩」だけは、連載開始以来22年、ずっと続んでいる。
何年か前から、作者の森川ジョージが話を引き延ばして、テンポが非常に悪くなってしまい、
読者から批判が相次いでいるが、それでも期待して読み続けている。
321 : 名無しさん@お腹いっぱい [sage] 2011/06/22(水) 16:27:19.58 ID:G4oB+vjD
最近では「バガボンド」かな、34巻がなかなか出ないのが気になるね

そしてある意味人生のバイブルにしているのが「ボーダー」
20代に読んだ漫画だがいつしか主人公の蜂須賀を大きく上回る年齢になっちまった・・・

最近アクションで「ネオ・ボーダー」の連載が始まったらしいが読んでみたいね。
322 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/06/22(水) 18:55:53.78 ID:mgYtd18G
「ボーダー」ってかわぐちかいじの?
あれは良いよね
323 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/22(水) 20:51:32.78 ID:LHHG5iJf
「迷走王ボーダー」は狩撫麻礼とたなか亜希夫だったよ。かわぐちかいじと絵が似てるけけど。
絶版状態が長かったけど最近文庫で出てるな
324 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/06/22(水) 21:01:31.87 ID:mgYtd18G
>>323
ああ、勘違いした
とっさに頭に浮かんだあれは「ハード&ルーズ」だったよ
狩撫麻礼とかわぐちかいじ
    
    
325 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/22(水) 22:46:34.05 ID:gf3zszh+
結構、楽しみにしている漫画はあるけどね。
かわぐちかいじの「僕はビートルズ」や渡辺多恵子の「風光る」など。

あと、ラズウェル細木の「酒のほそ道」は良いね。
酒飲みなので、あの気持が良く分かる。
326 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/23(木) 02:04:43.79 ID:6dgUQf6Y
>>325
それって割と最近の漫画ですね。
327 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/23(木) 07:28:22.38 ID:RBfW6X/A
>>326
今の漫画の話をしたら駄目?
328 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/23(木) 13:24:39.29 ID:11MDwENj
ここ10数年くらいコミック誌を購読したことがない。読むこともなくなっている。
ドラマ化をテレビで観る程度。今の漫画事情はさっぱりわからないねえ。
329 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/23(木) 18:18:51.22 ID:rBffeVqB
>>322
>>323
そうそう狩撫麻礼の「迷走王ボーダー」のことだよ「迷走王」を忘れちゃいけないね。
「ボーダー」だけじゃ色々ヒットしちゃうね、失礼。

>>326
>>327
最近の漫画でも50代がはまってりゃいいでしょ、最近の漫画も大好物だよ
個人的には「モテキ」なんか最高に面白いしね。
330 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/06/23(木) 18:48:34.39 ID:qqxBmIxg
オイラは漫画の話なら昔のでも最近のでもどんと来いだぜw
331 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/23(木) 18:54:28.79 ID:A1m5TdHn
がきデカとか空手バカ一代とかが好きなら「抱かれたい道場」は
読んでほしいですね あのころのテイストがプンプンするから。。。
332 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/06/23(木) 23:16:53.99 ID:qtvQVtmz
思春期のわしは手塚治虫の「火の鳥・黎明編」に感動したのであった。
同じ「火の鳥」でも、他のシリーズはそうでもなかった。
333 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/23(木) 23:21:28.75 ID:RBfW6X/A
>>332
黎明編も良いけど、「火の鳥」は復活篇が好きだったな。
人工生命と生命は何処が違うのか、今でも十分に通用するネタだ。

実際、今、最も人気のあるSF作家であるグレッグ・イーガンにはそのネタが多い。
334 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/23(木) 23:23:44.23 ID:RBfW6X/A
考えて見れば、本気でSFしている漫画は手塚治虫以外は数少ないんだよね。
あとは、萩尾望都くらいかな。
プラネテスは考証が素晴らしかったが、SFマインドは少なめ。漫画としては面白いけどね。
335 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/24(金) 01:16:57.92 ID:Qg11wFFe
藤子・F・不二雄も「異色短編集」とか読むと本気でSFしていた。
あとSFにこだわっている漫画家といえば「アフター0」の岡崎二郎。
絵は手塚タッチだし短編オムニバスが多いのでこじんまりした印象なのが残念。
336 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/24(金) 07:25:35.50 ID:qF5KeWNJ
>>335
藤子不二雄の異色短編集は全く忘れていた。
あの短編集はSFマインドたっぷりですね!
337 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/06/24(金) 08:46:55.48 ID:PWON3ZeL
今活躍している現役の漫画家(or劇画家)の作画レベルって、
昔のそれと比べると高いと思いませんか?ま、例外はあるとして。
私が子どもの頃のものは下手くそなのが多かった。
338 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/06/24(金) 18:43:44.98 ID:gN0KIMZ0
わしゃ、村上もとかの絵が一番好きじゃな。「赤いペガサス」以来のファンじゃ。
339 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/24(金) 20:16:29.75 ID:T/wwNKV4
>>334
70~80年代のSF黄金時代にはSFしている人は多かったよね。
手塚・藤子・萩尾以外にも
坂口尚「魚の少年」:ポエムだね。
大友克洋「fire ball」:ラーメン屋の漫画アクションで初見。本気でパクろうかと思った。「彼女の思いで」が出版されるまで何度も夢に見た。
ほかにも星野之宣・士郎正宗・竹宮恵子等々多士済々。
漫画奇想天外SF漫画大全集なんてのもあったね。
340 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/24(金) 21:28:43.75 ID:Qg11wFFe
大友の「fire ball」は確かに最初読んだ時はサブイボが出るくらい興奮したな。
同じような体験は諸星大二郎の「オンゴロの仮面」を初めて読んだときくらい。
341 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/06/24(金) 22:04:31.22 ID:lSJ1Ygs7
坂口尚は良いな、短編の名手だった
SFっぽいヤツだと「流れ星」って珠玉の一編がある

宇宙船のテストパイロットとして飛び立った夫が事故で帰らぬ人となる
35年が過ぎ息子も立派に成長、悠々自適の生活を過ごす老妻の元に
ある夜、光速を超えて時空の旅人となった夫が帰還するという報せが飛び込む

若いままの夫と年老いた妻・・・帰還した夫が選んだ行動は・・・・
342 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/24(金) 23:58:01.15 ID:qF5KeWNJ
坂口尚は晩年は長編も名手だったぞ。
「石の花」「あかんべえ一休」は日本漫画の中でも最高作に入る。
343 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/25(土) 00:45:29.54 ID:hf1RSF0y
>>341

光速を超えたら、若返って子供にならないのかい?
結局、流れ星になっちゃったのかな?
344 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/25(土) 00:53:38.21 ID:+mqfSXOZ
>>343
光速を越えようが、時間は流れるよ。
光で100年掛かるところが例えば1年で行けるだけだ。
345 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/06/25(土) 07:39:25.10 ID:52bQvFAc
西岸良平のSFファンです
346 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/25(土) 10:31:34.78 ID:hf1RSF0y
>>344
>光速を越えようが、時間は流れるよ。
>光で100年掛かるところが例えば1年で行けるだけだ。

それは地球から見た場合の話で、
相対性理論では、光速=時間の流れる速さなので、
地球から100光年彼方へ向かって飛んでいるにもかかわらず、
宇宙船の中では100光年彼方から地球へ向かって飛んでいるように感じるはず。
347 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/06/25(土) 11:49:41.49 ID:+37Tztnu
小学生のときハマっていたのが、赤塚不二夫。
他の漫画家には目もくれなかったナ。
348 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/06/25(土) 12:55:08.18 ID:z0dA7CN+
女のヌードだと思ったらマヌケそうな犬の顔だったのには吹いたわ
349 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/25(土) 20:03:52.00 ID:lSfx/6f5
萩尾望都作品集 1期 全17巻が欲しい。
でも並べておくスペースが、どこにもない。
正直、金もない。
残念至極。
350 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/25(土) 20:55:38.32 ID:bfZaU1vi
>>338
「赤いペガサス」は格好良かったよね
ニキ・ラウダとかマリオ・アンドレッティとか懐かしい
セナさえ出てこない時代なんだな
351 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/06/26(日) 18:55:00.85 ID:wiB66We4
>>350
実はの、わしゃあ「六三四の剣」の方が、好きなんじゃな。
公道をF1マシンが走るなんて、例え血液輸送のためとはいえ、奇想天外じゃった。
ただ、当時はF1は未だ早すぎたようで、次の剣道をテーマにした「六三四の剣」は
本当に面白かったのう。
それにしても、ホンに村上もとかの絵は昔からきれいじゃった。
352 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/06/26(日) 20:53:57.02 ID:YSxqoNlI
オイラも村上もとかが好きで作品は全て持っていたけど
「龍(RON)」で挫折した・・・あれはとうとう途中で買うのを止めた

「岳人列伝」とか興奮しながら読んだなあ・・・あれは良かった
353 : 忍法帖【Lv=22,xxxPT】 【東電 74.6 %】 [sage] 2011/06/26(日) 21:19:39.70 ID:TiuUNc1l
「ギャンブルレーサー」田中誠
競輪レーサー関優勝の物語!この本は競輪入門書としても
良く出来た作品だった、シミジミ
だって実在する現役競輪選手がマンガに出て来るんだもん
354 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/26(日) 22:04:30.85 ID:nGlQLtr4
>>352
岳人列伝は良かったよね。
しかし、余りに登山をハードルの高いものと描きすぎている感じもする。
355 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/27(月) 21:20:20.43 ID:PMTTVqQ7
>>337
技法が変わったせいかも。
大友克洋が劇画の息の根を止め、青年漫画に君臨し。
鳥山明が手塚風漫画の息の根を止め、少年漫画に君臨し。
アニメ絵がすべてを塗りつぶした。
356 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/27(月) 22:47:46.26 ID:cDMd89mt
>>355
アニメ絵が駄目なんで、週刊少年漫画誌は全く読まなくなった。
357 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/28(火) 07:01:53.99 ID:r6W5682c
誰とは言わないが、ギャグ漫画でとんでもなく絵がヘタできたない漫画が掲載されるようになって
驚いた記憶がある。
唯勢いだけで若者の心を掴んだような漫画に思えた。
あれ以降、並以下の画力の作家でも平然としてデビューする風潮ができた。
358 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/28(火) 07:23:20.27 ID:+YDT4TzY
>>357
マキバオーとかか。
あの絵は本当に酷かったよな。
かと言って少女漫画の方に逃げてもアニメ絵ばっかりだし。

ONE PIEACEはオーソドックスな少年漫画の絵なのだが、読んでいないし。
359 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/28(火) 11:40:02.93 ID:er/IofuM
まあ昔でもどおくまんみたいに絵が下手だけど売れてる漫画家はいたわけだが・・・
>>358
こことか読むと「マキバオー」はジャンプ連載漫画でもかなりマシなレベルらしいということがわかる
(つの丸とか漫☆画太郎は意図的に汚く描いてる)

http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/blog-entry-1046.html
http://mukankei961.blog105.fc2.com/blog-entry-3510.html#more






360 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/06/28(火) 14:58:18.53 ID:VRfJPzxx
青木雄二の絵を見た時は、驚いたけどもストーリとマッチしてた。
361 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/28(火) 15:36:39.75 ID:dH0k05LH
>>357
ジャンプ系の新人の頃はまあ酷いけどね。
覚えがあるのは「東大一直線」小林よしのり。
しばらく我慢してたら、最後の方は異様な迫力が出て来たけどね。
362 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/28(火) 19:48:42.07 ID:er/IofuM
あの頃チャンピオンの「がきデカ」がブームになって各誌も対抗上から今でいう「キモい」絵柄のギャグ漫画の連載がそれぞれ
始まったように記憶している。
サンデーが田村信の「できんボーイ」。
マガジンが新田たつおの「台所の鬼」と名前忘れたけど教師もののギャグマンガ連載。
でジャンプが「東大一直線」
新田は結局少年誌じゃぱっとせず青年誌にうつってから「ビグマグナム黒岩先生」や「静かなるドン」で当てたな。
363 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/28(火) 21:01:11.22 ID:WJPwR4fy
おまいら、だれか>353さんのカキコにレスせんか~~~!
364 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/28(火) 21:46:20.47 ID:+YDT4TzY
>>360
青木雄二の場合はヘタウマというか、絵に味がある。
365 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/29(水) 03:01:30.20 ID:XN2AuTEz
ちばてつや
『ユカを呼ぶ海』

牧美也子
『マキを呼ぶ海』

偶然です
長女 真紀子 
次女 ユカ

牧美也子 最高
366 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/29(水) 03:02:18.23 ID:XN2AuTEz
訂正
牧美也子
『マキの口笛』
367 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/30(木) 00:13:41.74 ID:6X419IbW
アニメだが、攻殻機動隊にハマっている。
368 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/30(木) 00:24:50.14 ID:9o3GTW2u
攻殻の士郎正宗の原作のほうは読みにくくて挫折した覚えがある。
あれを抵抗感無く読める人は尊敬に値する。
369 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/30(木) 00:27:50.86 ID:6X419IbW
大学の頃に読んだが、アップルシードも士郎正宗の原作は酷い。
読めたものではなかったよ。
押井守が優秀なんだろうね。
370 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/06/30(木) 21:07:55.17 ID:MWGDT+z+
「木曜日のリカ」ってのがあったな
どんな話だったか全然覚えていないけどw
371 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/06/30(木) 21:13:08.09 ID:r8g2NQwI
>>349
萩尾望都
たぶん全巻持ってる。
独身時代買ったものはお嫁に来るとき持って来た。
あと
青池保子
372 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/06/30(木) 22:39:52.04 ID:6X419IbW
>>371
銀の三角は名作だよねえ。
あれほどのSF作品は、なかなか無い。
373 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/01(金) 08:18:55.56 ID:K6rzqysp
>>370
女性探偵
374 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/01(金) 17:09:28.29 ID:skvHvCNW
>>372
異議あり!モーさまは「11人いる」と「東の地平西の永遠」が最高です。

次が百億、その次が銀の三角、そしてスターレッドとマージナル
海のアリアです。
小品のあそび玉やブラッドベリ漫画化も捨てがたい。

佐藤史生「夢見る惑星」「ワン・ゼロ」もなかなか。
375 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/01(金) 19:11:50.94 ID:Q6HRrnfu
>>374
初期の硬質の短編群も面白いというか、始めて見たときにびっくりした。
当時少年漫画は劇画風に背伸びをしていたけど、全く違う背伸びの方法。
友達のうちで、姉ちゃんの少女マンガ雑誌を暇に任せて読んでからのファンです。
あそこでは、萩尾の「ケーキケーキケーキ」「毛糸玉にじゃれないで」とか梅図かずおの「へび少女」「肉面」とか、いろいろお世話になりました。(姉ちゃん元気かな)
>ブラッドベリ漫画化
70年代後半「みずうみ」「霧笛」とかかな。残酷なまでに哀しい感じ。
>「11人いる」と「東の地平西の永遠」が最高です。
「すごい。少女マンガなのにキャラがみんな書き分けできてる。」当時そう思った。
部分的に松本っぽいメカとか、すきだったなあ。えらく枝葉に食いついているが。
(高校生だったので、どこで読んだらいいのか苦労した。)
376 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/01(金) 19:58:00.28 ID:skvHvCNW
>>375
レスさんくす。
上記評価はSFについてでございます。作品群では話は別で。

ブラッドベリが先だったので、あの世界を再現できたモーさまに感動した。

11人~については小松左京が絶賛していたと記憶。
モーさまは高校生の頃に構想を練っていたけれど、11人のキャラが描き分けられず
「やっと描けるようになったので」と後書きにあった。
377 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/01(金) 21:38:46.99 ID:0fRpK3Jh
>>374
「11人いる」、「東の地平西の永遠」も良く出来ているねえ。
ブラッドベリの漫画化も良い。

しかし、一番、SFマインドがあるのは矢張り銀の三角。

ところで、最近、萩尾望都がSFのオムニバスに書いていて、面白かったぞお。
378 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/01(金) 21:49:28.85 ID:Q6HRrnfu
ついこのまえ、萩尾望都と吾妻ひでおの合作というとんでもないものを見た。
夢かと思った。
なぜに。
379 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/01(金) 22:14:42.17 ID:0fRpK3Jh
>>378
吾妻ひでおはSFマニアだからねえ。
そう吃驚する事でもないでしょう。
380 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/01(金) 23:17:40.50 ID:TNcvBcqV
吾妻ひでおはアル中克服したのかな?
失踪してホームレスになった自伝読んだが
381 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/01(金) 23:32:37.37 ID:0fRpK3Jh
>>380
オレもアル中日記は読んだ。
確か星雲賞(日本SF大会の賞)特別賞受賞作品だった筈。

アル中は治らないというし、今はどうなんだろうね。
382 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/02(土) 00:22:05.99 ID:CNwC/fXk
>>379
びっくりのネタ元。2010年までの作品リストあり。2011年も展覧会なんかしてる。
「文藝別冊 吾妻ひでお 美少女・SF・不条理ギャグ、そして失踪」
河出書房新社
2011/4/18


383 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/02(土) 07:27:52.25 ID:obrzD4y0
吾妻ひでおはチャンピオンで連載もっていたけど、SFファンに注目されるようになったのは連載切られた後に描いた
「不条理日記」で有名SF小説やSF漫画のパロディやってからだな。
ちょうど三流エロ劇画ブームの頃で亀和田武編集長の「劇画アリス」に載ってた。
当時ラーメン屋で読んでいて「なんでこんなエロ雑誌に載せているんだろう?読者層が違うだろ」って疑問に思った。
まあSF専門誌の「奇想天外」とかにも載っていたけど。
384 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/02(土) 09:50:01.95 ID:TtDa3qs4
>>383
あの頃の(今もそうかも知れないが)、エロ雑誌とかギャンブル雑誌は今までの枠に囚われない作家が良く載った。
吾妻ひでおもそうだが、宮西計三とか、メジャーになった能條純一とかが書いているよね。
385 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/02(土) 13:17:04.16 ID:obrzD4y0
亀和田武は高校時代から平井和正や横田順彌、鏡明、川又千秋なんかがいた「一の日会」に出入りしていたくらいの
SFマニアだからな。
SFマガジンにSFレビューの連載をもってたり、自分でも「奇想天外」や「SF宝石」にSF小説を書いたりしてた。
386 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/02(土) 13:56:59.68 ID:nH3A+yi7
>>376
私は、ブラッドベリと同時。
それをあそこまで描いてくれたのに感激。
イメージが完璧だった。
それから、ヘルマン・ヘッセも甲斐バンドも好きだったので
私の中では、モー様は神。

作品の中では、「あそび玉」は挙げておきたい。
387 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/03(日) 08:04:27.34 ID:Kkdz9qnF
>386
有ったねぇ、甲斐バンドの曲に合わせて
進むミュージカルみたいな作品。懐かしいわあ!
本棚の奥の方にあるはずなんだけど。
388 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/03(日) 12:12:04.16 ID:fTVQreq3
こち亀
ずーっと読み続けてる
いろんな意味でバイブルのようなものだ
389 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/03(日) 18:55:07.72 ID:Kkdz9qnF
秋月りす「中間管理職刑事」キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!
390 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/03(日) 19:32:02.77 ID:BIj5k/YT
>>388
こち亀第1話を読んだ時は衝撃的だった。
当時まだ新人の秋本氏は、ガキデカが大ヒットしていた山上たつひこ氏のペンネームを
パロディーにした山止たつひこでデビューした。
こんな名前ってアリなのかと思ったが...

しかし今公開されている映画、こち亀の両津役に香取はないだろう。
原作漫画の両津とはイメージが天と地との差がある。
胴長短足の中年の星、両津役がSMAPの香取なのか.....
391 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/03(日) 20:29:58.72 ID:fTVQreq3
そうそう、慎吾クンは好きだけど、両さんじゃないよ。
原作のイメージを大事にして欲しいものだ
392 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/03(日) 22:47:16.74 ID:cNvdibvb
>>390
あの頃のジャンプははだしのゲンも載っていて、本当に新しい少年雑誌を作ろうという気概に満ちていたよね。
393 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/03(日) 23:30:13.55 ID:easnykqa
>>392
少年ジャンプといえば、昔、あの「男一匹ガキ大将」の本宮ひろ志が政界に挑戦、
みたいなストーリーの連載モノがあったよな?
人気が無くてすぐに連載が終わったから、多分単行本は出てないと思うが、
若い時の菅直人(現総理)やらが出てたのを覚えてる。
当時は全然面白いと思わなかったが、今、無性に読み返したい衝動に駆られてる。

この漫画知らない?
394 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/04(月) 04:30:33.97 ID:2dDnHHBy
本宮さんのジャンプ作品で政界に行くのって
「おおぼら一代」かな?
395 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/04(月) 05:42:15.78 ID:K2mXH1IS
本宮本人が選挙に立候補して当選し、議員になれるかを
そのまま漫画にするというヤツだな?あったねえ。
タイトルは「やぶれかぶれ」じゃなかったかな。つまんなくてすぐ終わったw
396 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/04(月) 07:24:50.79 ID:rFj+U3Zu
そういや、本宮ひろ志の隣の家が政治に詳しい井上ひさし氏のお宅で、相談に行ったというエピソードが記憶にある。
397 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/04(月) 08:37:42.05 ID:4y3SsgO0
>>393
「やぶれかぶれ」
『やぶれかぶれ』は、本宮ひろ志による日本の漫画作品。
『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載され、単行本はジャンプ・コミックス(同)から全3巻が刊行された。
作者本人が主人公のキャラクターとなって、政治家を目指してさまざまな人に出会い、それらの出来事を漫画化した作品。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%84%E3%81%B6%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%81%B6%E3%82%8C_(%E6%BC%AB%E7%94%BB)

本宮ひろ志は昔好きだったけど最近はなあ・・
ヤクザの組長の誕生会で挨拶する本宮
http://www.youtube.com/watch?v=p4J0S6K3t4E
YouTubeサムネイル[p4J0S6K3t4E] - 1枚目YouTubeサムネイル[p4J0S6K3t4E] - 2枚目YouTubeサムネイル[p4J0S6K3t4E] - 3枚目

【携帯ゲーム】漫画キャラ使用料は年間4000万円!?本宮ひろ志が語る
http://jin115.com/archives/51790940.html
398 : 393 : 2011/07/04(月) 18:25:57.57 ID:r110RMxd
>>395-397
レス、ありがとうございました。
単行本出てるんですね、近くのブックオフを当たってみます。
けど、組長の誕生会で挨拶してたのにはちょっとガッカリ。
399 : 忍法帖【Lv=34,xxxPT】 : 2011/07/06(水) 14:24:13.35 ID:H4bwCTg+
スケバン刑事の和田慎二さんがお亡くなりになったそうです。チーン
400 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/06(水) 21:13:20.83 ID:We/SFlAt
和田慎二さん、逝っちまったか・・・
俺らの世代には割と馴染みの人じゃないか?
「超少女明日香」のチビっ娘バージョンが好きだったなw
前髪が垂れてて目が隠れている、あのコな
401 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/06(水) 22:14:29.09 ID:VxHB4opJ
マンガ家は寿命が短いよな。
矢張り激務だからか。
402 : 忍法帖【Lv=35,xxxPT】 : 2011/07/06(水) 22:42:42.56 ID:H4bwCTg+
>>400
ピグマリオンは漫画史に残る名作だと思う。チーン
403 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/07(木) 16:11:45.42 ID:kNczUxKJ
>>401

漫画家訃報ファイル
http://m-pe.tv/u/page.php?uid=dedmangaka&id=1
404 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/07(木) 22:12:22.10 ID:nYbtTSvU
>>403
upサンクス
懐かしかったのは、坂口尚、あすなひろし、佐藤史生。
漫画を忘れていた頃、知り合いとの立ち話で坂口尚の死を知り、目眩がした。
405 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/07(木) 23:20:03.78 ID:zQekEaat
上村一夫、たかもちげん、三原順、小島剛夕、杉浦茂、馬場のぼる、辻なおき、岡田史子、山川惣治、関谷ひさし、やまだ紫、佃公彦、佐藤史生、金田伊功が亡くなっていたとは・・・・
全く知らなかった。
406 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/08(金) 07:01:56.66 ID:KIfy/BtD
昭和30年生まれのオレからすると、姉ちゃんの少女フレンド、マーガレット

特に梅図かずおのヘビ女で目覚め冒険王のスポーツマン金太郎を読み、30円

の少年サンデーを買いおそまつくん、伊賀の影丸、サブマリン707、鉄人28

号、アトムを読みジャンプのハレンチ学園、男一匹ガキ大将に熱狂し

ヤスジの鼻血ブーでんな。
407 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/08(金) 08:29:20.15 ID:MMjSITgP
昭和35年生まれのオレは、
妹のなかよし、りぼん。別マ。
一条ゆかり、くらもちふさこ等を読んでいた。
特に萩尾望都が素晴らしかったよ。

少年キングと少年チャンピオンが好きで、それぞれワイルド7、ブラックジャック、マカロニほうれん荘がとても好きだった。
特にワイルド7には熱狂したなあ。
408 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/08(金) 08:51:30.92 ID:fBi1bum8
「モリタケンジ」ってどうしてる?
409 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/08(金) 20:31:13.06 ID:M2jv53mj
>>408
「サムライ・カポネ」って知ってる?
410 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/08(金) 20:36:53.95 ID:J9Qpr6X2
http://ameblo.jp/sumirenomanko/entry-10947288337.html
411 : 忍法帖【Lv=38,xxxPT】 【東電 75.9 %】 [sage] 2011/07/08(金) 22:11:51.79 ID:9fQBtOQz
佐藤史生。「金星樹」を最初に読んだのかな。奇想天外社のコミック本。
水樹和佳「樹魔 」とか。
メロ・ドラマ性に惹かれたように思う。
412 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/09(土) 21:38:55.96 ID:7mZKJffA
>>407
おお、同い年だ!
オレはジョージ秋山のザ・ムーンを読んでたよ
銭ゲバは少し怖かった
413 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/10(日) 01:33:14.21 ID:V76y4Ece
ゴルゴを忘れるわけにはいかんだろ?

2013年の13月13日に、この世から消えると思うが…
414 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/10(日) 07:47:56.21 ID:Lpa2Kfho
どんなにストーリーが良くても、絵が拙いともう読む気がしなかったわ。
昔、ど下手な漫画家も、数十年続けているうちにそうでもなくなったのも居るが。
415 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/10(日) 11:21:30.86 ID:Q0vBtuzu
鴨川つばめ「マカロニほうれん草」なんかは、
書いてるうちにどんどんうまくなっていった。
かっこいい線になって、ギャグはキレ始めて、すごいなって思っていたら、
あっという間に消耗した。
最後辺りの、マーカーで書いたような枯れた線は哀しかった。

>>414
>数十年続けているうちにそうでもなくなったのも居るが。
って誰ですか?
416 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/10(日) 15:05:15.41 ID:Lpa2Kfho
>>415
名誉棄損で訴えられるのもいやだから答えられない。
417 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/10(日) 16:54:20.42 ID:QaTnu91I
>>416
「この漫画家の絵が下手」程度でいちいち名誉毀損で訴えられていたひにゃ
2ちゃんねる全体じゃどのくらいの訴訟件数になると思う?
418 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/10(日) 23:16:53.69 ID:41e2yDyk
>>412
ザ・ムーンは本当に短い連載で終わったよね。
今はもう単行本も手に入らない。
419 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/10(日) 23:46:14.02 ID:RQbLF2rv
エイトマンだ!
420 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/11(月) 00:32:53.63 ID:Nuip5DcO
昨日、夏目友人帳12を買って読んだ。結構面白い。
421 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/11(月) 18:05:23.82 ID:bSjJq/q3
鉄腕アトムとエイトマンは俺の人格形成に大きく影響していると思う
子供には勧善懲悪より考えさせるストーリーを見せるべきだな
422 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/11(月) 21:26:14.46 ID:11ZiAyTS
エイトマンで新人類という言葉を初めて目にした。
何年か後、自分達が世間からそう呼ばれるようになるとは......
423 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/11(月) 22:02:28.51 ID:hjP4R4nt
後の世代はドラえもんとか見てSFに興味をもつようになるんだろうけど俺はエイトマンだったな。
加速装置、レーザー、新人類、超能力なんていうガジェットを初めて知ったのもこの漫画。
原作のSF作家の平井和正によるところが大きいんだろうけど。
それだけに作画の桑田次郎が拳銃不法所持で逮捕されて連載やアニメが打ちきりになったときは残念だった。
それ以外のSF的なアニメだと「スーパージェッター」でタイムマシンを取り上げたのが早かったな。
424 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/11(月) 22:35:56.23 ID:11ZiAyTS
今調べなおしたら、新人類じゃなくて超人類の間違いだった。
年はとりたくないね。

『超人類ミュータント』には、
鉄でもバターのように切れる8マンナイフ(超音波ナイフらしい)というのが登場するが、
エヴァンゲリオンに出てくるプログナイフよりも30年も先取りしていた。
425 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/11(月) 22:46:10.47 ID:dxVa67nZ
>>424
ブログナイフ?
プログレッシブナイフの間違いだろ。
426 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/11(月) 22:54:11.13 ID:11ZiAyTS
>>425
何、鬼の首とったみたいに書き込んでるの?
ちゃんと老眼鏡かけて読めよ。
ちゃんとPUROGUNAIFUって、書いてるよ。
427 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/11(月) 22:58:55.57 ID:dxVa67nZ
>>426
ここは若いヤツの書き込み禁止なのだが。
428 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/11(月) 23:02:43.10 ID:bSjJq/q3
>>424
思い出した
バリア張るやつだな
429 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/11(月) 23:39:58.82 ID:hjP4R4nt
超音波ナイフ(超振動ナイフ)は同じ平井和正・桑田次郎の「超犬リープ」にも登場していた。
平井和正の初期のSF小説「エスパーお蘭「サイボーグブルース」にも登場。
あと同じコンビによる「エリート」という作品にライフル銃から発射できる超小型原子爆弾が登場するのだが
悪役のダンガーがこれ一発で自衛隊一個師団を全滅させるシーンがなかなかグロくて記憶にのこっている。
当時はデイビークロケット砲とか戦術核兵器の小型化が盛んだったらしいので、そのへんから着想を
得たんだろうな。
430 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/11(月) 23:46:36.92 ID:dxVa67nZ
拾い物ですが。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/a1/Upshot-Knothole_GRABLE.jpg
核砲弾。
431 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 【東電 74.7 %】 [sage] 2011/07/12(火) 00:14:46.13 ID:rbBi2oMR
8マンの最終回小説版というのを読んだことがある。
東八郎を慕う秘書の女性が8マン=東と知って「怪物」と罵ってしまうんだよねぇ。
432 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/12(火) 17:00:38.14 ID:v7uZzC34
手塚治虫の「不思議な少年」が好きだった。
「時間よ止まれ!」っていうキメゼリフでNHKで実写版もあった。
433 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/12(火) 17:09:22.95 ID:/3Y205eK
不思議な少年のドラマは見ていたけど手塚治虫とは知らなかった
434 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/12(火) 17:14:32.85 ID:v7uZzC34
子供心に4次元という世界を知ったのが「不思議な少年」
435 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/15(金) 08:06:43.70 ID:Cn1bDTMM
>>431
8マンは鋼鉄の胸なんだから、普段から東を見ていれば分かる筈だろう。
436 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/20(水) 18:56:49.64 ID:qs3p8bPP
ゼロ戦ものが好きだったな
ゼロ戦レッド、ゼロ戦はやと、ゼロ戦太郎
マンガを描けばゼロ戦ばかり、プラモもほとんどゼロ戦だった
437 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/21(木) 00:30:45.07 ID:7xkEKYzn

ストップ!!ひばりくん!
438 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/21(木) 02:25:10.25 ID:mN7ZQAMy
ストップ! にいちゃん! っていう漫画なかったけ?
439 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/21(木) 21:54:43.36 ID:a1/p6tKg
関谷ひさし 作 「少年」連載
中学生版「若大将」みたいな印象。
垢抜けした「ハリスの旋風」ってとこ。
440 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/22(金) 07:33:47.21 ID:wfCTXYQv
それまでスケベな漫画を描いていた池沢さとしが一転して真面目に取り組んだ「サーキットの狼」
スーパーカーブームという社会現象まで引き起こした作品は「こち亀」とともにジャンプの発行部数を
飛躍的に伸ばした名作だった。
441 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/22(金) 08:43:57.62 ID:mVm6Lo9b
「ストップ! にいちゃん!」が掲載されていたのは「少年」という月刊誌だった。
たまに親戚の家で読んでいたけど「鉄腕アトム」や「鉄人28号」が連載されているのはいいが
学習雑誌でもないのに巻末に算数(数学だったかも)の練習問題のページとかあって
「いいとこのオボッチャンの買う漫画誌だなあ」とか勝手に思っていた。
442 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/22(金) 09:52:11.25 ID:PY+p3Mth
少年画報とかいう雑誌はなかったけ?
443 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/22(金) 10:18:57.58 ID:71DTsXcR
昔は貸本屋なるものがあってじゃな、
毎月そこで「少年画報」やら「少年」やら「冒険王」を借りてたぞよ。
買うより安上がりじゃったからナ。
444 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/22(金) 11:24:09.27 ID:mVm6Lo9b
「ぼくら」とか「少年ブック」とか「まんが王」という漫画雑誌もあった。
他には中高生向けに「ボーイズライフ」という月刊誌があって
さいとうたかをの「007ジェームズ・ボンド」とか載っていたな。
445 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/22(金) 18:30:41.20 ID:8QJs4eJD
さいとう・たかをといえば、昔少年マガジンに連載されていた
「サイレントワールド」が面白かった。さいとう氏には珍しい
SF物で、宇宙を放浪する少年たちをテーマにしている。
まだ「ゴルゴ13」を書く前だったと思うが。
446 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/22(金) 19:11:30.90 ID:PY+p3Mth
さいとうたかおといえば貸本屋時代の「台風吾郎」の探偵ものシリーズが好きだった。
447 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/22(金) 23:05:47.13 ID:mVm6Lo9b
「サイレントワールド」はストーリー的には石森章太郎あたりが描いても違和感がないくらいの
極めてまっとうな本格SF漫画だったなあ。
448 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/22(金) 23:19:11.51 ID:QEr25Qzq
>>444
望月三起也の「ケネディ騎士」は少年ブック連載だったね。
飛行機のギミックが格好良かった。
449 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/23(土) 12:47:46.24 ID:F9RqmS4W
漫画の話題でないので、申し訳ないが。
昭和30年代、40年代の少年サンデーは、特集の読み物やSF小説(当時は空想科学小説か)が
よく連載されていた。
特に印象に残るのは、昭和40年頃に連載されていたSF小説で、主人公の少年が旧海軍技術将校の
伯父が発明したタイムマシンでいろんな時代に冒険する、という話が載っていた。
原始時代、ムー大陸があった時代、江戸時代(由井正雪の乱)、太平洋戦争(ミッドウェー海戦直前)、
などの時代にいって事件に巻き込まれるというもので、漫画よりもむしろこの小説のほうが楽しみだった。
挿絵は、あの有名な小松崎茂だったが、作者のほうは全く覚えていない。
もう一度ぜひ読みたいものだ。作者を検索で調べたら「佐々成一」らしいが、それ以上のことはわからない。
450 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/23(土) 12:56:21.17 ID:DZzwcMLh
ジュブナイルを書いている人は良く分からないよね。
意外に宝箱かもしれないが、SFファンも未だ手付かずだよ。
451 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/23(土) 14:36:16.94 ID:51yvFpvF
そういえば日本のジュブナイルSFの草分け的存在だった瀬川昌男氏が
この7月10日に亡くなられたそうです
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201107/2011071500832
452 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/23(土) 21:42:15.44 ID:DZzwcMLh
藤井青銅も面白かったよね。
健在だけど。
453 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/24(日) 09:08:35.29 ID:jExM6Z6z
竜の子プロって吉田竜男だけど、昔の漫画で九里っていう漫画家いなかったけ?
マッハGOGO的なちょっと可愛い感じのタッチの絵だった。アニメ作家に九里さん
とかいるけど同一人物なのかな?
他にはわちさんぺい、山根赤鬼青鬼とかが懐かしい。
454 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/24(日) 09:22:48.16 ID:H18x5qRJ
>>453
九里 一平(くり いっぺい、1940年1月1日 - )は、京都府京都市出身の漫画家、アニメーション制作会社タツノコプロ第3代社長。
本名は吉田豊治(よしだ とよはる)。タツノコプロ創業経営者一族の「吉田三兄弟」の三男で、長兄は漫画家・アニメ原作者・タツノコプロ初代社長の吉田竜夫、
次兄はアニメプロデューサー・タツノコプロ第2代社長・初代会長の吉田健二。
ペンネームの由来は「お前は目がクリクリしているから」と言われ「クリ=九里」とし、さらに「一平」をつけたことによる。
挿絵画家・漫画家として活躍していた竜夫の後を追い上京。当初は挿絵画家志望だったが、竜夫の影響で漫画家を志し、竜夫のアシスタントとして活動した後、
赤本の描き下ろし単行本『あばれ天狗』でデビュー。
『マッハ三四郎』などの作品で人気を博す。タツノコプロ設立後は、多くのタツノコアニメでプロデューサー・企画・監督などの重責を約40年間にわたって担い続けた。

日本語ウィキペディアより抜粋
455 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/24(日) 21:23:36.68 ID:Ec0pc6gp
昭和40年代前半なのに「かっこいい絵」を書く漫画家ってだれだと思う?
おれにとっちゃ桑田次郎、望月三起也、関谷ひさしかなあ。
子供漫画なのに、都会的洗練ってヤツを感じた。

456 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/24(日) 22:11:02.79 ID:Ibf0o98h
望月三起也の「ワイルド7」は今読んでも面白い。
黄金の新幹線、地獄の神話、谷間の百合などなど。
457 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/24(日) 23:42:04.48 ID:NuC0p/4N
>>455
「カッコいい」って言うのとはちょっと違うような気がするが、旭丘光志って覚えてるかなぁ?
何故か「Let's Go ケネディ」(少年マガジン?)が今も印象に残ってる。
458 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/25(月) 00:45:32.68 ID:taFgbUNd
望月三起也というと「秘密探偵JA」を思い出すなぁ
459 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/25(月) 09:40:56.02 ID:kOY4jX00
>>457
>旭丘光志って覚えてるかなぁ?
 なんなくおぼえているなぁ。劇画タッチていうか
「熱きイレブン」とか書いていた園田なんとかいう
 漫画家と画風にていない?
460 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/25(月) 10:11:10.03 ID:h6a67XpL
旭丘光志といえば1969年頃少年マガジンに載った原爆被爆マンガ「ある惑星の悲劇」。
ジャンプの「はだしのゲン」が1973年だからかなり早い。
太平洋戦争末期、本土決戦用のトンネル工事での酷熱の中での過酷な労働や事故、
脱走者の軍部による処罰によりバタバタと人が死んでいく影丸穣也の「恐怖トンネル」(1968)とか
あのころのマガジン編集部も今考えるとけっこう左翼っぽかったな。
「がきデカ」を書く前の山上たつひこのポリティカルフィクション「光る風」が載ったのも70年頃のマガジン。
461 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/25(月) 19:17:34.21 ID:gdlbUIXg
オイラはまさに昭和40年代に劇画の洗礼を受けた世代だ
望月三起也、園田光慶、川崎のぼるが好きだった
どういう訳かさいとうたかをは好きじゃなかったw
462 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/25(月) 22:39:43.07 ID:f6ShP7Wf
オイラは小学生のとき、マンガ家に憧れて秋田書店発行の「漫画のかきかた」や、
石森章太郎(石ノ森章太郎)・著の「マンガ家入門」と「続・マンガ家入門」を買ったりして、
マンガにどっぷり浸かってしまってた時期があった。
463 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/25(月) 22:49:07.33 ID:tjcr62Fh
>>458
今「秘密探偵JA」を読むと、「そんな馬鹿な」という感じでリアリズムが無いよ。
その点、ワイルド7は未だにリアリズムはある。
464 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/25(月) 23:47:30.49 ID:h6a67XpL
望月三起也の漫画はあの当時としては銃器や兵器のデティールが細かく描きこんであるのが好きだった。
今ならもgoogleの画像・動画検索でいくらでも銃の画像や動画が見つかる時代だが
昔は「月刊GUN」以外だと戦争映画とかTVのコンバット、大藪春彦の小説くらいしか
知識を仕入れる方法がなかったのもあるが
465 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/25(月) 23:49:49.33 ID:tjcr62Fh
>>464
望月三起也の銃器に関しての詳しさと、松本零士の終戦間際のナチの兵器の詳しさ。
当時はそんなに資料も無かったと思うのだが。
今みたいにネットオークションが普通にある様な時代じゃないから、資料だって集めるのは大変だったと思う。
本当に何処から資料を仕入れていたのか不思議なんだよな。
466 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/27(水) 01:35:38.56 ID:lDWsFcQJ
>>462
「マンガ家入門」読んだ。石森先生は"漫画は芸術だ"みたいなこと書いてた。
心理描写の題材に「龍神沼」や「さるとびエッちゃん」使ってたね。
467 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/27(水) 10:24:28.01 ID:vDkI1IHz
>>466
続のほうも子供の頃買ったけど
少年期にあれでアジられて漫画家を目指したのも多いんだろうなあ。
あとは永島慎二の「漫画家残酷物語」とか虫プロの漫画家志望者向け専門誌「COM」とかあったな。
468 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/27(水) 20:57:25.08 ID:ExLDVjn7
「秘密探偵JA」はゲストキャラクターがちょくちょく出てきて楽しめる
例えば「最前線」のビー玉やバッキーが出てきたり、トランプを武器に
している少年探偵「スペード・ワン」が飛鳥次郎と共演したりする。

トランプで思い出したが川崎のぼるで「スカイヤーズ5」ってのが
あったな。あれも格好良かったけど、漫画の方は殆ど覚えてない。
469 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/27(水) 21:55:47.69 ID:Vsa+K0rU
>>468
「スカイヤーズ5」は色々と曲折があって、そういう印象になった様だよ。
ウィキからの引用
---------------------------------------------------------
エイケン製作のテレビアニメ。 TBS系で1967年10月からモノクロ版が放送されたが、
物語の決着を見ないまま1クール・全12話で終了した。(提供スポンサーはブリヂスト
ンと明治乳業の二社)。
その後、1971年4月にテレビ新作を前提に小学館学年誌で連載が開始されたが、新番組
が中止となったためわずか2か月で連載が終了した。
半年後、今度はカラー作品としてリメイクされた新シリーズが実現し、1971年10月7日
から1972年3月30日にかけて全26話[1]で放送された(こちらは万創を筆頭とした複数
社提供だが、ヒッチハイクは厚木ナイロンが担当)。このシリーズでは物語が中断する
こともなく、スカイヤーズ5とゴーストとの最終決戦で最終回を迎えている。
---------------------------------------------------
オレの記憶でも漫画連載の方は中途半端に終ったというものがあった。
470 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/27(水) 23:46:59.51 ID:lod4FhJC
>>460
影丸穣也といえば「八つ墓村」(少年マガジン)
小学生だったけどメチャ怖くて、洞窟探検は今でもトラウマになってる。
471 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/27(水) 23:49:29.50 ID:Vsa+K0rU
>>470
一時期、酢の物は体に悪い食べ物だと思ってしまったよ。
472 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/27(水) 23:57:09.67 ID:6vjVnL34
ま、結局マンガ家は才能だわな。
いくら訓練してもダメなものはダメっす。
473 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/28(木) 00:00:13.38 ID:r6syFoXX
食っていく為にはどんな職業だって才能だろ。
474 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/28(木) 00:27:39.60 ID:iwUdubWX

安達哲「さくらの唄」

バブルは遠くなりにけり
475 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/28(木) 22:17:10.23 ID:WTKq7o7D
食っていくだけなら才能はいらんべ。
476 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/28(木) 22:42:34.45 ID:BYEfGY1H
>>475
時給1000円の世界ならそうかもな。
年収500万円以上貰おうとすると、どんな職業でもそれなりの専門的知識と能力が必要とされる。
477 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/28(木) 23:22:15.35 ID:WTKq7o7D
才能とは、物事を巧みになしうる生まれつきの能力とするならば、
職業上必要な専門知識などは、後天的能力で、
ふつうの人間なら後天的なもので充分こと足りうる。
マンガ家としての能力は生まれつきの能力、
つまり才能が大きくものを言うのではないか。
478 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/28(木) 23:30:11.10 ID:BYEfGY1H
>>477
それはどんな仕事でもそうだろ。
オレにはタクシー運転手はできない。
しかし、普通の人にはシステム開発は出来ない。
479 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/29(金) 08:16:09.92 ID:J3h4Vk8W
突き詰めていけば全ての職業には才能が必要だわな。
犬に自動車工場で自動車のハンドルを組みつけろと、命じてもできないし、
職業ではないが、人間が犬ぞりを厳寒の中、
数十km、しかも走るほどの一定速度で曳くこともできない。
480 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/29(金) 11:33:57.67 ID:gbspf7zr
程度の差はあれ才能は必要、とは言え、
マンガ家として成功するには才能が大きく左右するということ。
481 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/29(金) 11:35:32.27 ID:gbspf7zr
程度の差はあれ才能は必要、とは言え、
マンガ家として成功するには才能が大きく左右するということ。
482 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/29(金) 13:51:13.74 ID:OSCESx3E
漫画家はアーチストだから、運と才能が必要だと思う。
努力と経験だけではどうにもならない。
もちろん努力と経験も必要だろうけど。
483 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/30(土) 01:39:09.01 ID:lmjdbQ+h
>>479
例えが極端じゃない?
484 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/30(土) 20:19:36.54 ID:9J101A41
園田光慶は当時オイラが望月三起也の次に好きだった人だ
「あかつき戦闘隊」は連載とコミックスが全然違ってしまっている
珍しい作品で、パゴス島編は何話分かカットされているし
第2部の伊号400編ではまるまる別の人が描いている部分がある

485 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/30(土) 20:20:02.14 ID:9J101A41
その後連載されたのが超ハードボイルドな「ターゲット」だ
これは凄いインパクトで今でも忘れられないシーンが数多い
二重スパイの名前が「グリンカ・ミコノス」、その驚きの正体とは!
無実の罪で銃殺刑にされた六平、
しかし殺人マシーンとして復活したそのトリックとは!
486 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/30(土) 20:24:12.11 ID:9J101A41
その銃殺刑を執行した13人全員を六平に対抗する
殺人の芸術品に仕上げた悪役、刑務所長のヤコブ
その楽しみはワーグナーを聴くこと「ククク・・・ワグナーは実に良い」

殺人の芸術品「モナリザの微笑み」「サーカスピエロ」あたりは実に良かった
残念ながら13人全員は登場しなかった
そして最後に実の弟との一騎討ちという結末

いや、あれは面白かった。全5巻って今では信じられない密度の濃さ
487 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/30(土) 20:27:46.03 ID:9J101A41
その「ターゲット」のコミックス巻末に収録されているのが
「まぼろしの日章旗」だ。時はメキシコ五輪前、
主人公はハンマー投げの選手だが残念ながらやや小柄だ
そのハンデを克服すべく4回転から回転数を増やそうと考え
つむじ風に舞う木の葉を見てついに「七回転ターン」を編み出す
488 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/30(土) 20:31:17.06 ID:9J101A41
しかしその練習中に投げたハンマーが子供に大怪我を負わせて
しまう。主人公はオリンピックを辞退する、しかしその試合の実況を
聴きながら国立競技場に立つ主人公。
金メダルの飛距離に目印をつけて挑む七回転ターンは、目印の旗を
遥かに超えていった。主人公はセンターポールにまへぼろしの日章旗が
上がっていくマボロシを見る
489 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/30(土) 20:32:28.78 ID:9J101A41
・・・園田光慶の作品は語り出すと止まらないので
今夜はここで自重しておこう(笑)
またね
490 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/30(土) 21:11:10.96 ID:bYZkeXbh
>>461
さいとうたかをは、親父が時代劇「影狩り」が好きだった影響か、俺は割に好きだった。
少年マガジンの「無用ノ介」なんかよく読んでたよ。
491 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/07/30(土) 21:11:34.04 ID:yQibEHFe
園田光慶・・・・・
「さいとうたかお」と「川崎のぼる」を足して2で割ったような絵だな。
492 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/07/31(日) 11:41:51.45 ID:cUpEJxml
園田光慶が貸本マンガ時代にありかわ栄一名義で描いていた「アイアンマッスル」
http://www.m-sugaya.com/nikki/data/2008_04/0425.jpg
「劇画の<線>の拡張ということで、もうひとり、触れておきたい人がいる。
 ありかわ栄一だ。
 さいとう・たかをの開発した<線>の影響を受けながら、この人は、劇画の<線>に
おける効果線の部分を、飛躍的に拡張した人として、もっと評価されていいと思え
る。 効果線は、それ以前まで、フリーハンドで描かれていたらしい。
 ありかわ栄一は、その部分を、くも形定規や、コンパスなどをつかって、アクションシ
ーンを描いた。それは、「効果線」の決定的な飛躍を意味していた。特に、初期の劇画
は、「動き」を表現することが多かったので、それ以降に与えた影響は大きかったと思
う。この効果線が、現在では、普通の表現になっていることが、それを証明している。
技法には特許がないので、「いい」と思えば、みんながマネをするようになるのだ。」
 ありかわ栄一の『アイアンマッスル』は、ストーリーは単純だが、画像もきれいで、フ
キダシの形も、効果音も、視覚的で、緻密な画面構成によって、一枚の絵のように描くこ
とができている作品だ。定規やコンパスによる効果線は、抜群で、様式美のようにまでな
っている。」
http://members.jcom.home.ne.jp/matumoto-t/%82%88oron6.html
493 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/02(火) 20:15:48.49 ID:DYIWCv3n
昔兄が単行本を持っていた川崎のぼるの「タイガー66」。
http://www.comicpark.net/readcomic/index.asp?content_id=COMC_ASG00492_001

「巨人の星」や「いなかっぺ大将」に比べると園田光慶っぽい絵だなあと以前から思っていたが
ここによるとカワサキプロということで手伝っていたらしいな(みなもと太郎とかすがやみつるがコメントしている)

-川崎のぼるがどれほど忙しかったか-漫棚通信ブログ版
http://mandanatsusin.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_b507.html




494 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/08/03(水) 20:12:33.58 ID:JNcAVFaf
「歌えムスタング」は懐かしいな、単行本は見た記憶がない
ドラムの特訓で雑巾の上に小石を置いてスティックで叩くんだよね
真似して遊んだもんだった
495 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/08/04(木) 15:32:15.22 ID:skgDRoxz
モンキーパンチの漫画は絵も内容もバタ臭くい感じがして好きじゃった。
496 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/04(木) 17:02:31.43 ID:5rbsYQA9
ど根性ガエルがGyao!でタダで見られるが、バカバカしくて結構面白いね。
497 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/08/04(木) 19:08:43.49 ID:jmDGpk3o
ワタリ、紫電改のタカ からガンズまで
漫画本五十年買い続けてきたが。
498 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/04(木) 20:47:41.83 ID:wCvlZ/qE
>>497
>ワタリ、紫電改のタカ からガンズまで

ガンズじゃなくて、GANTZだろw
499 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/04(木) 21:45:14.18 ID:0yFd99a2
ど根性ガエル……その昔、集英社でデビューしたての作者からサインを貰ったっけ。何も言わないのに向こうから進んでひろしとピョン吉を書いてくれた。
その時には、後にテレビ化までされ、あんなに人気番組となるなんて思わなかったから、サインはいつの間にかどこかにいってしまった。
今持っていればお宝として鑑定団に出せたかな?
500 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/08/04(木) 22:28:42.92 ID:rR9lHqcm
手塚治虫先生と水島慎二先生のサイン色紙、実家にあるはず。思い出した。
>>499鑑定団はムリw
501 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/08/04(木) 23:12:03.85 ID:BKhcqWXP
50過ぎてはまったのが、滝沢聖峰「飛燕独立戦闘隊」はおもしろかった。
フィクションの「秘めたる空戦」を漫画化したものだが、リアルなタッチ
がよかった。
502 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/05(金) 00:26:33.05 ID:fre9k3MI
>>499
言っちゃ悪いけど、吉沢やすみの作品って埋草的なんだよね。
人気はあるが、カルト的じゃない。
503 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/05(金) 05:45:08.89 ID:IvaZTl/h
>>500
>>502
そっか、無理か、やっぱりねw
504 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/08/05(金) 08:41:44.63 ID:gH6I+g/2
小学生の時分は赤塚不二夫の漫画が大好きだったが、
週刊漫画雑誌を買っていなかったので、
お好み焼き屋で食いながら、
あるいは散髪屋で散髪をしてもらいながら読むのが楽しみだったもんじゃ。
505 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/05(金) 14:12:51.23 ID:k/9DUKT+
>>501
滝沢聖峰の「飛燕独立戦闘隊」は自分も買ったけど空戦理論とかはマニアックすぎて正直良くわからなかった。
日本の戦闘機じゃ珍しい液冷の飛燕のフォルムが好きだというだけだしなあ。
どっちかというと子供の頃より最近のほうが仮想戦記とか軍事関係の本をよく読んでる。
最近の漫画だと佐藤大輔原作伊藤悠作画の「皇国の守護者」が面白かった。
506 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/05(金) 15:09:17.11 ID:fre9k3MI
>>505
インメルマンターンとか、坂井三郎が得意だった左捻り込みとか。
確かに実際に戦闘機に乗った事が無いと、なかなかイメージしにくいよな。
また、当時のレシプロ戦闘機の場合はプロペラトルクもあるので、今のジェット戦闘機ではイマイチ意味が無い起動もあるしね。
507 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/05(金) 15:09:43.21 ID:fre9k3MI
起動×
機動◯
508 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/08/06(土) 02:24:57.19 ID:xa7Ueofu
やっぱり、紫電改の武藤金義かな?
509 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/06(土) 10:56:42.63 ID:0dDkpWiA
昭和30年代~40年代初期は各週刊漫画誌の口絵特集に零戦とか大和とかは普通にあったなあ。
辻なおき「0戦はやと」ちばてつや「紫電改のタカ」貝塚ひろしの「ゼロ戦レッド」などという戦記漫画が連載されていたし。
戦闘機以外だと望月三起也の戦争漫画や小沢さとるの「サブマリン707」などが記憶に残っている。
まあ口絵特集の方は「忍者特集」やウルトラマンブームになれば「怪獣特集」水木しげるが当たれば「妖怪特集」と変遷していったが。
それがいつしか口絵特集はアイドルのグラビアに変わり、第2時大戦ものの戦争漫画は松本零士の「戦場まんがシリーズ(ザ・コックピット)」
くらいしか無くなっていったな。
現在は趣味の多様化とかガンダムの影響からかオタク世代は武器・兵器と親和性が高いので盛り返してきているような雰囲気だな。
オタク相手だから萌えとセットになってる作品が多いけど。
漫画アクションに載った「ガンパパ島の零戦少女」はけっこうマニアックで面白かった。
510 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/08/06(土) 13:45:43.24 ID:B3ddEAdx
「辻なおき」と「貝塚ひろし」の画風が似ていて、
また、「横山光輝」と「小沢さとる」のそれも似ていたような気がする。
511 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/06(土) 19:15:13.05 ID:g4+XYKG4
横山・小沢は間違いなく似てるけど
辻と貝塚は疑問だなあ
512 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/06(土) 20:14:43.05 ID:rdKGqoqr
「大空の誓い」も好きだったな。
513 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/08/06(土) 20:57:33.51 ID:QQbU7ETd
貝塚と似てるのは庄司としおだな あ、師弟か?
514 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/08/06(土) 21:05:16.88 ID:RFBWS2WV
貝塚ひろしの「父の魂」って知らない?
515 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/06(土) 21:13:56.41 ID:pTkBwuEH
兄(秀才肌)弟(野人)で野球やっててバットがどうのこうの・・・って話だっけ?
516 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/08/06(土) 21:37:00.89 ID:QQbU7ETd
父がバット作りの職人で息子がエース 黒いユニホーム着てた、高校野球の時かな
517 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/06(土) 22:19:06.68 ID:g4+XYKG4
オイラ、辻なおきと言えば「ジャイアント台風」だ
いろいろと今でも忘れられないエピソードが多数
風呂場でコケて大怪我した馬場さんとか16文キックで失神して
舌を噛まないように処置したとか

カルホーンが凄えメチャクチャ大食いだったり何とかいう酒飲みレスラーが
熱燗呑んだら胃の中の酒が熱で溶けて入院したとか(んな訳あるかいw)
必殺技で一番印象に残っているのは「摩天楼地獄」だな
梶原一騎の口から出任せっぷりが半端ないwww
518 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/08/07(日) 00:12:10.66 ID:4egQL8N7
ビッグ錠の「包丁人味平」(少年ジャンプ)。

水面に浮かべたキュウリを、水面を揺らすことなく縦に三つ切りにするという技があったりした。
「水面浮島切り」とかいう技の名前だったが、一流のシェフって皆あんなことが出来るのかと
妙に感心してた。
519 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/07(日) 00:21:35.32 ID:KGWeIpfd
吉沢やすみも貝塚ひろしのアシスタント出身だな。
貝塚は七〇年代じゃ石森章太郎クラスのベテランの漫画家なのにいちじ失踪騒ぎとか起こして干されていたような印象がある。
当時はデビューしたての漫画家くらいしか描いてなかった「月刊ジャンプ」に連載しているのを見たときは昔の栄光を知っている
自分としては複雑な気分だったな。
失踪したときの連載の穴埋めで永井豪と本宮ひろ志がデビュー出来たのは良かったのかもしれないが


520 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/07(日) 00:31:52.95 ID:a0eqltOi
漫画の神様である手塚治虫さんも虫プロの失敗などで、一度干された事があるんだよね。
結局秋田書店の編集者が「引導を渡す」つもりでブラックジャックの掲載を注文した訳なんだが、結局ブラックジャックと三つ目がとおるが当たりに当たって、手塚さんは国民的な作家になれたという。
確かに、もしもブラックジャックが無ければ、手塚さんは今みたいな名声はあり得なかったな、と思う。
521 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/07(日) 02:37:06.58 ID:KGWeIpfd
どっちかというと手塚治虫の作品は干されている頃に描いた「ザ・クレーター」シリーズとか
江戸川乱歩的なドロドロした「アラバスター」のほうが面白く感じたな。
大人向けの「ひときり讃歌」を読んだときは当時流行っていた「劇画」なんかメじゃないくらい凄いなあと思ったものだった。
丁度思春期だったので今で言う厨二病的感性にヒットしたというのもあるだろうが
522 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/07(日) 08:37:43.32 ID:NqrSgnhB
ブラックジャックが無かったら、昭和40年代後半から大人漫画にシフトしていただろうから、
ちょっと違った手塚治虫像が出ていたかも。
「日だまりの樹」や「アドルフに告ぐ」が中心で、かつてのアトムやレオ、今はこれって感じ。

でも、火の鳥の再評価、劇場アニメへの再挑戦、全集発刊。亡くなるまでその歩みは止まらなかった。
あれよあれよという間に、神さまになっていったんだけど、
少年週刊誌に人気作をバリバリ連載して、新しいファンを子供の間に作り続けていたことが、
その力の源泉だったんだね。
523 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/07(日) 10:36:55.84 ID:091ibw/U
中期の作品では どろろ ができがいいのでリバイバルされたりで
知名度あるが バンパイア とか W3 とかも もっと再評価してほしいな すきずきだけど
524 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/08(月) 09:01:14.57 ID:oBJRDyxQ
手塚漫画はアトムはいいんだけどワンダースリーやビッグXは
アニメになったとたん漫画の深い世界観が無くなって薄っぺらな勧善懲悪になり下がってしまった
子供騙しの下らないストーリーだなと子供のくせに思っていた
525 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/08(月) 10:43:16.64 ID:eKxeyWR5
>>524
ビッグXが放映された頃は幼稚園生だったので、特に気にせず見ていた様だ(というのは自分はよく覚えておらず、母親がそう言っていた)
526 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/08(月) 11:16:34.51 ID:/L4LC7m5
本当の意味で手塚漫画に熱狂した世代というのは50代を超えて夏目房之介あたりに代表される団塊世代以上だと思う。
現在50代くらいの歳だと物心ついたときには既にトキワ荘グループ(赤塚不二夫、石森章太郎)や後のガロ系劇画系(白土三平、
水木しげる)関西貸本劇画系(川崎のぼる、さいとうたかを)が群雄割拠していた時代だった。
幼少期に見たアニメにしても優等生的なアトムより、リモコン次第で善にも悪にもなる「鉄人28号」とかハードボイルドな
大人っぽい雰囲気のある「エイトマン」のほうが好きだったな。
とはいえ、手塚ぐらいのキャリアがあれば「大家」としておさまりかえって過去の遺産で食っていくのも可能だったろうに
死ぬ間際まで常に最前線で問題作を発表しつづけたところは凄い。
永井豪の「ハレンチ学園」がPTAの反対などで社会問題化したときも、すぐさま「やけっぱちのマリア」とか「アポロの歌」といった
性教育マンガを描いているしな。


527 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/08(月) 16:06:57.17 ID:eKxeyWR5
手塚治虫さんは漫画の神様と呼ばれているが、当時は新進のマンガ家に対して強烈な対抗心があったという。
だからハレンチ系が流行ればやけっぱちのマリアなどを買いたり、劇画が流行れば劇画タッチに買いたりした。
あと水木しげるさんの一連の作品にはどろろを当ててきている。
528 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/08/08(月) 20:14:00.82 ID:KLWf+ZvC
手塚は「僕はそういう漫画はいつでも描けるんだ」が口癖というか
事あるごとに公言していて「嫉妬心のカタマリ」みたいに言われたけど
実際どんなジャンルでもそれなりに手塚調の作品を世に出したよね
描いてないのはスポ根くらいだろw
529 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/08(月) 20:25:05.77 ID:eKxeyWR5
>>528
まあ、手塚さんは元祖オタクだからw
スポーツが嫌いだったそうだ。

手塚さんが唯一書けない、と言わせたのは諸星大二郎の絵だそうで。
530 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/08/08(月) 20:34:49.66 ID:2mlLVIyZ
梶原劇画直撃世代としては「抱かれたい道場」が色んな意味で見逃せませんねw
531 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/08(月) 21:08:14.98 ID:L8Uh/yeq
手塚先生は「あんな漫画(『巨人の星』)のどこが面白いんだ」とはっきりと嫌悪を示し、涙を流してスタッフに訴えたという。
なお、石坂啓によれば『巨人の星』掲載時の『少年マガジン』全般について批判的であったとされているので、特に梶原一騎作品というわけではなく、劇画・スポ根ものといった、自身の作風と距離のある漫画全般に対する批判であったようだ。
でも、とても人間ぽくていいんじゃないかな。
532 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/08(月) 22:43:23.75 ID:oBJRDyxQ
巨人の星は梶原一騎がヤクザだと知って嫌いになった
533 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/09(火) 00:33:52.32 ID:Zow+AcCs
ディズニーおたくでもある手塚は「漫画は本妻、アニメは女房」と公言して漫画の稼ぎをアニメにつぎ込んでいた。
学生の頃、池袋文芸座で手塚の劇場用アニメ「千夜一夜物語」「クレオパトラ」を見たが、正直なところあまり感心した出来じゃなかったな。
後年手塚が死んだ時に宮崎駿が追悼特集に寄稿した文章で「アニメーションに対して彼がやった事は何も評価できない」とか
「自分が義太夫を習っているからと、店子を集めてムリやり聞かせる長屋の大屋の落語がありますけど、手塚さんのアニメーションはそれと
同じものでした。」とか言ってるな。まあ死んだ直後に批判するのも大人気無いハナシなんだが宮崎駿らしいといえなくもない。

宮崎駿の追悼文
http://netcity.or.jp/OTAKU/okada/library/books/otakugaku/No6.html#anchor1840406

宮崎駿「僕は手塚さんがひどい映像作品を作ったことに、ホッとしたのかも。太刀打ちできると」
http://warasoku.blog18.fc2.com/blog-entry-901.html
534 : 533 訂正 [sage] 2011/08/09(火) 00:37:00.96 ID:Zow+AcCs
誤「漫画は本妻、アニメは女房」--->正「漫画は本妻、アニメは愛人」
愛人にはいくらお金をつぎ込んでも惜しくないということらしい
535 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/09(火) 08:01:03.49 ID:p0WDd6Kl
でも、巨人の星は文句なく面白かったな。
ただ、大リーグボール2号の理論だと、ホームベース上で土煙が舞い上がっていなければならない筈なのに、スッと消えるのはおかしいと思ってたっけ。
また大リーグボール1号はバットをストライクゾーンに持っていけば打てるというのにワロタw
536 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/08/09(火) 09:49:25.41 ID:JM2ETylz
野球には興味がなかったし、故にひいきの球団もなかったが、
巨人の星のTVアニメは観ていたな。
何に魅かれていたのかな?
537 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/09(火) 12:50:07.45 ID:Zow+AcCs
梶原一騎が原作だし「巨人の星」はほとんど格闘技漫画だからな。
運動音痴で野球のルールもほとんど知らない自分でも楽しめた。
今でもスポーツは嫌いだけど格闘技は好きというのはオタクに多いらしいな。
自分も「刃牙」シリーズとか読み続けているし、小説だが夢枕獏の「餓狼伝」とか読んでいたな。
538 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/09(火) 13:07:09.01 ID:QC/6dsYw
巨人の星よりあしたのジョーの方が面白かった。
539 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/09(火) 20:16:48.74 ID:zAHSNuIY
京都大文字焼きでいつも思い出す漫画、でもタイトルは忘れた
作者は川崎のぼるで侍が大文字焼きを準備から火付けまで
一人で全部やって命尽きるってヤツだった
多分少年マガジンで読んで、以来一度も見かけていない
540 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/09(火) 20:25:32.01 ID:Zow+AcCs
>>539
小池一夫原作の「ムサシ」かなあ?
なんかそれっぽいシーンがあったような記憶があるが・・・
541 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/08/09(火) 20:25:36.91 ID:Qk5ZQO6Z
たぶん浪人丹兵衛だと思うが
542 : 540 [sage] 2011/08/09(火) 20:36:47.44 ID:Zow+AcCs
「ムサシ」じゃなくてこっちだった。
O・ヘンリーの最後の一葉みたいなハナシ

『浪人丹兵衛絶命』
http://www.begets.co.jp/tvmanga/review/05.html
543 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/09(火) 21:21:45.95 ID:zAHSNuIY
>>541-542
そうそう、これこれ♪そうか、一応単行本になっているのか

この頃は連載の他にこういう「読み切り漫画」が時々企画もの的に
雑誌に載ったんだよね。あと思い出すのはちばてつやの「蛍三七子」ってヤツ
・・・あの大人のキスシーンは衝撃だった
544 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/08/10(水) 20:06:51.91 ID:LTVqwYFt
吉田秋生「吉祥天女」

今はこういう美しくて怖い漫画が無いような。
545 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/08/13(土) 21:15:38.37 ID:HUQcS1cU
鉄人28号はテレビも面白かったけど漫画も面白かったなぁ。読んだ人、いる?
546 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/08/14(日) 08:44:50.17 ID:oy8K2aqy
【アニメ】劇場版『けいおん!』、舞台はイギリス
1 : ◆newsSM/aEE @きよたろーφφφ ★:2011/08/13(土) 17:09:21.50 ID:???
http://www.tbs.co.jp/anime/k-on/images/top_parts.jpg

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1313222961/l50
547 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/14(日) 09:10:57.40 ID:f5oiwP/h
どうせ誤爆かマルチレスだろうが50代で「けいおん」なんか見てる人いるのか?
動画サイトでハルヒを全部見た俺が言うのもなんだが
548 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/14(日) 09:56:08.61 ID:+L6MI7WX
「けいおん」は深夜にやっている頃に見ていたよ。
高校の文化部という感じで懐かしかったな。
549 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/14(日) 10:37:19.50 ID:f5oiwP/h
10代~30代の頃は最近死んだ小松左京とか筒井康隆を読んでいた程度のぬるいSFファンだったので
そのへんの興味からハルヒは見たんだが、どうも日常系というのはキャラに惚れ込むとかよっぽどのことがないと
進んで読んだり見たりする気が起きないんだよなあ。(「よつばと!」は面白いがそれでも何巻もまとめて読む気は起きない)

まあ、「けいおん」に関しては吾妻ひでおが批判していた記事を先に読んだのもあるが

吾妻ひでお「けいおん観た。空虚だ。何もない。作る方も観る方もそんなに現実イヤか?」
http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51518538.html
550 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/08/14(日) 12:45:32.53 ID:eUarh9w7
>>545
俺は物心つく頃から熱烈な鉄人28号好きだったと両親が言ってる
4,5才くらいの鉄人の玩具を抱きしめている古い古い白黒写真も残っている
漫画は連載時は知らないが貸本で読んだ記憶はある、けどやっぱアニメだな
551 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/14(日) 18:08:21.97 ID:vOl9mN9S
>>60
懐かしい
小学校6年の時に読んでたわ。
日本版ヒトラー
552 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/08/14(日) 19:01:48.76 ID:+rx0iuuA
白黒時代のモーレツあ太郎も見ていたが
けいおんも見てるぞ!
あずにゃんかわいいじゃなイカ!
553 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/15(月) 15:23:27.09 ID:UA3d1RlI
>>551
「ジャパッシュ」はあれだけ壮大なストーリーなのにたった2巻で終わりなんだよな。
もっともあの頃は長編ストーリーものでも何十巻もひっぱるような漫画ってあまりなかったな。
当時やたら長いと思ってた「巨人の星が」19巻、「あしたのジョー」が20巻だし。
554 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/21(日) 12:59:06.01 ID:z60WFECb
マカロニほうれんそう
すすめ!パイレーツ
555 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/21(日) 23:23:23.35 ID:G6VGBBWB
>>553
ジャパッシュ世界では何故か日本の自衛隊は欠陥戦車のM551を主力戦車にしている。
556 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/23(火) 18:07:19.93 ID:FFZ/rux8
>>555
そういえば第2時大戦以前の戦車でもないのに対戦車ライフル(この漫画で初めてそういう兵器があるのを知った)の銃撃一発で
炎上してたな。アルミ合金だったのか。
557 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/23(火) 23:14:54.31 ID:wtbjGnoz
>>556
たったの18tしか無い戦車だったからね。
まあ、装甲が薄かった事より、155mmのガンランチャーが駄作戦車になる最大の要因だったが。
558 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/25(木) 15:06:53.11 ID:lKybk+Wj
>>554
鴨川の「マカロニほうれん荘」はあの当時からどこが面白いのかさっぱりわからなかったな。
月刊に載った「ドラネコロック」のほうがまだギャグがわかりやすくて面白かった。
あの時分の周りのマンガ読みのあいだでは「この漫画の面白さがわからないやつは遅れていいる」みたいな雰囲気があって
それが鬱陶しかったのも一因だが。
559 : 【東電 74.0 %】 [sage] 2011/08/25(木) 17:41:42.28 ID:FLSwuR7H
「ジャパッシュ」レアな作品なのに
皆よく覚えてるな
15年ぐらい前、場末の古本屋で
単行本2冊発見した時は、狂気乱舞した。
560 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/25(木) 18:39:17.79 ID:xGI2IkZ1
俺の本棚の中にある「ジャパッシュ」を取り出して調べてみたら、
1999年3月15日初版発行(銀河出版)になっていた。全1冊。
古本ではなくて新刊書として購入したのは、今から4~5年前だよ。

昨今のリビア情勢を新聞ネット等で見ていると、「ゴルゴ13」の
「トリポリの埋葬」や「河豚の季節」を思い出す。どちらもカダフィ
大佐が登場するが、当時はそれなりにカッコ良かったオッサン
だったのに・・・。
561 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/25(木) 22:32:34.09 ID:J1uHHWV4
>>558
マカロニほうれん荘のギャグはちょっと衝撃的だったよ。
レッツラゴン位、前衛的なギャグだった。
どちらもオレは大好きだった。
562 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/25(木) 23:47:07.60 ID:lKybk+Wj
「レッツラゴン」は当時息が止まるくらい笑ったし「がきデカ」も大ファンだったし
新人で出てきた田村信とか新田たつお、小林よしのりの漫画も面白く読めたんだが
「マカロニ・・」だけはダメだったな。
それはともかく後年「消えたマンガ家」を読んで編集に潰されたのを知ったときは結構ショックだった。

秋田は吾妻ひでおも今だに色々恨んでるみたいだ
http://alfalfalfa.com/archives/1774754.html
563 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/26(金) 00:10:05.61 ID:azXUVdzj
マンガ家の権利を引き上げるんだ、と頑張ったのは白土三平。
当時は原稿すら雑誌社が保管(というか持っているだけだったが)していたのを、作者が保管できる様にさせたとか。
こういう事をしていたから、我々は今でも古い名作を読める。
564 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/08/30(火) 01:09:36.57 ID:oNnfOjc4
たかもちげん「祝福王」
565 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/30(火) 16:22:59.70 ID:Exr3eCSD
祝福王はオウムのサリン事件の2,3年前くらいに読んだな。
今はもうあれほどストレートに宗教をテーマにした漫画を一般誌に載せるのは無理だろうな。
566 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/08/30(火) 20:44:56.32 ID:Nl+eVzi0
オレはその頃に嵌っていたマンガは「国民クイズ」
面白かったな。
567 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/09/10(土) 22:53:48.78 ID:kE62CA7f
オレはその頃のモーニングってイヤだった。
「読むと元気になる」とか言うキャッチフレーズがイヤw
サラリーマンのカラ元気乙みたいな空虚なムードしか汲み取れない。

誰かまんが王を終刊まで読んでたヤツおらん?
568 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/09/12(月) 15:15:21.73 ID:yfcJxHvQ
まんが王は石森章太郎の「ボンボンの」連載開始くらいから何号か買ったけど親が小遣いくれなくなってそれっきり。
手塚の「魔神ガロン」とか平井和正・桑田次郎「超犬リープ」が載っていたような記憶があるが・・・
569 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/09/12(月) 16:21:30.09 ID:9aL/qKVH
えっ!リープまんが王なの?
♪ビルの~谷間の~暗闇に~
 あっやしく~光るぅ~二つの~目ぇ~
 リープだぼく~らの~超犬だ~

主題歌まだ覚えてるわ。けどサイボーグ虎のエピソードしか知らない。歌に載ってた「電撃の尾だ~」ってのもどんな武器か知らん。

まんが王は冒険王と平行して買ってたっけ。ちょうど坂井れんたろうの弟子が「ふつか酔いダンディー」始めた頃。
「ゴジラ対へドラ」のブロマイドが付録だったからS47年頃?
小沢さとると言えばサブマリンだろうが、おれ的には「マストマン・ケン」だったな。

永島慎二が賞取ったのもこの頃じゃないか?
サンデーでシリーズ青いカモメ「馬鹿狩り」を前後編で見て以来ファンになったっけ。
「はだしのブン」が始まったのはこの後だっけ?前?

そして山上たつひこもサンデーの「旅立て!ひらりん」とエロい読みきりで知った。
小坊主が縁の下から生ニンニク出して来てそれを一気食いして女に襲いかかるラストだった。
570 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/09/12(月) 21:58:01.83 ID:yfcJxHvQ
坂井れんたろうの弟子というと吾妻ひでおか。自分はサンデー連載の「ざ・色っぷる」が初見。
みなもと太郎の「ホモホモ7」のときも思ったけどなんか気取ったというかスカしたギャグ漫画だなあというのが第一印象。
山上たつひこはマガジンの「ふたりの救世主」ではじめて読んだ。
シリアスなSFからシュールなギャグに転換していったのも「旅立て!ひらりん」の連載中だったような
571 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/09/12(月) 21:59:41.45 ID:b+MTMLT6
>>570
山上たつひこは光る風がとても強烈な印象があったな。
572 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/09/12(月) 22:20:09.63 ID:yfcJxHvQ
強制収容所から汲み取り式便所の糞便の中を潜って脱走するシーンがトラウマ。
最後はやっぱり打ち切りっぽい終わり方だったような。
出島のミュータントとかも今となっては現実味を帯びてきたような気がする。
573 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/09/12(月) 22:37:03.21 ID:hhU2aC85
光る風で日本軍が殺し尽くす・焼き尽くす・奪い尽くすの三光作戦を行ったと出ていて
何で"光"の文字を使ったか不思議だったけど、"三光"が中国語で中国共産党の
プロパガンダだと知って納得した


574 : まんが王が好き [sage] 2011/09/13(火) 01:39:33.05 ID:v+WDFORe
「光る風」ったらマガジンか。おれは小学生だったからオトナのムードにはまだ近寄り難かったな。
サンコミックスのゴッツイ版で読んだよ。(ひっとらあ叔父さんと同じ版)

坂井ではなく板井だってw
色っぷるも知ってた、サンデーだもんな。じゃあ「ばら・さかき」って漫画家知ってる?4コマの人だけど小ギレイな絵で好きだった。
同じく「アップル・パイ」ってセクシーなオネエチャンの出て来るウエスタンがチョロッとだけ連載してたのを誰か覚えてない?
それとか今道英二のオネエチャンもキレイで好きだった。男二人とオネエチャンのロードムービーみたいなマンガ、なんつったっけ?
575 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/09/13(火) 18:41:13.93 ID:PYTJKBi4
>>574
当時のマガジンは「オトナのムード」というより新左翼とか全共闘世代の学生に支持された漫画雑誌だったな。
「右手に朝日ジャーナル、左手に少年マガジン」とか言われてた。
赤軍派よど号のっとり事件の「われわれはあしたのジョーである」声明文とか。

オトナのムードは親に隠れて読んでいたビッグコミックのゴルゴ13とか、石森章太郎の「009ノ1」、
松本零士の「セクサロイド」あたりだなあ。
576 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/09/13(火) 22:24:53.44 ID:givNwsIs
誰が買ったかしらないけど、何故か家には少年マガジンがよくあった。
親がオレの為に買ってくれてたのかも知れないけど、自分から買ってくれとねだった記憶がない。
577 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/09/24(土) 21:09:31.39 ID:qV6eGQxM
独身アパートどくだみ壮
578 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/09/27(火) 11:08:05.84 ID:H7C2VUeI
昔の漫画雑誌の表紙(70年代初頭の「オトナのムード」ぽかった頃の少年マガジンの表紙多数あり)

http://umashika-news.jp/archives/51927328.html
579 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2011/12/02(金) 01:23:42.08 ID:Ld7CRDS/
【訃報】「リトル巨人くん」「ザ・ウルトラマン」 漫画家・内山まもるさん死去
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1322750693/
580 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/12/08(木) 10:40:16.25 ID:+/xIKWFA
内田勝編集長の時代の少年マガジン黄金期は伝説。
581 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2011/12/24(土) 16:17:16.82 ID:m9cFnFy7

ウルトラジャンプ5月号を大掃除で片付けてどこに置いたか分からない

スティールボールラン最終回を見てない,単行本を買って来たので遂に最終回見れるぞっと
582 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/01/04(水) 18:46:09.69 ID:rJffNlAX
あけましておめでとう
583 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/01/08(日) 21:11:14.22 ID:uO9bIstM
トリガ
多少無理な設定だが、興味深い。
神奈川県トリガの結末は、それを出しちゃうのかと思った。
584 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/01/08(日) 23:26:17.21 ID:bgtyTAcu
エロ本、漫画ボン。
585 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/01/09(月) 01:11:14.86 ID:O3U67tgc
「高校生無頼控」って読んだ人いる?ブランコのシーンとか好きだったなぁ(´Д`)
586 : 名無しさん@お腹いっぱい。: : 2012/01/09(月) 01:21:54.57 ID:x3U/RBbl
>>585 最初は読み方解らなかった。
こうこうせいぶらいひかえ。映画も観ました。
夏純子さん?渡辺弥生さん?出てたかな?違ってる?
587 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [cccc] 2012/01/10(火) 02:36:09.25 ID:C02RemvS
こういう漫画を誰か知りませんか?

船長が船と共に海に沈む。何年か後に引き上げられた時、
骸骨(船長)の腹の辺りから金塊が出てくる。

貸本マンガかもしれません。非常に曖昧な記憶です。
作者と題名が知りたいのですが。
588 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/01/10(火) 09:05:24.16 ID:xqGqIxos
>>587
知恵袋が良いかも。
589 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/01/10(火) 15:09:11.73 ID:KTNUAjtE
>>587
ググッてみたけど、あなたが2008年に立てたスレしかヒットしなかったよ
レス全然ついてなかったけど。
と、言うことは50代板で聞いても無駄なんだよ
588の忠告通り「知恵袋」で聞くか60代あるいは漫画板しかないね
590 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [cccc] 2012/01/10(火) 23:46:56.36 ID:oaG2H8xn
>>588 >>589

レス、どうも。 参考になりました。

(2008年のスレ、ちょっと見てみたい気も・・・まったく憶えてないもので(^^:)
591 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/01/11(水) 00:24:09.42 ID:ETZy/wx7
>>585
中学のころ、友達の姉貴(!)が「~控」のファンで
たまに見せてもらったけど、強烈にコーフンしたな。
今となっては2~3のシーン覚えてるだけだが。
592 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/01/11(水) 07:11:27.93 ID:NMUleBrZ
>>590
昭和 漫画 船長 金塊 でググッたら出ると思う@2008年のスレ

もっと細かく入れたら探してる題名もわかるんじゃないかな~
わたしゃ好奇心で探してみたけど、根気無しなんでテキトー
特殊なワードがあればね~登場人物の名前とか
593 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/01/11(水) 11:07:41.19 ID:1djdDxC3
漫画本はだいぶ処分したけど、今も持ってるのは

サーキットの狼
赤いペガサス
エリア88
沈黙の艦隊
ゴン
リュウ
健太やります
バリバリ伝説
じゃじゃ馬グルーミンUP
め組の大吾

どれも たまに一気読みしたくなる。
594 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [cccc] 2012/01/11(水) 13:30:10.39 ID:0gMz9h3z
>>592

ありがとうございます。ググったら出て来ました。4年前の今頃の時期にスレ立ててました。
それから、漫画板に「あの漫画なんだった? 」
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1324664953/l50
というスレ在ったので書込みました。

検索中見かけたページ(50代後半~60歳代の人には多分懐かしいと思われる内容)です。
http://homepage3.nifty.com/kaihokei/zassi70.htm
595 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/01/11(水) 15:52:36.53 ID:NMUleBrZ
>>593
沈黙の艦隊
ゴン
バリバリ伝説

全部あるwけど沈黙~以外は置いたままだね

稲中卓球部
ブラックジャック
カムイ伝
柔道部物語
水滸伝

5年に一回位読むかもだけど処分したい、あしたのジョーのハードカバーも。
596 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/01/11(水) 16:10:41.92 ID:X6H+87AD
モニターで漫画読むのに違和感がなければ
処分する前に自炊代行業者にたのんでデジタル化すれば場所取らなくていいよ。

自分は漫画・小説閲覧専用にイイヤマの24インチVAモニタ(ピボット付90度回転可)を買った。
老眼で文庫本の小さい活字を読むのがきつくなってきたので重宝している。
597 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/01/11(水) 17:15:45.24 ID:NMUleBrZ
>>596
眼は大丈夫
処分もやぶさかではないし、置いておく場所もある、が、
売るにもブクオフでは評価されないだろうし、古紙にだすのも可哀相なんだ
思い入れなんだろうけれど、大事にしてくれる人に無料であげたい。
598 : 名無しさん@お腹出っ張る。 : 2012/01/11(水) 21:36:44.84 ID:Yx7pS53Y
「うしおととら」高校時代くらいから始まって、いろんな話があって
自分が就職し、子供ができ、家買ったら、今までの話が一気に伏線となって、
集約し、スピード感満点で、最終回まで一気だった!感動した。
「からくりサーカス」もよかった。
「月光なんとか」はわけわからん。
599 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/01/14(土) 21:40:17.30 ID:BoPXwzgc

ドラゴンボールだな,早く終わってくれと願ったよ

死んだら決着を見れないから
600 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/01/15(日) 07:10:42.28 ID:fp0fUi7S
>>597
ヤフオクに出せば?
マニアが高く買いますよ
601 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/01/15(日) 19:46:27.92 ID:tLN7IhLS
クローズ面白い
602 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/01/16(月) 13:02:41.47 ID:9358LMOr
最初のヤンキーというか不良が主人公の漫画って「ハリスの旋風」あたりかな?
主人公の石田国松は今の基準だと不良でもなんでもないが。

>>601
続編の「WORST」はヤンキー漫画というより集団抗争の描写ばかりで
東映の「仁義なき戦い」シリーズみたいな感じになってきている。
まあ惰性で読み続けているけど
603 : 581 [sage] 2012/01/16(月) 15:56:26.98 ID:1Yh1bQEr

スティールボールラン見終わった,これから8部を見る
604 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/01/16(月) 16:08:03.41 ID:ZSJevE4f
>>602
>「ハリスの旋風」あたりかな?

まぁ番長モノの先魁ではあったな。
605 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/01/16(月) 20:59:48.75 ID:JNuNHnr6
ハリスの旋風は、元気いい感じだったけど夕焼け番長は哀愁が漂っていたな。
606 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/01/16(月) 22:25:43.11 ID:y1gdrpfA
>>602
クローズはヤンキー漫画の傑作だと思う。

昔なら男一匹ガキ大将かな~
考えてみたら本宮はあの頃からサラ金まで
そのまんまの路線やね。
607 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/01/17(火) 08:54:54.49 ID:tTjanz99
なんといってもエイトマン。初めてファンレター出したのが桑田次郎さん。
608 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/01/17(火) 11:08:45.59 ID:lxgTafGm
「男一匹ガキ大将」は口の中に斜線を入れて「おんどりゃー!!」と叫ぶシーンが衝撃的だったなー。
たぶん戸川万吉の元ネタは司馬遼太郎の「俄-浪花遊侠伝」の明石屋万吉だな。
ガキ大将は少年院でのリンチ、俄は伝馬町での拷問 にそれぞれ耐えぬいて男を見せるところとか。

桑田次郎の描線はあの時代としてはオーパーツ並の美しさだったな。
あと女の子がやたらプロポーションが良くて可愛いかった。
あの頃は手塚や石森でさえも女の裸を書くと小島功の模倣みたいな絵だったから貴重な存在
609 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/01/17(火) 12:13:56.23 ID://hn/YCe
桑田次郎は「あらわし少年、月光仮面、まぼろし探偵、8マン、黄色い手袋X」などヒット作多し。
もっとフィーチャされても良い作家。
610 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/01/17(火) 13:16:47.55 ID:YsnIvzYm
8マンと鉄腕アトムは人格形成に影響を受けた
何だかんだ言っても人間は素晴らしいと教えてくれた
611 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/01/17(火) 14:17:25.13 ID:1fICiIEr
エイトマン放映してた頃はまだ物心がついてなかったが、

桑田次郎は平井和正と仲のいい漫画家で拳銃不法所持で逮捕されたとか、
主人公の名前が東maxのお父さんと同じだとか、
超小型原子炉を冷却するためにタバコ型の強化剤を吸ってたとか、
主題歌を歌ってた克美茂が殺人で逮捕されたとか、

メタな知識はありますw

桑田次郎さんの描く女性はみんな顎のラインが綺麗な瓜実顔ですよね。
612 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/01/17(火) 14:39:54.88 ID://hn/YCe
桑田次郎は13歳でデビュー。若くして人気漫画家になったので結構金遣いの荒い生活を
したそうですな。40代で身を引くもその後は宗教色の強い漫画を描いていたとか。
613 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/01/17(火) 15:48:11.79 ID:lxgTafGm
アニメ版エイトマンのスポンサーは当時「のりたま」で知られていた丸美屋食品工業。
タイアップ商品の「エイトマンふりかけ」なんてのもあったな。
614 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/01/18(水) 06:48:09.62 ID:mdmLEX4Q

ジョジョリオン1話ウルトラジャンプ01年6月号見終わった

2話見ている
615 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/01/19(木) 21:45:16.57 ID:mzY+2hnL
(´・ω・`) 別冊少年マガジン名物の「なんと孫六」が休載中とは寂しいがな
616 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/01/19(木) 22:23:15.98 ID:9A7fZhlx
月刊少年マガジンだな。
この雑誌はオヤジ向けの漫画が多くていいな。
最近のアニメ絵のオタクっぽい漫画に多いのだがコマ運びに少女漫画の文法が取り入れられてるせいか
俺みたいな昔の人間にはどうも読みにくい作品が増えてきた印象があるんだよなあ。
小説でたとえると翻訳小説みたいな感じでいちいち咀嚼しないと頭に入らない。
その点川原正敏とか沢田ひろふみやさだやす圭の漫画は何も考えずに読めるからいい。
617 : 名無しさん@お腹出っ張る。 : 2012/01/21(土) 11:02:18.76 ID:7g5hx3wV
永井豪の「おもらい君」がキョーレツだったな。
怪物からお腹食べられた時、おもらい君が「あっそこ全部アカね!」
のシーンとかわいい女の子、ものすごい便秘になってたのが、一気に
もれだしてロケット噴射みたいになったシーンをいまだに覚えている。
まあ差別的表現があったのか、いまだに見ない。

大人になった今もう一度読んでみたいな。
618 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/01/21(土) 11:08:25.77 ID:RQ8wVynB
やりますな
619 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/01/21(土) 21:11:06.52 ID:e7ZmCRr1
>>616
川原正敏のパラダイス学園ではお世話になりました
でも漫画では永井豪かな
620 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/01/21(土) 21:35:43.38 ID:si7lQKON
>>617
分津マリーね。耐下痢テストは強烈だったから今でも覚えている。
621 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/01/27(金) 20:44:31.84 ID:taR1IjnD
「男一匹ガキ大将」面白かったな、読み返したくなった
本棚の奥の方に眠っているはずなんだが取り出すのがめんどくさいw

ペルシャ湾に散った名古屋の番長が格好良かったんだよなあ
川端・・・だったっけ?

本宮は早く連載を終わらせたかったんだけど編集がそれを許さなかったんだよね
その後もジャンプで延々と繰り返された悲劇のまさにさきがけw
622 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/01/27(金) 21:02:25.42 ID:taR1IjnD
当時は万吉一家二十八人衆を覚えていたものだがw
すっかり忘れてしまったな
出雲のチビが好きだったなあ、そう言えば
綱村鉄次が材木の下敷きになって死ぬシーンは凄かったよね

戸川万吉というキャラは成長スピードが凄すぎて、ついて行く子分達が
片っ端から置いてきぼりにされてしまうというのが凄く新鮮な面白さだった
片目の銀次なんて序盤以外ほとんど無用の存在だったのが哀しい・・・

623 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/01/28(土) 00:52:39.49 ID:65r6mEIz
>>621
その本宮が大真面目に政党の党首と対談する、政界を取り上げた漫画があったね。
当時あまり人気が無く、不評ですぐ連載が終わったような記憶があるが。
何故か今、読み返してみたいと思うけど、すぐ終わったから多分単行本も出てないだろう。
あの漫画、何だったかな?
624 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/01/28(土) 02:24:04.77 ID:zfo3lOR7
>>623

やぶれかぶれ
作者本人が主人公のキャラクターとなって、政治家を目指してさまざまな人に出会い、
それらの出来事を漫画化した作品。 もともとは、
本宮ひろ志が参議院選挙に立候補し、その体験を漫画にする計画であった。
625 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/01/28(土) 05:20:22.06 ID:40ns4V/e
>>623
>>397
626 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/01/28(土) 13:37:44.79 ID:SH6lQ0VG
万吉一家二十八人衆ってググっても出てこないなあ
誰か知らない?
北海道のジャコ万、東北の堀田なんとか、山陰の山崎、名古屋の川端
土佐源、九州の菊村、炎三兄弟

あと一の子分ラッパ、片目の銀次、饅頭屋藤助、綱村鉄次でまだ13人か
忘れちゃうもんだなw
627 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/01/29(日) 22:59:38.74 ID:bLvFxSeX
がんばれ元気は今見てもなける
628 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/02/01(水) 01:02:20.18 ID:fsb7IY59
誰も知らないだろう、西谷祥子?『マリー・ルウ』『エレノア』中世の長いスカート書き方を練習したもんだ。
629 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/02/01(水) 13:13:49.15 ID:/w6AS/5/
トイレット博士 マタンキ����!!
630 : 【東電 81.7 %】 [sage] 2012/02/01(水) 13:20:56.19 ID:v49ACLLs
>>626
>万吉一家二十八人衆
http://www.acidmothers.com/Cgi-bin/magz/jt/jt094/
最古参の「ラッパ」を筆頭に、自称一番の子分「片目の銀次(久保銀次)」、
万吉の故郷西海の元番長にして村長の息子「林山ゴン造」
同じく故郷西海第三中学の番長「村田」、隣町にある東栄中学の番長「松川幸太郎」、
九州の総元じめ「菊村大助」、
菊村の懐刀でありペルシャ湾の一件で玉砕する「炎三兄弟(岡村一郎・次郎・三郎)」、
同じくペルシャ湾にて玉砕した土佐の大番長「土佐の源蔵(荒井源蔵)」、
土佐の一匹狼「まんじゅう屋藤助」、自称勇気あるさすらい人「どんごろすのジェンマ」、
山陰の死神こと「山崎」、
特等少年院時代万吉と一緒だった「ヘルス(須永博)」と特少三室部屋長「島田鉄造」、
ペルシャ湾で非業の死を遂げる北海道の「ジャコ万の健」、
同じくペルシャ湾で爆死する名古屋の「川畑善明」、北陸のきちがい「神島虎八」、
中部の「熊坂玉樹」、義理と人情を重んずる関東の「大島光克」、
東北の三羽がらすこと青森の「水津良」、新潟の「水島佐吉」、仙台の「加賀正吾」、
東北の実力者「堀田石松」、天才的頭脳を持つ双生児の弟「ドクター佐々木(佐々木雄二)」、
日本経済界の生き字引「便利屋三吉」、
相場の世界から忽然と消え乞食の頭になった軍師「坊谷津光五郎(坊屋津光五郎)」、
そして万吉を守り身替わりとなって死んだ「綱村鉄次」の計28人。
しかし北海道独立事件の際、久々にペルシャ湾の一件以来集結した28人衆は
「ずいぶんへったな。今ここにいるのは十八人。」と描かれており、
ペルシャ湾で死んだ6人、裏切ったドクター佐々木、
失踪した坊谷津光五郎と三吉、28人が揃った時に既に死んでいた綱村の計8名を差し引くと確かに18名であるが、北海道独立事件の最中、新たに特少総部屋長鬼頭政次の弟「鬼頭(弟)」が加わったと思われる。
631 : 626 : 2012/02/01(水) 21:20:02.61 ID:p3frrwFv
>>630 キタ━(゚∀゚)━! サンクス、調べてくれて嬉しいぜ
でも「ドクター佐々木」「ヘルス」と「坊谷津光五郎」だけは
「あーそうそう、居たなあ」と思い出したけどね他のは
全然覚えていなかったww
632 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/01(水) 21:26:55.52 ID:p3frrwFv
>>628 
西谷祥子は50代なら知っている人は多いだろw
ちなみに「マリー・ルウ」なら持っているぞ
633 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/02/05(日) 02:18:42.81 ID:q/5KCB0M
佐武と市捕物控のファンは・・・・・・・・居ないのね(ショボーン)

自分はあの作品が、石ノ森さんの最高傑作(のひとつ)と思ってるんだが
634 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/05(日) 16:37:50.01 ID:Jfj3XDbJ
「あしたのジョー」
ホセ・メンドーサ戦で判定負けをし、灰のように真っ白に燃え尽き、
生きているのか死んだのか分からんラストシーンは印象的。
よど号ハイジャック事件犯人グループが「われわれは明日のジョーである」
と声明を出したのには、正直不愉快だった。

「がんばれ元気」
関拳児戦に勝ち世界チャンピオンにつくが、ジム会長の厚意により即引退し、
祖父母のもとへと駆けてゆくラストシーンが、個人的に最も好きな漫画。

「リングにかけろ」
途中から路線を変更して、人気は急上昇したが、俺は大嫌いな漫画。

「はじめの一歩」
最初は本格的ボクシング漫画だと期待していたし、りっぱなオッサンになった
今でも、それなりに楽しく読んでいる。
だが、連載開始から23年も経つのに、未だに世界戦(リカルド・マルチネス戦)
どころか、ライバルである宮田一郎との戦もやっていない。
内容も無理に話を引き延ばして冗長気味。しかも作者取材の為と称して休載が頻繁。
どうやって幕引きを図るのか、不安が残る。
635 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/02/05(日) 18:34:01.31 ID:HbtNQ117
ちばてつやは明日のジョー以前に「魚屋チャンピオン」というボクシング漫画を
描いている。主人公は下町の魚屋で働く矢吹ジョーをほうふつとさせる少年。
ちなみに少年マガジンの読切りで「走れジョー」という題名の漫画があった。
これはマラソンが題材としたものだが、主人公の名前がジョーという因縁性。
636 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/02/05(日) 18:38:47.69 ID:HbtNQ117
サイトにあった・・・

魚屋チャンピオン
http://chibapro.co.jp/?tbl=work&id=36

走れジョー
http://chibapro.co.jp/?tbl=work&id=43
637 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/02/05(日) 18:42:33.58 ID:HbtNQ117
>>635
>ちなみに少年マガジンの読切りで

すまそ。サイトによると少年サンデーの別冊でした・・・
昔のことってかなり思い込みやうろおぼえが多いな。
638 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/02/08(水) 00:17:43.55 ID:oFQo8v2N
司馬の”竜馬がゆく”より”おーい!竜馬”だよな
639 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/02/08(水) 21:48:00.24 ID:Wcz58Luc
それまでは単発でしか買ってもらえなかった週刊漫画雑誌を、連続して買ってもらえる
ようになったのが1965年である。それから数年、私はどっぷり少年サンデー派になった。
時々少年マガジンも読んでいた記憶があるので、多分読み終わったのを友人と交換して
いたのだろう。当時の連載は記憶によると、

少年サンデー
伊賀の影丸(横山光輝)オバケのQ太郎(藤子不二雄)サブマリン707(小澤さとる)
スーパージェッター(久松文雄)ブラック団(つのだじろう)ミラクルA(貝塚ひろし)
W3(ワンダー・スリー)(手塚治虫)
少年マガジン
黒い秘密兵器 (一峰大二)墓場の鬼太郎(ゲゲゲの鬼太郎)(水木しげる)
となりのたまげ太くん (石森章太郎) ハリスの旋風 (ちばてつや)丸出だめ夫 (森田拳次)
W3(ワンダー・スリー) (手塚治虫)

W3がマガジンとサンデーの両方に記載されているのが奇異に思うかもしれない。
当時マガジンで連載が始まって数週で終了し、改めてサンデーで連載が始まった記憶があるが、
長い間不思議に思っていた。ある時検索をしていて、その謎が解けた。
後にW3事件と呼ばれる事件があったらしい。
640 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/02/09(木) 09:45:16.53 ID:ocSmFIVa
少年キングの連載漫画も知っている人いたらヨロシク。
641 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/09(木) 15:19:34.61 ID:nlNd5NfD
>>639
>W3がマガジンとサンデーの両方に記載されているのが奇異に思うかもしれない。
>当時マガジンで連載が始まって数週で終了し、改めてサンデーで連載が始まった記憶があるが、
>長い間不思議に思っていた。ある時検索をしていて、その謎が解けた。
>後にW3事件と呼ばれる事件があったらしい。

企画漏洩の疑いをかけられた豊田有恒さんはよほど悔しかったらしく、
自分は犯人じゃないって、いろんなところに書いてますよね。

もしそういう企画漏れがあったとしても、
それは虫プロの情報管理が不十分だったからで、
連載を打ち切られた上、ライバル誌に新しく連載を始められた
マガジンはいい迷惑で、今だったら裁判沙汰になってたかもしれません。

私は幼かったので、アニメの方しか知らないし、
裏でやってたウルトラQを見てたので、あまり見てなかったんですけどね。
642 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/09(木) 16:14:06.91 ID:+tLwAdRc
W3事件で手塚御大がマガジンと絶交状態
      ↓
他のトキワ荘グループの漫画家も手塚への遠慮からマガジン編集部と疎遠に
      ↓
マガジン編集部は対抗策として大阪貸本劇画系の川崎のぼる、さいとう・たかを、影丸譲也らの漫画を載せ始める
      ↓
さらに編集じたいが主体となって梶原一騎など原作者をひっばってきて漫画家に作画させるシステムをはじめる
      ↓
「巨人の星」や「あしたのジョー」が大ヒット。社会現象に。
さらに大学生が漫画を読むのが当たり前の時代となり、「右手に朝日ジャーナル左手に少年マガジン」と言われるようになる。

そういえば「天才バカボン」引きぬき事件なんてのもあったな
643 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/09(木) 20:41:55.23 ID:HgPnUwlv
>>639
俺だ・・・まるで俺が知らない内に書き込んだかと思えるくらい
100%完璧に俺と同じだ!
アンタと実生活で出逢えたらさぞ話が弾むだろうなあw
644 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/09(木) 21:08:21.29 ID:OL7TD5BL
アストロ球団
750ライダー
一球さん
あぶさん
645 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/09(木) 21:53:26.17 ID:PYyQACq4
>>639
マガジン
「ハリス無段」
サンデー
「おそ松くん」
オリンピック頃には、1日10円の小遣いをためて、マガジンやサンデーを買い始めていたはずなのに、
親父の都合で田舎に引っ越して、小学校校区に一軒の本屋もなかった。
サンデーマガジンの週刊誌から、「少年」や「少年ブック」の月刊誌へと戻っていった。
時代に逆行する変わった例だな、おれは。
駄菓子屋の店先に雑誌のスタンドが置かれるようになる頃には、ジャンプやチャンピオンの時代になっていた。
646 : 639 [sage] 2012/02/09(木) 22:15:11.32 ID:t25GzEF2
>>643
それはそれは、どうも~w
実際の私は、昭和40年代中頃、手塚漫画の不振と共にサンデー・マガジンを卒業しました。
再び少年サンデーに戻ったのは、「六三四の剣」(村上もとか)が連載されたときです。

>>641
その後、大学時代は偶然にも豊田有恒のSF小説に夢中になりました。
「モンゴルの残光」「退魔戦記」など、ヴィンス・エベレットが活躍するタイムパトロールものに
夢中になりました。
そういえばエッセーか何かで、手塚治虫に怒鳴られて虫プロを辞めることになった、という話を
読んだ覚えがあります。

>>642
私の数年先輩の世代から、大学生になっても、社会人になっても、漫画を読むのが普通のことに
なりましたね。因みに、634は私ですw
647 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/09(木) 22:21:24.59 ID:OL7TD5BL
ちなみに今はまってるのは
キングダム
クレイモア
修羅の門
カペタ
ジャイアントキリング
648 : 639 : 2012/02/09(木) 22:27:23.17 ID:t25GzEF2
>>645
「1日10円の小遣いをためて」ということは、私とほぼ同世代ですかね。
ジャンプは創刊初期は、確か隔週だったと思います。「男一匹ガキ大将」(本宮ひろ志)は
斬新で面白い漫画でした。
649 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/09(木) 22:27:24.91 ID:jE6t5IHV
>>642
手塚治虫はマガジンに「三つ目がとおる」を連載したよね。
その頃和解したのかな?

少年マガジンには影丸譲也の「ワル」というのが連載されていて
「そういえば俺に付け文した女がいたな」というセリフを読んで
「付け文」って何だろうと辞書で検索した記憶がある。
650 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/02/09(木) 23:09:44.30 ID:ocSmFIVa
少年キング
『週刊少年キング』(しゅうかん しょうねんキング)は、
少年画報社が発行した週刊漫画雑誌。1963年7月8日に創刊されて、
1982年4月に休刊。同年に月2回刊の『少年KING』として復刊したが、
1988年に再び休刊した。
先行する『週刊少年サンデー』『週刊少年マガジン』に部数が奪われていた
月刊誌『少年画報』の週刊誌版という位置付けだった。創刊号の掲載作品は、
『少年画報』で「0戦太郎」を連載して好評を博していた辻なおきの『0戦はやと』、
吉田竜夫の『少年忍者部隊月光』、望月三起也の『ハヤブサ』、堀江卓の『忍者シデン』、
森田拳次の『おんぼろ記者ポッポー』など、その多くが『少年画報』の執筆メンバーである。
創刊直後から手塚治虫や、石ノ森章太郎・藤子不二雄ら人気漫画家が勢揃いした
トキワ荘グループを積極的に起用し、さらにはテレビ化もされた梶原一騎の『柔道一直線』
『赤き血のイレブン』、藤子不二雄Aの『フータくん』、『怪物くん』、つのだじろうの
『忍者あわて丸』(『ピュンピュン丸』)、梅本さちおの『アパッチ野球軍』等のヒット作に
恵まれた事もあって、創刊時には25万部だった発行部数が、70万部を最高に、1970年代半ば
には45万部から60万部弱に達した。1970年代半ば頃のヒット作は、望月三起也の『ワイルド7』、楳図かずおの『猫目小僧』、荘司としおの『サイクル野郎』、日大健児の『ドッキリ仮面』、つのだじろうの『5五の龍』が挙げられる。

しかし、マンガ人口が増加した時代にあって、他誌が急成長して150万部以上を売り上げる中、
部数的に引き離された。加えて、ライバル誌だった『週刊少年チャンピオン』が『ドカベン』
(水島新司)『ブラック・ジャック』(手塚治虫)『がきデカ』(山上たつひこ)と1970年代半ばに
大ヒットを連発して大躍進。200万部以上を売り上げ、『週刊少年ジャンプ』を抑えて、
一躍少年漫画誌のトップに登りつめる。

「少年キング」でデビューを飾った作家には、小池一夫、池上遼一、北見けんいち、神戸さくみ、
五十嵐浩一、巻来功士らがいる。
651 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/09(木) 23:36:54.95 ID:+tLwAdRc
>>649
「三つ目がとおる」は1974年だしW3事件から9年も経っている。
前年に虫プロも倒産し、手塚自身もそれまで人気低迷が続き既に過去の大作家扱いをされていた。
同時期にチャンピオンで「ブラックジャック」連載がはじまりこれと三つ目がとおるのヒットでやっと人気低迷から抜け出し復活をとげることになる。

652 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/12(日) 15:59:26.12 ID:viNK+3EH




【サッカー/ブンデス】ドルトムント香川真司、今季7ゴール目は決勝点!レバークーゼンを下し首位キープ、5連勝の立役者に★5



http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1329023152/





653 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/17(金) 20:33:46.56 ID:cPTCfPJk
>>650
少年キング時々買ってたな。
「ワイルド7」や「サイクル野郎」にはあまり興味無かったが、
「アパッチ野球軍」「ドッキリ仮面」日野日出志の読みきりとか、
ジョージ秋山とかが面白かった。
80年代は「まんが道」が読みたくて毎週買っていたが、
休刊になってがっかりしたなあ・・・
654 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/02/17(金) 20:51:42.90 ID:W1Ci13ph
柔道一直線
原作 梶原一騎
作画 永島慎二→斎藤ゆずる
出版社 少年画報社
掲載誌 週刊少年キング

『柔道一直線』(じゅうどういっちょくせん)は、原作:梶原一騎、作画:永島慎二・斎藤ゆずる
による日本の劇画漫画、および、それを原作としたテレビドラマ。『週刊少年キング』(少年画報社)
誌上に1967年から1971年まで連載された。
655 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/18(土) 12:37:30.69 ID:iBjFYiA+
「僕はビートルズ」の連載が終わったね。

本当に最近は漫画を買わなくなった。
定期的に単行本を買っているのは渡辺多恵子の「風光る」、「美味しんぼ」位になってしまった。
656 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/19(日) 19:24:30.14 ID:2TF6vRTB
永島慎二は巨匠と言って良い大作家だと思うが
俺が強烈に覚えているのは「はないちもんめ」という読み切り作品
手塚治虫が数々の名作を輩出して一世を風靡した時代背景の中
ガキ大将達がメンコで一世一代の大勝負する短編

単行本になっているのかどうかも知らないが何十年経っても忘れられない
657 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/20(月) 16:02:29.39 ID:FD39+LGC
永島慎二は「漫画家残酷物語」だろ
あとNHKで森本レオ主演でドラマ化(銀河テレビ小説「黄色い涙」)された「若者たち」

http://www.youtube.com/watch?v=bnid7StutQs
YouTubeサムネイル[bnid7StutQs] - 1枚目YouTubeサムネイル[bnid7StutQs] - 2枚目YouTubeサムネイル[bnid7StutQs] - 3枚目
658 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/21(火) 00:04:45.61 ID:/Jr3Mk8N
>>656
青林堂でハードカバーが出てたんだよ
http://www9.plala.or.jp/keisho/naga-shokai.html
そのあとサンコミックスでも単行本が出てたかな
オレ的には永島慎二の最高傑作は「フーテン」だね
659 : 656 [sage] 2012/02/21(火) 19:37:13.40 ID:QbiNCiHS
永島慎二一連の代表作はみんな「GARO」じゃん
あれ、オイラにとっては馴染みが無いんだよね
オイラ1959生まれだから60年代は完璧小学生で
少年サンデーに夢中だったんだよ

「花いちもんめ」はサンデーか別冊サンデーに載ったと思う
660 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/21(火) 19:42:03.08 ID:QbiNCiHS
少年キングの「柔道一直線」は連載では読めなかったが
駄菓子屋の貸本で読んだな
「大噴火投げ」ってのが一番笑えたよねw

661 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/21(火) 19:44:44.92 ID:QbiNCiHS
永島慎二はとにかく絵が洗練されていて抜群に上手かったな
それこそ柔道一直線が途中で別の人に変わったんだけど
その落差は子供心にも落胆したもんだった
それだけ永島慎二の絵が素晴らしすぎたんだろうけどね
後を継がされた人が気の毒ってレベルw
662 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/02/21(火) 20:08:17.03 ID:zEUkqgSk
永島 慎二(1937年7月8日 – 2005年6月10日)は、
中学生時代から漫画家になることを決意し、中学校中退後、
新聞配達や豆腐売りの仕事をしながら漫画を描き、1952年
『さんしょのピリちゃん』で漫画家デビュー。
『トキワ荘』に出入りするようになり手塚治虫の面識を得て、
手塚のアシスタントとなる。

その後、同じ国分寺に住まっていた、辰巳ヨシヒロ、さいとう・たかをや
「劇画工房」のメンバーと交際。
「劇画工房」分裂後は「さいとうプロダクション」に入社し、絵柄が劇画風に変わる。
また、新宿でフーテン生活を経験。

1961年に発表した『漫画家残酷物語』は、漫画業界の裏側に迫った作品で、
永島の出世作となった。
COMやガロなどの漫画誌に数々の作品を発表し、独特の画風で“青年漫画の教祖”
と呼ばれるようになった。
また、1964年から1966年までは虫プロダクションに所属しており、テレビアニメ『
ジャングル大帝』などで主に演出を担当した。

1980年代以降、漫画家としては半隠居状態で2005年6月10日、慢性心不全のため死去。享年67。
1970年前後に活動した日本のロックバンドはっぴいえんどの作品の世界観に大きく影響を与えている。

また、絵の修行の為にアメリカに渡った事もあり(その際に連載途中であった「柔道一直線」の
執筆を途中放棄する形となっている)
663 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/21(火) 20:20:11.40 ID:+zPUnUAa
作者が途中で交替した原因は何だったんだろう?
「赤き血のイレブン」も最後の方で園田光慶から
ド下手な絵に変わってビックリした記憶がある。
かざま鋭二の相撲漫画が気に入ってたんだが
すぐに作画が変わって萎えた事もあったな・・・
664 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/02/21(火) 20:36:48.27 ID:zEUkqgSk
古くは『赤胴鈴之助』の作画の福井英一(急死)から
武内つなよしに替わったけど、武内の印象が強い。
665 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/02/21(火) 20:42:30.95 ID:zEUkqgSk
しかも福井 英一自身が1949年、急死した井上一雄の『バット君』(『漫画少年』)の
その書き直し役として商業デビューを果たす。
1951年から『冒険王』に連載した柔道漫画『イガグリくん』で人気を得るが、『銀の鈴』に
連載していた『よわむし鈴之助』を基に、『少年画報』に『赤胴鈴之助』の第1回目を描いて
過労のため急逝。絶大な人気で日本漫画史に足跡を残したが、職業漫画家としては実働僅か5年に
終わっている。

絶筆となった『赤胴鈴之助』はそのまま打ち切りにしてしまうのはあまりにも勿体ないという
編集部の判断で、新人漫画家・武内つなよしに引き継がれる。

手塚治虫とはライバルであり、同時に対立関係にあったが、手塚が書いた作品は全て所有していた。
手塚自身も自伝『ぼくはマンガ家』(1969年、毎日新聞社)で「福井氏の筆勢を嫉んでいた」と
書いている。また同書では福井の死に際し「ああ、ホッとした」という感慨を抱き、後で自己嫌悪に
陥ったとも記している。
666 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/22(水) 05:15:45.61 ID:uAMLKi3f
>>663
「赤き血のイレブン」も「柔道一直線」も原作者が梶原一騎。
「空手バカ一代」もつのだじろうから影丸譲也に変わっている。
(つのだはかつて自身の公式サイトで『空手バカ一代』について触れ、「いつまで経っても原作の原稿が届かない、こんな状況で仕事ができるわけないだろう!」と不満をぶちまけていたこともある。
公式サイト内の該当テキストは既に削除されている。)
『月刊少年マガジン』副編集長への傷害事件で逮捕されるまでオモテに出てる事件だけでもつのだじろう監禁事件、アントニオ猪木監禁事件、赤坂のクラブホステスに対する暴行未遂事件、
ゴジン・カーンから10万円を脅し取った事といろいろあったらしいから連載中に漫画家側が精神的苦痛を強いられるようなことがたびたびあったのは容易に想像できる。
梶原も自分の娘が誘拐惨殺されたのは同情するが・・・
667 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/02/22(水) 08:35:49.46 ID:P7TCQip2
梶原一騎原作漫画

* チャンピオン太(絵:吉田竜夫)
* 空手バカ一代(絵:つのだじろう・影丸穣也)
* ボディガード牙(絵:中城健)
* タイガーマスク(絵:辻なおき)
* タイガーマスク二世(絵:宮田淳一)
* 悪役ブルース(絵:峰岸とおる)
* 新戦艦大和(絵:団鉄也)
* 巨人の星(絵:川崎のぼる)
* 赤き血のイレブン(絵:園田光慶)
* 朝日の恋人(絵:かざま鋭二)
* 愛と誠(絵:ながやす巧)
* おとこ道(絵:矢口高雄)
* 侍ジャイアンツ(絵:井上コオ)
* あしたのジョー(高森名義・絵:ちばてつや)
* 夕やけ番長(絵:荘司としお)
* 四角いジャングル(絵:中城健)
* ジャイアント台風(高森名義・絵:辻なおき)
* 紅の挑戦者(高森名義・絵:中城健)
* プロレススーパースター列伝(絵:原田久仁信)
* カラテ地獄変(絵:中城健)
* 新カラテ地獄変(絵:中城健)
* キックの鬼(絵:中城健)
* 柔道一直線(絵:永島慎二)
* 男の星座(絵:原田久仁信)
* 人間兇器(絵:中野喜雄)
* 恋人岬(絵:牧美也子)
* 柔道讃歌(絵:貝塚ひろし)
* 甲子園の土(絵:一峰大二)
* ゴッドアーム(絵:桑田次郎)

668 : 663 [sage] 2012/02/23(木) 10:51:37.15 ID:fWN9gIKr
検索してみたらこんなのが出て来て、1つ解決した。

「そうですねぇ、少年キングに『がっぷ力』という相撲漫画連載してた、
かざま鋭二先生が、梶原一騎先生原作の『火乃家の兄弟』描くために
少年マガジンに引き抜かれて、いきなり作者が替わったことありますね。」

梶原一騎が強引に引き抜いたのかな?
まあ少年キングで描くより、原稿料とか注目度とか全然違うだろうが、
本当にがっかりした記憶がある。
おまけに「火乃家の~」は、あまり面白くなかった記憶が・・・
669 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/23(木) 12:30:17.64 ID:kIF6xDGc
「火乃家の兄弟」は戦後編になって明らかに作者のやる気が無くなって行きあたりばったりの展開になって自然消滅という印象。
670 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/02/23(木) 12:47:27.89 ID:LQ7e9dtU
梶原は在日かと思ったがそうでもないんだよな
671 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/23(木) 13:47:47.31 ID:kIF6xDGc
梶原一騎は自らの出生を偽っていた事は有名で、「昭和9年、熊本生まれ」と自称し続けた。
熊本に高森城という城があり、自分のルーツは熊本の豪族・高森氏であると言い張り、しかも酒の席では「熊本へ疎開で行ったとき、町の人たちが次々にお辞儀をしてきた」という具合に
出生に関してはホラさえ吹いていたと思われる。確かに三代ほど遡ると熊本出身であるが、実像の梶原一騎は昭和11年、台東区浅草の木賃宿で教師の長男として生まれている。
また、教護院に世話になり、実は高等学校さえ出ていないという。
チェーホフを語り、太宰を語り、「石原慎太郎・裕次郎の石原兄弟のようになりたい」と水商売をしながら小説家を目指していたとされる。
(後に水商売がアダとなり、蒲田界隈の地元ヤクザに対して殴りこみをかけるほどの無頼漢になるが、それでも梶原一騎の夢は文豪になる事であったという。)
(中略)
元々、梶原一騎は小説家志望であったが、ある編集者に「昭和の佐藤紅緑にならないか」と声をかけられて少年漫画の原作を手掛けることになったという。

ttp://blog.livedoor.jp/ussyassya/archives/51741002.html

佐藤紅緑
本人の意に反して執筆する事となった「少年小説」の分野で昭和初期に圧倒的な支持を受け、「少年小説の第一人者」として知られる。
代表作は「あゝ玉杯に花うけて」「少年讃歌」「英雄行進曲」など
672 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/02/23(木) 16:17:38.36 ID:LQ7e9dtU
三島由紀夫に言わせると、戦前、少年小説の読み手には二つのタイプがあり、
立身出世を夢見る地方の少年は佐藤紅緑を愛読した。少年小説は不良息子だった
サトウハチローに読ませるために書いたともいわれている。
いう。ちなみに小説家の左藤愛子は佐藤紅緑、女優の三笠万里子の次女として
生まれる。サトウハチローは異母兄。
673 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/02/23(木) 18:27:34.91 ID:98fv1cPc
サインはV!にはまりましたね。
テレビも良かったけれど、私は劇画派。
望月あきらの絵は上手かった。
稲妻おとしにエックス攻撃
ジュンが絶命するシーンは涙なしには読めませんでした(笑
674 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/23(木) 21:59:51.00 ID:NK2SkqlN
今、連載されている漫画なら面白そうなのは宇宙兄弟くらいかなあ。
675 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/23(木) 22:39:39.75 ID:TOAeGvlF
おらぁ グズラだど みんな元気にやってるかだど
676 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/24(金) 07:27:39.01 ID:meA5c2/Y
笑い目で泣く、笑い目で怒るという手法の元祖は板井れんたろうらしいな。
吾妻ひでおや高橋留美子がよく使ってポピュラーになったらしい。

(^^;)   (^--^#)ムム  <-こういった顔文字もその流れだな。
677 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/24(金) 07:51:16.70 ID:lqIPsOSz
既出ならすいません。まあ、ここの住人なら常識かな。「漫画の事件簿」漫画への愛が伝わってくるような。
678 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/02/24(金) 08:59:44.13 ID:uJo541eQ
>>676
>板井れんたろうらしいな。
懐かしい名前が出たな。たしか代表作は「ポテト大将」だったかな。
679 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/24(金) 19:52:09.26 ID:YkQH2VHZ
ぼくヤダモン
680 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/24(金) 20:57:56.37 ID:LHTenCiu
自分は冒険王を買っていたので、
板井れんたろうと言えば「ドタマジン太」だな。
好きな漫画は「魔神バンダー」と「スペクトルマン」だった。

他には梶原一騎の「虹を呼ぶ拳」とか「夕焼け番長」
真樹日佐夫「プロレス悪役シリーズ」が懐かしい~
681 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/24(金) 22:33:53.55 ID:6QiWw+kb
>>676
吾妻ひでおは坂井れんたろうのアシだったからね。
682 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/25(土) 20:57:34.55 ID:gd7CS5+6
みんな詳しいなあ。
俺はほどほどの漫画好きで少年誌だけでなく姉のマーガレットだの少女フレンドだのも
ひま潰しに読んだりしていた。

で、萩尾望都の発見は衝撃的だった。
「ポーチで少女が子犬と」「グレンスミスの日記」「ユニコーンの夢」
何だよ、この完成度は。
683 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/25(土) 21:03:05.62 ID:4YbZ8HBu
萩尾望都は衝撃的だったねえ。
中学だったがポーの一族は何とも完成度が凄かった。

しかしあの頃は、あの頃らしい異常に演出がキツい少女漫画が面白いと思っていた。
わたなべまさこの「聖ロザリンド」は怖かったねえ。
684 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/26(日) 04:26:13.31 ID:uJF8oln5
そういえば70年代に「ベルばら」とか少女マンガブームがあったなあ。
自分も読んでみたけど少年漫画と文法が違うので読みにくくてほとんど挫折したが
COMに載った樹村みのりの「解放の最初の日」はかなり心にズシンと来た傑作。
685 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/26(日) 11:22:43.39 ID:oMu/ni/K
萩尾望都かあ、「11人いる!」を初めて読んだのは高三くらいかな
小学館文庫だった、さすがに別冊少女コミックは読んでなかったしなw
まさに驚天動地、漫画観が変わった
すぐに萩尾望都の単行本を探して「ポーの一族」「トーマの心臓」を読む
ますますのめり込むが、当時まだ「萩尾望都作品集」刊行前だった



686 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/26(日) 11:25:00.47 ID:oMu/ni/K
通販も無い時代、書店古本屋かけずり回って探した
あと読めたのはやはり文庫で「11月のギムナジウム」と「精霊狩り」
それから「アロイス」くらいだったな

そうこうしているウチに「萩尾望都作品集」、いわゆる赤本が刊行開始された
687 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/02/26(日) 15:27:42.86 ID:J/8JKFkk
おなじ50代でも60近い50代とは見た漫画が違うな・・
688 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/26(日) 16:02:46.42 ID:Ve1cjCJx
11人いる!は出来が良いよな。
あの後編の「東の地平・西の永遠」は更に出来が良いし。

ル・グィンの漫画版って感じだったよな。

もっとSF色が強くなると「銀の三角」だがこれもまた更に良い。
689 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/26(日) 16:54:42.84 ID:oMu/ni/K
光瀬龍の「百億の昼と千億の夜」を見事に漫画化した手腕も素晴らしかったね
萩尾望都は俺のそれまでの漫画観を180度変えてしまったな

それ以後俺はむしろ少年漫画に見切りをつけた格好で女性作家に傾倒した
竹宮惠子、山岸凉子、樹村みのり、ささやななえ辺りは言うに及ばず
くらもちふさこに燃え槇村さとるに興奮し清水怜子やひかわきょうこ、
紫堂恭子や惣領冬実など片っ端から買っては読んだものだった
690 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/26(日) 17:01:53.69 ID:LB1E7akg
「ポーの一族」の萩尾望都と「ベルベットイースター」の荒井由実は
俺の女性観を根底から変えた。
悪魔と契約した女の才能は底知れない。絶対に男は勝てない。
691 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/26(日) 17:36:08.15 ID:Ve1cjCJx
そうなんだよな。
1970年代は永井豪やちばてつや、横山光輝などが頑張っていたので、少年漫画の方が面白かったが、その後が続かなかった。
手塚治虫ひとりで頑張っていた感じだよね。
1980年代は少女漫画の巨匠が次から次へと出てきた頃だもんね。

今は少女漫画は渡辺多恵子と、時折萩尾望都を読む位だが。
692 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/26(日) 17:53:15.94 ID:oMu/ni/K
>>691
渡辺多恵子の「ファミリー!」は凄かったな
あれほどに直にアメリカの空気が感じられた漫画は希有だろう
693 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/26(日) 17:56:46.45 ID:oMu/ni/K
あと1980年代の少年漫画の惨状たるや、目を覆うばかり
始まりは「飛んだカップル」のヒットだったんだが、その後
あだち充が「陽当たり良好」とか「みゆき」でヒットを飛ばした辺りから
空気がビミョーに変わってきて・・・
694 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/02/26(日) 18:00:26.32 ID:oMu/ni/K
少年ジャンプでちば拓の「キックオフ」とかがヒットしたり
金井たつおのしわパンツ漫画が当たったりと少年漫画が
段々変な方向に行き始めたのがこの頃だった
本宮ひろ志さえ「さわやか万太郎」とか軟派に走っていた
あの時代・・・少年漫画の暗黒時代だわなw
695 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/26(日) 18:02:13.56 ID:Ve1cjCJx
そういや1980年代は高橋留美子がいたね。
696 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/27(月) 00:47:04.85 ID:sWPuFNJB
>>691
確かにその時代の「少年マガジン」は面白かった。
でも80年代になって始まった「バリバリ伝説」と言う
バイク漫画が、マガジン史上最大のヒット漫画だそうだ。
おれはてっきり「あしたのジョー」だと思ってたので、
ビックリした。
697 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/27(月) 10:25:36.19 ID:hsYSYMLK
ひとくちに70年代の少年マガジンと言っても前期と後期じゃ別の雑誌かというくらいカラーが違う。
前期は梶原一騎・スポ根全盛、劇画全盛、新左翼系大学生の支持したくらい対象年齢層も高め。
山上たつひこ「光る風」、石森章太郎「リュウの道」、ジョージ秋山「アシュラ」といった社会性のある作品、問題作が目白押し。
反面、低年齢層の読者が離れたり、悪書指定されたりで発行部数は減少。
さらに石油ショックによる紙不足が追い打ち。

後期は「モーレツからビューティフルへ」といわれた世相を反映して梶原イズムは揶揄、パロディの対象へと転落。(「12の三四郎」の岩清水くんとか他紙だがジャンプの「すすめパイレーツ」の一連の巨人の星パロディ)。
さらに柳沢きみおの「翔んだカップル」が大ヒット、映画化、ドラマ化されてラブコメ漫画全盛時代の先駆けとなる。

698 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/27(月) 20:39:16.98 ID:B8awnbpU
感覚的に絵が駄目だと駄目なんだよな。
オレは柳沢みきおの漫画は受け付けなかった。
699 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/28(火) 10:36:59.01 ID:06CJPdO7
「翔んだカップル」じたいはすぐドロドロの展開になってラブコメというジャンルは
「めぞん一刻」の高橋留美子とかジャンプの桂正和らによって盛んになったという印象だな。
マガジンは80年代に入るとヤンキー漫画主流になるし。
 
700 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/02/29(水) 02:49:10.55 ID:05Hwgv3y

700GET
701 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/02/29(水) 17:11:53.86 ID:ZTeG6KlO
25歳になったらピッタリ漫画を読むの止めた。

「愛と誠」には嵌った。但し、ストーリーでなく主人公の早乙女愛に。
ロングヘアーが好きだった小学校6年の時。
702 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/29(水) 18:59:40.90 ID:p9ynu3L6
53才になった今でもバリバリ漫画を読み続けている。

「キングダム/原泰久」に嵌っている。アニメ化されるというので楽しみだ。
荒木飛呂彦の「ジョジョリオン」や「へうげもの」とか「ジャイキリ」も好き。
だけど一番の楽しみは「風雲児たち/みなもと太郎」だな。
今月はついに桜田門外の変、井伊大老の首が飛んだ・・・・・・・・・・・・!
703 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/29(水) 21:36:58.10 ID:48wjs3M0
>>701
俺も嵌った。但し、映画でヒロインを演じた早乙女愛に。
でっかいオッパイが好きだった中学1年の時。
704 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/29(水) 22:26:37.13 ID:1R0Qw5dV
愛と誠の映画って何年の作品だっけ
705 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/02/29(水) 23:32:38.98 ID:ZTeG6KlO
TVドラマで中1ならギリギリかな?映画なら50代ではない。
あくまで、漫画でのロングヘアーの早乙女愛に憧れていた。

それに、ドラマの池上は論外。映画の早乙女愛は胸がでか過ぎ。まあ、好きな
タイプではあるが・・・
706 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/02/29(水) 23:36:19.64 ID:wbC9c5oo
アニメは見ているな。
蟲師、あしたのジョー2、スペースコブラ。
それぞれGyao!で無料配信。
707 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/03/01(木) 04:33:48.73 ID:LF7X0u3J
>>702
「キングダム」と「風雲児たち」はコミックスで読んでる。

最近まとめて読んで面白かったのが皆川亮二の「PEACE MAKER」

ギャグ系だと「男子高校生の日常」。絵はヘタだけど
708 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/03/02(金) 19:15:19.66 ID:MUuXKlA2
最近コミックスを読むのがつらくなったので、
電子書籍を大画面のモニターで読んでる。
実に読みやすくて快適だ。
今は「グラゼニ」が気に入ってるが、3巻がなかなか出ない。
あと諸星大二郎と星野之宣の作品群が読めるように
なって欲しいんだが・・・
709 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/03/02(金) 21:19:51.53 ID:JtBTYfZg
>>708
こういったスキャニング代行業者に頼むといいよ
http://www.scanplus.jp/

自分は本を裁断されるのが嫌なので手間がかかるがフラットベッドスキャナでそのままとりこんでる。
スキャン職人養成
http://wikiwiki.jp/bookjisui/?%A5%B9%A5%AD%A5%E3%A5%F3%BF%A6%BF%CD%CD%DC%C0%AE

モニターはIIYAMAのこれを買ってパネルを90度回転させて縦長にして読んでる。
http://www.iiyama.co.jp/products/lcd/24/PLXB2472HD/index.html
710 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/03/02(金) 21:30:27.10 ID:elJ5kJkk
諸星大二郎と星野之宣は良いねえ。
711 : 名無しの権兵衛 : 2012/03/03(土) 22:45:16.90 ID:yoxw9XI4
「男一匹ガキ大将」 本宮ひろ志先生の作品です
712 : 名無しの権兵衛 : 2012/03/03(土) 22:49:56.50 ID:yoxw9XI4
北海道ジャコ万の健、北陸神島虎八、東北三羽がらす加賀正吾、水津良、水島、関東義理と人情の大島光克、
名古屋の大物川畑善明、中部の熊坂、九州の菊村、炎の三兄弟、山陰の山崎、土佐の源蔵、特少で一緒だった島田、須永(通称ヘルス)
どんごろすのジェンマ、まんじゅう屋藤助、西海の林山ゴン造、村田、となり町にすむ松川幸太郎、片目の銀二、
ラッパ、堀田石松、佐々木雄二、頭、三吉、最後に綱村
713 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/03/04(日) 00:02:24.29 ID:lOU2ac1y
組長の誕生パーティで挨拶する先生
ttp://www.youtube.com/watch?v=p4J0S6K3t4E
YouTubeサムネイル[p4J0S6K3t4E] - 1枚目YouTubeサムネイル[p4J0S6K3t4E] - 2枚目YouTubeサムネイル[p4J0S6K3t4E] - 3枚目


同会場にてTV等で強面で知られる芸能人
ttp://www.youtube.com/watch?v=ElJ5itvTjnk&feature=related
YouTubeサムネイル[ElJ5itvTjnk] - 1枚目YouTubeサムネイル[ElJ5itvTjnk] - 2枚目YouTubeサムネイル[ElJ5itvTjnk] - 3枚目


その他の方々 まとめ
http://yakuzataiho.seesaa.net/article/158245536.html
714 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/03/04(日) 13:47:05.19 ID:HNvzFI5y
星野之宣は「ブルーワールド」だけ電子書籍化されてるのかな。
諸星はないね。萩尾は小説はあるけど漫画はなかった。
手塚は死ぬほどあるけど今更読む気にならん。
凸版のBooklive!の話。
715 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/03/05(月) 16:10:26.24 ID:J8PRHtm3
ebook japanなら萩尾望都の主要作品は読める。

星野は「ブルーワールド」「2001夜物語」「宗像教授異考録」があるが、
少年ジャンプに載ってた初期の作品が読みたい。

諸星は「栞と紙魚子シリーズ」のみ・・・
「妖怪ハンター」や「暗黒神話」「オンゴロの仮面」を
大画面で読ませてくれ~
716 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/03/06(火) 08:31:14.24 ID:a9AaAC4Z
>>715
1.スキャナ、裁断機を買って自炊する 
->初期投資がけっこうかかる。完全に合法。
(動画)漫画自炊 裁断、スキャン、そして元通り復元
http://www.youtube.com/watch?v=bG_F5Z7PboM
YouTubeサムネイル[bG_F5Z7PboM] - 1枚目YouTubeサムネイル[bG_F5Z7PboM] - 2枚目YouTubeサムネイル[bG_F5Z7PboM] - 3枚目


2.自炊代行業者に依頼する。 
->自炊するほど冊数がないならおすすめ。作家の提訴でやめた業者もあるが・・・
代行業者ランキング
http://jisui-ranking.toypark.in/

3.アンダーグラウンドにネットに流通しているデータをダウンロードする。
->作品を探すのが大変だし、これからはP2Pだけでなく違法ダウンロードのみでも逮捕・罰金や実刑の可能性も。

違法ダウンロード刑罰化 自公民2年以下の懲役か200万円以下の罰金を科す法案をまとめる
http://japan.digitaldj-network.com/archives/51948122.html

違法アップロードサイト「Megaupload」が運営が逮捕され閉鎖/利益は1億7500万ドル(約135億円)以上
http://n-seikei.jp/2012/01/megaupload17500135.html
717 : 715 [sage] 2012/03/06(火) 20:08:41.41 ID:/wO29fh1
>>716
アドバイス有難う。
自分でスキャンする根気も気力もないので、
代行業者に頼んでみます。
USBメモリーで納品してくれるのはいいね。

違法ダウンロードは、流石に気が引けると言うか、
きちんと対価を払って読みたいね。


718 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/03/12(月) 18:19:54.61 ID:iVdGX0uz

ウルトラジャンプ3月号買って来た

ジョジョリオンの続きが読める
719 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/03/13(火) 21:30:04.13 ID:a+TmEXBJ
横山光輝と共に生きた漫画人生だった

鉄人28号、伊賀の影丸、水滸伝、三国志
バビル二世、地球ナンバーV7、
闇の土鬼、狼の星座、あばれ天童、戦国獅子伝

この辺りはマジで夢中で読んだ
山岡荘八の「徳川家康」完全漫画化の企画には
興奮したものだったなあ
720 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/03/15(木) 17:46:26.25 ID:M5kFMe6M
「荒野の少年イサム」好きの方はわりと少ないですな~
僕なんかは、今思い出してもワクワクする。
721 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/03/15(木) 21:45:51.78 ID:RYNUZptK
>>719
バビル2世は面白かったねえ。
今、読んでも面白い。
722 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/03/24(土) 00:42:00.45 ID:0mTz1yoZ
最初に嵌ったマンガ「紫電改のタカ」
最も影響を受けたマンガ「サイボーグ009」(ヨミ編)
最高傑作「めぞん一刻」

佳作
「黒い秘密兵器」、「サイレント・ワールド」、「サブマリン707」、「あかつき戦闘隊」(パゴス島編)

感想
昔のマンガは、とにかく看板作でも「終わった」
「あぶさん」、「はぐれ雲」、「ゴルゴ」、出版社を背負って死ぬまで続く・・・。
723 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/03/24(土) 07:44:12.80 ID:O4CMitiF
昔のじゃないけど、NARUTOは面白いぜ
724 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/03/24(土) 09:20:49.16 ID:zFLzZbq6
最近出た加瀬大輝「マンけん。」というのを読んだ。
読む前は絵柄やキャラから「けいおん!」のパクリかと思ったら意外とよくできた熱血漫画家志望漫画だった。
漫画家志望漫画といえばジャンプ連載の「バクマン」というのもあるがあっちはキャラの性格に共感を覚えないので
1巻で読むのをやめたが、こっちは絵柄もキャラも時代も違うが藤子の「まんが道」っぽい熱さがあっていい。
725 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/04/06(金) 19:08:45.15 ID:0m9xmr+j
ギャラクシー・クエスト

これは面白かった
726 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/04/06(金) 22:26:36.34 ID:0m9xmr+j
>>725
ごば…><
727 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/04/08(日) 08:03:49.76 ID:ThJT3OG1
大友克洋の原画展をネットで調べていて、
メビウスのジャン・ジローが、3月10日に亡くなっていたことを知った。
新聞に載ってたか?これ!
若い頃、スターログに紹介されていた絵を見て、強く引きつけられた。
まねしようとしたけど、とてもじゃないが無理だった。
大友や宮崎駿がフォロワーだったと後に知った。
728 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/04/08(日) 10:07:57.74 ID:aMjGkwAk
>>727
新聞とってないけど知ってた。オタク系情報は新聞TVよりネットだろ。
http://alfalfalfa.com/archives/5296159.html

それまではGペンで強弱つけた劇画系の描線が流行っていたが大友以降は細くてロットリングで描いたような線の漫画が
増えたなあって当時感じたものだった。

http://moebius.exblog.jp/1915274/
729 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/04/18(水) 22:04:25.64 ID:m7gbu5Xn
大友克洋の原画展って行く人いるの。
連休に行こうかな。
730 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/04/19(木) 20:54:26.92 ID:ridYtRi+
【訃報】ビッグコミック表紙を描いて40年…イラストレーターの日暮氏が死去
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1334829588/
731 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/04/21(土) 09:17:57.20 ID:1dudDPf6
日暮さんの初期の表紙には角張った笑顔の男が描かれていたのだが、検索しても
でてこない。あの人物の名前が気になる。日暮さんには感謝します。合掌
732 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/04/24(火) 15:52:19.99 ID:1JTD4yK8

ウルトラジャンプ5月号買って来た

4月号のジョジョリオンまだ見てないぞ
733 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/05/04(金) 12:29:42.68 ID:8+okT4Cg
おかめ日和

このスレに常駐してるおっさんなら
好きでしょこういうの
734 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/05/06(日) 22:49:31.36 ID:rAS5TwMq
【天体】今夜は“スーパームーン”…大きくて明るい月が見られる
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1336220021/
735 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/05/07(月) 00:12:09.87 ID:E7UkcD8v
【つくば突風】巨大積乱雲「スーパーセル」が発生か
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1336302356/
736 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/05/08(火) 23:43:11.80 ID:XgQI9Q0M
【訃報】『空手バカ一代』『ワル』漫画家の影丸穣也さん死去
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1336486800/
737 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/05/09(水) 11:56:17.77 ID:aGszPB8J
へうげもの
738 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/05/10(木) 01:33:12.26 ID:sRRl5t8T
GANTZのレイカはよかったな
739 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/05/11(金) 15:43:54.01 ID:t5Wz5zX3
裂けたパスポート は何年前くらいだったっけ?
途中から読み始めたので単行本化するまでマレッタの立ち位置が分からなかった
740 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/05/11(金) 16:01:06.53 ID:guilL5R+
>>739
>裂けたパスポート

ググったら古い作品だね~。
でもちょっと読んでみたい。
地元の図書館においてあるようなので早速予約だ!
741 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/05/12(土) 10:13:54.53 ID:BxAkuyLd
御厨さと美 だったっけ。短篇集昔買ったけど内容ほとんど覚えてないが暗めのストーリーが多かったような。
画風は当時の劇画と漫画の中間くらいの感じだったな。
「ノーラの箱船」のノーラというキャラが当時の漫画としては可愛かったという印象が残っている。
当時としてはかなり画力のある人だったけど1990年頃漫画家やめてCGのほうに鞍替えしたとかいうのを聞いた。
742 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/05/12(土) 11:27:50.21 ID:PsjxnBfC
>>240
充実している図書館でいいな~
うちの方は手塚治虫とドラえもんしかない
反原子力の本は書架ひとつをほぼ占領してるのに
743 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/06/15(金) 03:49:12.20 ID:7buRIRYF
突然思い出したんだが、少年ジャンプの巻末だったかに「漫画ドリフターズ」ってのがあった
顔だけ似顔絵のようなドリフのギャグ漫画なんだけど、これが見事につまらん
けどあるとなんだかホッとするようなw
あれ単行本化されたことあんのかな?
744 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/06/15(金) 07:38:54.85 ID:sUbZKlZS
>>743
復刊ドットコムによると単行本は未刊行とあるな
http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=9073
同じ作者による「漫画コント55号」全1巻
http://livedoor.blogimg.jp/nwknews/imgs/a/c/ac33d402-s.jpg

「漫画ドリフターズ」が連載終わって「こち亀」が始まったから自分の中ではずっと同じ枠という認識だった。
料理のコースに例えると「男一匹ガキ大将」とか「アストロ球団」みたいな脂っこい漫画の合間に読む箸休めみたいな役目の漫画。
745 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/06/15(金) 14:00:34.06 ID:a9YPJmtP
初期ジャンプで一番記憶に残っているのは中沢啓治のはだしのゲンだよな。
良くあんな民主的な内容の漫画が商業誌に載れたものだが、と今考えると感じるね。

今だと右翼団体やネットウヨに抗議行動を起こされそうな内容だ。
当時は良い時代だったんだな・・・
746 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/06/15(金) 14:47:16.76 ID:7buRIRYF
>>744
おー懐かしい絵柄w、レスありがとう

> 箸休めみたいな役目の漫画
そうか、あのなぜかホッとする想いはそこから来ているのか
言い得て妙ですなw

747 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/01(日) 08:57:53.19 ID:sKGXJmC5
はだしのゲン つまんなくて読み飛ばしてた俺は小学生にしてねとうよだったのか
748 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/01(日) 09:50:52.83 ID:Slyfbswd
>>747
まあ歴史知識や興味のない小学生にしてみれば「怖いし、暗いし、気持ち悪いし」でそれが普通だと思うよ。
ジャンプ初代編集長の長野規(ながの ただす)は今でも悪名高い漫画家専属制度やアンケート至上主義を始めた人物だが
学徒動員に取られて同級生が戦死した経験から反戦主義者でもあって「心情左翼行動右翼」と呼ばれていたらしいが
「はだしのゲン」の連載は彼の全面的な支援によるものらしい。
749 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/01(日) 09:58:53.84 ID:5uZ5EnPV
>>747
子供って意外に残酷で、はだしのゲンは絵の残酷さで惹かれたというのも事実。
オレも、オレの弟も(実は11歳の年齢差があるので、一回り違っていて、オレは連載当時、弟は単行本を見て)気持ち悪い、と言いながら読んでいたよ。
750 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/01(日) 12:29:42.40 ID:Slyfbswd
まあたしかに楳図かずおの恐怖マンガとかはかなり残酷描写もあったが人気はあったしなあ.。
あと少年チャンピオンに短期連載で載った日野日出志の恐怖・残酷漫画。
(「地獄の子守唄」は一時トラウマだった。)
あの頃は「ブラック・ジャック」で復活する前の手塚治虫でさえ「アラバスター」という陰々滅々としたグロい漫画を描いていた。
それに比べると社会問題になったジョージ秋山の「アシュラ」は絵がアレなのもあって当時のマスコミが騒いだほど大したことがないなと思っていた。


751 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/01(日) 19:56:19.73 ID:f163iRV5
のらくろだら
752 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/01(日) 21:48:48.73 ID:5uZ5EnPV
>>750
日野日出志の女の子が自分の頭を手毬の代わりに突く短編が怖かった。
妹と一緒に怖がった記憶がある。
少年キングに載ったと思っていたが、日野日出志はどうも少年チャンピオンなんだね。
753 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/07/01(日) 22:16:56.01 ID:FeUt/LOr
劇画タッチの漫画ってやっぱり印象に残るな。
親父が好きだったこともあるが、さいとうたかをの時代劇「無用ノ介」なんか好きだった。


話がちょっとそれるけど、今も続くさいとうたかをの「ゴルゴ13」で、うまく表現できないが
数年前から「子連れ狼」というか「バガボンド」タッチのような劇画風で時々描かれてないか?
特にゴルゴ以外の人物、特に女性を描いた絵で見かけるのだが。
あれって制作スタッフのせいなのか?
割に気になる時があるが・・・・誰か俺の言わんとしてること分かるかな?
754 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/01(日) 23:24:55.87 ID:Slyfbswd
日野日出志の連載が載っていたのは「少年画報」だった・・・orz
http://tuchinoko.no-blog.jp/blog/2011/02/post_cf15.html
755 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/07/02(月) 01:25:24.53 ID:Da3hh53c
西谷祥子先生の『マリー・ルウ』『エレノア』
どこの古本屋にも売ってないだろう。
ワクワクドキドキしながら見た少女時代。
なつかしや
756 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/04(水) 01:13:12.37 ID:fESPOAyX
日野日出士って、ぼくらマガジンで読んだ気する。気持ちわるかった
757 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/04(水) 22:28:07.47 ID:qphRho63
一番気持ち悪くて、トラウマになったのはわたなべまさこの聖ロザリンド。
殆どギャグにしか思えない動機で簡単に人を殺してしまうロザリンドが怖かった。
758 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/15(日) 14:04:11.07 ID:yzpZ3cNI
>>757
わたなべまさこ、なつかしいな~
その本、図書館にあったから借りて読んでみたよ。
昔の作品だから、ちょっぴし詰めの甘い展開だったけど
首だの指だのちぎれまくりで、よくこんなの少女マンガに
掲載できたな~って驚いた。

聖ロザリンド借りる時いっしょに借りた松本零士の
「男おいどん」は全然面白くなかったな~。
あれは絵ヅラと主人公の男の発する九州弁を楽しむ作品だろうなって感じ。
てっきりオッサン向け週刊誌の連載かと思ったら
少年雑誌に連載されてたとか、それもまたおどろき。
759 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/15(日) 23:53:24.93 ID:vvx45NpD
>>758
オレは強盗犯が時計に巻き込まれて腸を出して死んでいるところが怖かった。
多分、機会に巻き込まれてバランバランになっていたんだろうね。

あと、漫画アクションに連載していた男おいどんの元となる元祖大四畳半大物語ってのがあったんだよね。
760 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/15(日) 23:54:35.73 ID:vvx45NpD
しかし、冷静になって考えてみると少年サンデーに連載されていた戦場まんがシリーズ以外は、松本零士の漫画はつまらんよね。
銀河鉄道999、キャプテンハーロック、クイーンエメラルダス、全部くだらん。
761 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/16(月) 00:27:51.05 ID:fmIyNnL7
>>758
男おいどんの青年版で 聖凡人伝 てのがあったなあ
メーテルよりもこれに出てくる姉御肌の早名礼子の方が憧れた
762 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/16(月) 10:07:33.23 ID:nlqjGsWp
>>759
>機会に巻き込まれてバランバラン

山野一の「四丁目の夕日」を思い出すな
763 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/16(月) 14:31:24.44 ID:reWSoM0D
手塚治虫・ちばてつや・赤塚不二夫・永井豪・藤子不二雄・石森章太郎・ジョージ秋山
彼らもまた駄作を多少は出して来てるけど
名作描いてきた印象が強いもんね。
松本零士はこの面々の一世代後の書き手なのかな?

松本零士の作品でこれは名作、面白いっていうの何だろう。
764 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/16(月) 14:33:53.48 ID:NuUnFw+q
>>763
だから、松本零士は少年サンデーに連載していた頃の戦場まんがシリーズだけは面白いと書いている。
765 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/16(月) 14:43:33.50 ID:jUJCqYQg
>>763
ミライザーバンすすめられて買ったけどまだ読んでない
766 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/16(月) 14:47:06.36 ID:PjSrbnam
そういえば俺も松本あきら名義の頃からちょくちょく読んでたけど、面白いと思ったのは戦場まんがシリーズくらいだな。
それも主人公が歩兵や狙撃兵といった飛行機乗りじゃない地味な作品のほうが好きだった。

SF作品もメカデザインとかはビジュアル的に当時の手塚-石森系より洗練されていて惹かれるものがあったけど、
ストーリーの盛り上げ方が淡々としていて少年漫画っぽくないせいか読んでてあまり盛り上がらない感じだった。

だから宇宙戦艦ヤマト以降あれだけ持ち上げられたときは正直意外な印象をもったものだった。
767 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/16(月) 14:52:51.51 ID:NuUnFw+q
>>766
アメリカと日本の狙撃兵の話は、戦場まんがシリーズの最高作だもんね。
768 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/16(月) 15:13:15.43 ID:PjSrbnam
>>767
個人的には「パイロットハンター」が一番好きだけどね。

http://blogari.zaq.ne.jp/vpoint/img/img_box/img20090827231149553.jpg
769 : 767 [sage] 2012/07/16(月) 15:23:18.05 ID:NuUnFw+q
>>768
実はそれとどちらが良いか悩んで、先の話を挙げた。
パイロットハンターも良いよね。
770 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/16(月) 17:56:55.53 ID:PjSrbnam
あとは767であがった
「グリーン・スナイパー 緑の狙撃兵」や
「鉄の墓標」
「独立重機関銃隊」
「零距離射撃88」
「鉄の竜騎兵」
「音速雷撃隊」
あたりは今でもときどき読み返したりする。
771 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/17(火) 01:59:42.90 ID:W9dYJq95
>>770
音速雷撃隊は中学時代に少年サンデーでリアルタイムで読んでいて、深いところで自分の思想を支配している感じがする。
772 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/17(火) 15:57:30.97 ID:IHgHi5f4
いがらしみきおというと「全裸で路上で美少女のウンコを探す銀行員」の四コマが強烈な印象だったけど
昨日読んだ「かむろば村へ」は、天才だったんだこの人!
っていうくらいすげ~面白かったの。
まだ読んでる途中だけど、いいの読めてよかったなあ。
「男おいどん」はもう読まずに返しましたw
773 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/17(火) 16:10:15.81 ID:W9dYJq95
>>772
高校の頃は何故か「男おいどん」が好きだった。
しかし、確かに詰まらん漫画だったよね。
774 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/17(火) 16:13:25.75 ID:W9dYJq95
>>770
YouTubeに色々とアップされているね。
http://www.youtube.com/watch?v=VaoBRKaX3dI
YouTubeサムネイル[VaoBRKaX3dI] - 1枚目YouTubeサムネイル[VaoBRKaX3dI] - 2枚目YouTubeサムネイル[VaoBRKaX3dI] - 3枚目
775 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/17(火) 16:17:24.39 ID:W9dYJq95
音速雷撃隊は野中五郎の神雷部隊の話が元だよね。
野中五郎は味のある面白い武官だったのに、可哀想に神雷部隊は全滅してしまった。
776 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/17(火) 16:43:22.45 ID:WENChccT
>>772
>いがらしみきおというと「全裸で路上で美少女のウンコを探す銀行員」の四コマが強烈な印象だったけど

それはうのせけんいちです
777 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/17(火) 18:16:55.23 ID:bA3G3aBo
いがらしみきおは「ネ暗トピア」とか「さばおり劇場」が好きだった。
いしいひさいちをもっと過激にしてグロくしたような感じで。
最初の頃は起承転結のはっきりした4コマだったけど徐々にシュールな作品が増えてきたなと思ったら休筆。
休筆当時アサヒグラフだかのインタビューで「大友克洋ばりのSF大作を描いてるところです」と答えていたが「ぼのぼの」みたいな作品で復活するとは思わなかった。
778 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/17(火) 18:49:58.65 ID:W9dYJq95
松本零士は他にダイバーゼロが面白かった。
779 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/18(水) 09:09:17.86 ID:yjf/q5RW
>>778

俺もダイバーゼロ好きだったが、全部読んでないので遠慮して書かなかった。
ブレードランナー的な話で、台場正の原型みたいなアンドロイドが主人公。
ヤシマ作戦の元ネタみたいなエピソードもあった。
780 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/23(月) 10:46:30.52 ID:+voXPw5p
松本零士のセクサロイドも色っぽくてよかったな
781 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/23(月) 15:11:13.38 ID:HesEXeEj
零士の描く女は当時の同期の漫画家と比べても
頭抜けて惹き付けるものがあったよなぁ。
あれでシナリオも天才的だったらすごいことになってただろう。
782 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/23(月) 15:23:35.47 ID:G5yvLcq9
1970年代始めくらいまで色っぽい女性キャラを上手く描ける漫画家は少なかったからな。
今あの頃の漫画を読み返してみると、永井豪の描いてたのはアマゾネスみたいだし、手塚の「地球を呑む」とかの大人漫画のヌードは小島功の模倣だし、
石ノ森章太郎の「009の一」などのヌードはおっぱいや尻がコブみたいで萎える。
783 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/23(月) 20:14:32.83 ID:mlVAZ1nA
>>779
ダイバーゼロは全部のエピソードで1巻で終わりだけど。
784 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/23(月) 20:26:40.20 ID:UoNSwlyc
>>782
桑田次郎はどうですか?
785 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/07/23(月) 20:49:39.27 ID:G5yvLcq9
>>784
桑田次郎は「アンドロイドピニ」(昭和40年)がありましたな
http://img5.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/7b/b8/samusongo/folder/1540853/img_1540853_26906372_2?1168834490
786 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/08/08(水) 01:54:53.34 ID:nGaMdxQL
>>770
「成層圏気流」
「鉄の竜騎兵」
「音速雷撃隊」
はYouTubeで見られるよ。
787 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/08/19(日) 09:14:07.48 ID:sFdmARu9
オリンピックでウサイン・ボルトの例のポーズを見て、
浦沢直樹の「PLUTO」からヘラクレスの「闘神のポーズ」を思い出した。
夏休みも終わったな。

http://livedoor.blogimg.jp/michaelsan/imgs/9/9/995ec2bb.jpg
http://blog-imgs-45-origin.fc2.com/r/a/k/raku77/201010111711404c5.jpg
788 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/08/19(日) 13:39:16.16 ID:32UpQ/m3
すみません。
当方51歳ですが、松本零士は自分がそうだからか、
貧乏ブサ男の意地みたいなもの表現していた「男おいどん」が一番傑作と思っております。
おいどん外伝のような「ワダチ」というSFも好きでした。
しかし、皆さまと同じで戦場まんがシリーズも大好きです。
四式戦疾風の話が好きでした。

別件 当時初版で戦場漫画全部揃えていましたが今高いんですね。捨てなきゃよかった。
789 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/08/20(月) 00:23:39.64 ID:7uGF0TI+
私は戦場まんがシリーズだとHe162が出てくる悪魔伝の七騎士が好きでした。
社会人になってHe162が模型化されている事を知り、ゲット!
とても作りにくいキットだったよ。

今や世界のタミヤも模型化しているアイテムだけどね。
790 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/08/22(水) 22:49:28.94 ID:73cJ38qz
松本零士マンガは好きか嫌いかハッキリ分かれるね。
俺はヤマト以前は好きだったが、後の老害ぶりで嫌いになった。

以外と知られてないのが小学館から出てた「FMレコパル」に
不定期で音楽マンガを書いてた事。
松本以外のマンガ家も書いてたが、松本は
クラッシック専門で書いてた。
ワグナー、チャイコフスキー、クライスラー等々。
まるで紙面から音楽が流れて聴こえてきそうな描き方だったよ。
これって単行本化されて無いのかな?
791 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/08/22(水) 23:56:29.10 ID:LLWZXlVU
>>790
松本零士は原作がつくと良いんだよね。
確かあの音楽マンガシリーズは原作付きだった筈?

あと、オーディオブームだった頃に小学館からアンソロジーで単行本化していた記憶がある。
って、ネットで調べたらあったよ。
不滅のアレグレット 表紙が松本零士っぽい
http://db.leiji.jp/comics/c942501.html

ブリッジ 石森章太郎
http://www.kosyo-waltz.com/SHOP/11200082.html

ワイヤード ジョージ秋山 政岡としや 長谷川法世
http://www.kosyo-waltz.com/SHOP/11200083.html

クラシックファンなので「不滅のアレグレット」は復刊して欲しいね。
792 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/08/23(木) 00:02:48.41 ID:3yn8oXvS
因みに「不滅のアレグレット」はアンソロジーではなく、松本零士のみらしい。
収録されているのは
HERBERT VON KARAJAN ヘルベルト・フォン・カラヤン
不滅のアレグレット フルトヴェングラー
消えない音 フリッツ・クライスラー
海蛍 ディヌ・リパッティ
バイオリンの切れた弦 ダビッド・オイストラフ
SP78回転の青春 シャルル・ミュンシュ
アステカの煌く星 ヘンリク・シェリング
不死身のウィリアム・テル エルネスト・アンセルメ
裸と酒のトランペッター モーリス・アンドレ
ジャングルのフーガ シュバイツアーの偉大な生涯
猫とプレーヤーの偉大な生涯の物語 ブルーノ・ワルター

全員知っているし、3~4割ほどの演奏家のCDを持っているね。
793 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/08/23(木) 05:18:32.81 ID:3yn8oXvS
>>790
松本零士は己の実力以上に人気が出過ぎていい気になり、また粗製濫造で筆も荒れて一気に人気が無くなった。
794 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/08/25(土) 16:14:03.33 ID:OaAiUNH1
政岡としやの絵は好きだったなあ・・・
作品はほとんど覚えて無いんだが、絵だけは
強烈に脳裏に焼き付いている

格好いいんだよね
795 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/08/25(土) 22:13:07.03 ID:PRMyS7Ye
政岡としやは最初に読んだのが「狂葬剣鬼」だったかな。
タッチが「光る風」を描いていた頃の山上たつひこにちょっと似ていた。
あとは「暴力湾」とか川谷拓三主演で映画化された「ダボシャツの天」とか
796 : 名無しさん@お腹いっぱい : 2012/08/25(土) 23:40:00.36 ID:DjBYZ9LE
♪これで~いいのだ~!
今になってこの意味がよく分かる。
797 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/08/26(日) 01:18:24.55 ID:yO3gt2aV
政岡としやってちばてつやのアシしていたからちばの影響が絵柄に出てる。
798 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/08/26(日) 13:09:00.77 ID:KcNKCexb
>>797
あー、なるほど、判るわ。そうかアシやってたのは知らなかった。
でもちばてつやより劇画寄りって感じだね
799 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/08/27(月) 07:53:24.73 ID:1CTRkbvv
超人ロック はスコラ版合わせて全巻揃えた
800 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/08/27(月) 17:23:02.24 ID:h2JK33ew
バビル二世と海のトリトンがわりとスキだったな。
でもルパン三世は抜きん出ていた。
801 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/08/27(月) 19:48:47.75 ID:4dNO25y9
>>800
旧ルパンは宮崎駿の作品と言っていいもんね。
アニメは抜群に面白かったが、漫画の方はイマイチだった。
802 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/08/28(火) 05:18:32.28 ID:HZvSxbRD
はあ?
ナニ行ってるのこのバカw
803 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/08/28(火) 14:44:47.13 ID:O7GU8Yev
トリトンはアニメから入ったので漫画は違和感があってちょっとしか読んでないな。
アニメの最終回でトリトンがポセイドン族の国を滅ぼした時の名言に
中一の自分はカルチャーショックを受けた。
敵にも敵の正義があるんだってトリトンで教えられたよ。
毎回アニメが終わるとトリトンの曲をピアノで弾いて悦に入ってたわw
トリトンが困難に立ち向かう時の効果音楽って、タイガーマスクがマットで
痛めつけられている時の効果音楽とそっくりでどうしても繋がって弾いてしまうのよw
804 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/08/29(水) 01:24:02.46 ID:F/bBWoIO
耳コピうらやま。
俺は楽譜がないとてんで弾けんのよ。
805 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/08/29(水) 01:54:22.15 ID:t2uav1/w
空手バカ一代にのめり込んだ世代は「抱かれたい道場」読んでみると良いですよ
806 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/08/29(水) 09:22:35.46 ID:Q+0CIlbn
>>803
「違う!…違う!みんなポセイドンが悪いんだ!」
つって逆切れするとこは
自分もいたたまれない気持ちになって見てたな
807 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/08/29(水) 12:46:55.69 ID:wJfE8X33
>>804
楽譜が読めんから耳コピ。
808 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/08/30(木) 20:57:54.48 ID:s3ExyiKK
Gyao! でルパン三世第一シリーズが無料配信されているね。
809 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/08/30(木) 21:29:16.01 ID:vpcg7rUG
ルパン三世は第一シリーズが一番好き。
峰不二子の顔が良い、特に目がとっても可愛くて綺麗だった。
真似して描きました。
午後7時30分から茶の間で家族と見てたけれど
お色気シーンが恥ずかしくて恥ずかしくてw
810 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/08/31(金) 15:36:13.13 ID:g5sdCSlX
>>809
正に同じだ。
お前はオレか(笑
811 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/09/02(日) 03:17:58.34 ID:dJjQfC1H
男組は、神
812 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/09/02(日) 10:11:24.02 ID:Ci8FjK8W
>>811
ワルシャワ労働歌萌え。
813 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/09/03(月) 09:44:35.05 ID:zCvVWE6H
銀英伝は漫画小説アニメ
どれも素晴らしいね
814 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/09/10(月) 18:07:25.18 ID:ymGc1htI
オレはガロやCOMにハマッた。
なかでも永島慎二の画風にハマッたな。
815 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/09/11(火) 01:02:56.87 ID:PXMFt5p2
ええね、永島慎二。
816 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/09/15(土) 19:52:57.45 ID:fvAIh8zM
野望の王国。
817 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/09/16(日) 02:16:47.88 ID:a9ywwSzq
姉の部屋で見つけた萩尾望都には衝撃を受けたな。
男には越えられなかった壁を軽々と越えられた気がして。
818 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/09/16(日) 10:43:34.17 ID:54RYIxik
萩尾望都は凄かったね。
「11人いる」は名作。
819 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/09/16(日) 20:10:43.37 ID:FzVhxz8p
萩尾望都は良いね。
全部好きってわけじゃないけど、
A-A´とか銀の三角とかゴールデンライラックとか
読めて幸せだと思った作品がたくさんある。
820 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/09/16(日) 21:12:43.01 ID:a9ywwSzq
俺が好きだったのはグレンスミスの日記、ユニコーンの夢、塔のある家、小夜の縫う浴衣とか。
どれも手元にはないがググってたら思い出した。

つーか萩尾は紫綬褒章を受勲してたんだ。驚いた。
821 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/09/16(日) 21:56:24.68 ID:54RYIxik
「銀の三角」良いですねえ。
未だに日本のSFマンガの最高傑作だと思う。
822 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/09/17(月) 23:41:08.81 ID:L4OhuAGv
独身アパートどくだみ荘
823 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/09/17(月) 23:48:11.03 ID:O71F+QiP
作者の福谷たかし氏はついこの間に亡くなった、などと思っていたが、実は2000年に亡くなっていた。
享年48歳。
50歳になれずに亡くなっていたんだね。
824 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/09/29(土) 23:47:16.41 ID:8exrxkT5
大友克洋
童夢が出た時にはもう飽きてた
あの頃、何をハマってたんだろうって考えたら
吾妻ひでおだった
アジマフに比べたら大友は屁だったな
825 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/09/30(日) 00:43:11.48 ID:Wcizyrzr
童夢は面白かったと思うが。
SFと当時の共同住宅の嫌らしさが上手く描かれている。
826 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/09/30(日) 04:47:56.95 ID:8zWyFNw6
ああ、面白かったさ
でも、それだけだった
驚きはFire-ballで終わってた
827 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/09/30(日) 06:08:39.18 ID:GtyR0l2T
「気分はもう戦争」の前半くらいまではハマっていた
吾妻ひでおはハマる程じゃなかったが単行本がでるたび買っていた
80年代以降現在まで漫画はずっと読んでいたけど、70年代のような熱気は無くなっていたな
828 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/09/30(日) 07:36:20.94 ID:gTr/L4xF
面白かったんならいいじゃない
それ以上の何を求めてんの
829 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/09/30(日) 09:45:16.75 ID:Wcizyrzr
>>828
同意。
あとFire-ballよりオカルト有り、団地の嫌らしさあり、孤独老人の悲哀ありと、童夢の方が良く練られていて完成度は高いし、面白かった。
830 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/09/30(日) 10:29:24.57 ID:8zWyFNw6
懐漫板で大友スレを見つけてね
ここと大して変わらない年代が混ざってわいわいやってるけど
20年前に漫画をやめた作家を持ち上げすぎだったからさ

ただし、夢童はただのよくできた漫画
Fire-ballは石森とかが描いてた超能力物を絵で見せてくれた斬新極まりない漫画だったよ
童夢はFire-ballの清書ぐらいにしか感じなかった
831 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/09/30(日) 10:38:01.13 ID:2jlyQOgf
持ち上げすぎが鼻につく
まあそういうことってあるよね。
信者ってのはどの世界においてもそういうもの。

業田良家の昔の作品とか大してすごい話でもないのに
テレビで取り上げられたからなのか
あれも信者が気持ち悪いね。
最近のは好きだけど信者が気持ち悪い。
832 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/09/30(日) 10:42:23.09 ID:Wcizyrzr
>>830
取り扱っているテーマがFire-ballと童夢では全く違うのだが。
一体どこを読んでいるんだろ。
833 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/09/30(日) 10:42:50.53 ID:8zWyFNw6
業田は今も描いてるから問題ないけどね
漫画をやめて、アニメなんかをずっとやってる人間を
漫画の革新者みたく褒め続けるのは困る
大友手法を一般化して、面白くした物を描いてる人たちに失礼だろうと思う
834 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/09/30(日) 10:43:59.45 ID:8zWyFNw6
>>832
大友の第一のテーマは常に「絵で見せる」ことだよ
あんたこそ上っ面しか見てないようだ
835 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/09/30(日) 10:44:44.64 ID:Wcizyrzr
大友克洋ってそんなに漫画の革新者かな?
手塚治虫が存命していた頃に大友克洋風の絵を書いて、これくらい全く大した事はない、と言っていた。
全く真似が出来ないのは諸星大二郎だ、とも言っていたね。
836 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/09/30(日) 11:54:13.47 ID:GtyR0l2T
1970年代後半じゃ漫画界で"リアルな絵"というと劇画系の絵しかなかったからな。
かざま鋭二とか池上遼一とか。
SF系だと星野宣之、諸星大二郎がいたけどなんとなく垢抜けないイメージがあった。
大友の絵は旧来の劇画系とはまったくルーツを別にするイメージがあってそういった意味では革新的だった。
837 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/09/30(日) 12:12:22.04 ID:QWUme/zv
確かにハリウッド映画の派手なSFXを思わせる様な迫力のある絵を書きだしたのは大友克洋が初めてかもね。
838 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/09/30(日) 12:21:01.23 ID:2jlyQOgf
大友克弘の描く女性もリアリティがあってよかったな。
男のファンタジーで固めたようなアレじゃなくて
なんか体の線もリアルだし顔つきもリアルに近い顔つきで。
サービスカット的なものでたまにおっぱいが出てるなと思ったら
武器屋のおばさんのおっぱいだったり・・・・
839 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/09/30(日) 14:13:14.58 ID:bHOHlHY/
身もふたもない「女」を書かせたら大友はさすがだったねえ。
どんなに主役で美人でも、目の小ささとか、横顔のフラットさとか、
鼻から口までの長さだとかがリアル日本人だった。
「ショート・ピース」あたりの絵を見たら、リアル70年代って感じがした。

「Fire Ball」は「彼女の思いで…」1990に収録されるまで、作品集未収録だったので、
最初のアクションデラックス掲載1979を見逃した人には、噂のみ聞く幻の名作だった。
おれは、ラーメン屋で偶然見て、このままパクって帰りたいと思った唯一の雑誌だったw。
「ぱふ」あたりで話題になるまで、あれはいったいなんだったんだろうと思っていた。
だれか、持ってたらコピーさせてくれないかなってずっと思ってた。
840 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/10/13(土) 11:01:17.00 ID:nrQH4Y4V
ケーンジ君、遊びましょ~♪

あの映画、まさに漏れらの年代、
万博の頃小5位だったな。
ハレンチ学園とか、男一匹がき大将とか見てた。
841 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/10/13(土) 21:10:32.38 ID:b87+L0Ee
そういえばハレンチ学園で1回オナったなw
よくあんな漫画で出来たもんやわ
842 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/10/14(日) 09:47:10.35 ID:lL4p1DyU
ノーベル賞の季節になると思い出す
ノーベル殺人賞を受賞したただ一人の女
「木曜日のリカ」
843 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/10/14(日) 16:06:42.87 ID:YjZI2DFW
>>842
子供心にノーベル殺人賞って一体なんだ?と思ったけどね。
844 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/10/22(月) 15:16:33.44 ID:d3Q9hlzJ
>>758
ロザリンドの機械に巻き込まれて死ぬ強盗の話の元ネタは意外にこの辺りかも。
http://ja.wikipedia.org/wiki/香月弘美
舞台で悲惨な事故で死んだ。
845 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/10/22(月) 18:54:11.61 ID:bNO8bK9C
ジョージ秋山の「博愛の人」全八巻読んでみたけど
あんまし面白くなかったなあ。
要は「真面目に働けよ百姓ども」ってだけの話だもん。
後半で金次郎を陥れんとする侍が派遣されて来るとこなんか
面白い展開になりそうなのにあっさり終わったし
その侍は最初はすげえ悪役面してたのに意味なく顔が変わりすぎるしさw
846 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/10/22(月) 19:16:19.55 ID:d3Q9hlzJ
ジョージ秋山の絵が下手なのは昔からw

その思想は難しすぎてオレには良く分からん。
浮浪雲もよく考えると難しい。
847 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/10/22(月) 19:48:15.13 ID:5vBNFUwN
ジョージ秋山は「パットマンX」とか「ほらふきドンドン」くらいしか面白いと思ったことがないな。
「アシュラ」「銭ゲバ」以降は正直あまり読む気が起きない。
最近ホラー漫画「でろでろ」やゲーム+ラブコメ「ハイスコアガール」で当たっている押切蓮介の絵がジョージ秋山に似てる。
848 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/10/24(水) 09:08:59.66 ID:fV3BCNmw
ハイスコアガールは面白かった
小学生編のほうだけだけど
ジョージの絵に似てるかぁ?
849 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/10/27(土) 09:38:05.95 ID:nbOZw4T5
「看護助手のナナちゃん」て想像してたのと違ってて面白かった。
看護助手の話を題材にした作品つうと、やっぱひたむきに頑張るヒロインえらいねたいへんだね、とか
場所柄人が死んだりすること多いからそのへんで泣かせたりするんやろな、とか
まあ~ウガった見方をしたくなるけど

そういう見方したくない感じの絵でまず騙されたね(いい意味で)。
これ考えてこういう絵にしてたとしたらやり手だな~。
あの内容で東陽片岡の絵でも良いような気もするけどwww
850 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/10/27(土) 10:28:56.52 ID:Qu8T3wEK
YouTubeでアニメを見ているが「ヒカルの碁」が面白い。
851 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/10/27(土) 10:58:04.93 ID:gwyIk9Td
地元の図書館のホームページを見ると
最近は「蔵書検索」ができるとこがほとんど。
意外にコミックなんかも揃えてるから
買う前に一度図書館に置いてないか調べるのもいいね。
852 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/10/27(土) 16:21:16.37 ID:Ybr6t9CR
>>849自己レス
作者の野村知沙は「とろ鉄」の野村宗弘の配偶者だってこと今知った。
ああ~。全てが納得した!
素であの絵なんや~!きっとそうに決まっとる!
ええもん見れてよかったんや俺は~w
853 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/11/13(火) 13:41:22.32 ID:grZXTRl5
ジョージ秋山の「ばらの坂道」
Amazonではいっぱしの評論家気取りな連中が
さも意味有りげなことを書いているけど

ぜんっぜん
面白くなかった!!!
ていうかすげーつまんねえこれ!!!
なんでこんなのが一冊1500円もするの
キチガイだのびっこだの
そういう言葉をちりばめたら問題作っぽくていいでしょ的な
ジョージの丸投げ世界!
中二病丸出し!
もうひどすぎる
猿でも描けるこんなの
うわーん騙された~~wwww
854 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/11/13(火) 15:22:44.25 ID:arcyqn/J
尼のレビューは釣りも多いから
855 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/11/13(火) 19:33:23.09 ID:ok9Z+V4e
ジョージ秋山が下らないのは昨日、今日に始まったものじゃないw
856 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/11/14(水) 11:47:51.22 ID:IlvC6fQo
「アシュラ」と「銭ゲバ」で人気作家の仲間入り
「恋子の毎日」とか「はぐれ雲」でアダルト路線で
成功したのはいいけど、変な精神世界もの描くのやめときゃよかったのにねえ。

まあ昔の人気漫画家はだいたい今読んでみると
広げた風呂敷ぶん投げちゃうようなヘタクソばっかりだけど
手塚治虫はその点やっぱり天才だぁ
駄作も無いわけじゃないけど
857 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/11/14(水) 12:01:22.43 ID:e3rhmv/u
パットマンXは面白かったけどな
858 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/11/14(水) 12:02:53.42 ID:bS6gq2/V
>>856
永井豪も投げ出し派だよなw
859 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/11/14(水) 15:59:10.27 ID:ToHPSP+v
石ノ森章太郎の「サイボーグ009」のラストも投げ出しちゃってるねw
いいキャラ揃いなのにもったいない
860 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/11/14(水) 20:44:58.79 ID:IaFIUiIL
>>856
ジョージ秋山の「灰になる少年」
あれは泣けた。
861 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/11/15(木) 06:00:21.94 ID:avI3OGPs
最近はみなもと太郎の「風雲児たち幕末編」くらいしか読んでなかったので以前に20巻めくらいでリタイアした「ワンピース」を再読。
ストーリーはともかく絵がゴチャゴチャしてこの歳になると読み辛い漫画だなあと改めて実感。
明石家さんま(57)がファンらしいがよく読めるよなあ
862 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/11/15(木) 16:56:28.30 ID:N79rMnNg
>>860
なんか読んだことあるような気がする
ラストは自分も吸血鬼だったってやつだっけ?
863 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2012/11/18(日) 18:45:10.95 ID:vtvvEBqg
ジョージ秋山は、ほらふきドンドンとパットマンX、デロリンマンが大好きでした。
ゴミ虫くんもよかったけどね。
哀愁の有るところが,当時小学生の心にも感じるものがあったなあ。
864 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/11/18(日) 20:32:54.42 ID:U7gGaPL6
>>863
同感。
ジョージ秋山は銭ゲバ、アシュラの頃から変になった。
865 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/11/18(日) 23:35:08.51 ID:AoO0VeyK
銭ゲバ、アシュラのちょっとあとくらいに断筆宣言して半年くらい休業した後何事もなく連載始めたので当時同業者や編集のあいだで呆れられたらしい。
866 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/11/24(土) 08:57:28.67 ID:/fiAWycI
広島市に引っ越しして良かったなぁと思うことは
マンガ図書館があることだ。
マンガの蔵書が半端無く大量。
さすがにシグルイとかは入らないみたいだけどw

よそでも多少はマンガ入れてる図書館もあるけど
広島市ほどじゃない。
広島市に住むようになってから、もう毎日なんか借りて読んでる。
マンガの好きな人は広島市へおいでよ!

ゴミの分別がキチガイじみてるのが糞ウゼエけどwwww
867 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/11/24(土) 15:03:23.63 ID:Wc1/GelO
>>866
「はだしのゲン」とか手塚治虫が大量にあるのかと思ったら、三浦建太郎「ベルセルク」や平野耕太「ドリフターズ」なんかもあるな
こりゃ漫画喫茶に行く必要がなくてうらやましいな
868 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/11/24(土) 17:43:52.89 ID:SHPp2bR9
図書館ならタダだもんな
うらやまけしからん
869 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/11/24(土) 17:54:08.74 ID:kSyoCskS
車もバイクも持ってないワシにはあの坂道は地獄じゃけえ行かん>まんが図書館
870 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/11/25(日) 10:35:19.52 ID:rznWYM7R
>>869
漫画図書館までわざわざ行かなくても良いみたいよ。
最寄りの図書館にもってきてもらえるようなことが
広島市の図書館ウェブサイトに書いてある。
871 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/11/25(日) 10:40:13.32 ID:V+/DzSOK
宇宙兄弟を毎週見ている。
872 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/11/26(月) 19:46:06.22 ID:aY1kNaZH
>>870
すばらしいサービスだよねそれ
873 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/11/28(水) 13:40:17.79 ID:aRMdGL/U
>>865
人気が出ると増長するんだろうかね。

個性的な絵を描くのが上手なだけの人間なんだけど
なんか特別な存在みたいに持ち上げられて
ダメになるのは凡人の宿命。
漫画家は話を練るのと絵を描くのとやらなきゃならんから
大変だろうけどね。
編集がバカだったりするとさらに悲惨だね。
874 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/11/28(水) 16:54:45.89 ID:VmWyixou
松本零士の奥さんは牧美也子さんだったかな
875 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/12/05(水) 12:16:51.22 ID:raP2NzxL
森下裕美ってすごいええな
少年アシベのかわいいイメージしか無かったけど
最近の短編は心に残る
業田良家の偽物くささ安っぽいロマンチシズムが鼻についてたのを
森下さんの作品できれいに濯われた感じ。
876 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/12/05(水) 13:34:24.79 ID:xzsM6sNv
業田良家みたいなぽっと出の漫画家とベテランの森下裕美を比べるのが間違ってる
877 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/12/05(水) 14:23:40.52 ID:3zTnRn1i
業田良家は1983年デビューだからぽっと出じゃないだろ(1958年生まれ)。
森下裕美(1962年生まれ)がデビュー1982年だから1年しか違わん。
878 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/12/05(水) 15:23:59.57 ID:mNVP9h1T
えーっそうなんだ?
てっきりぽっと出のペエペエだと思ってた
才能の差ってやつか
879 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/12/05(水) 16:22:53.17 ID:L2+QrFzu
森下裕美「ここだけのふたり!!」
少年アシベと同じようにかわいらしいキャラクターだけど結構突き刺すような人間描写してるよ。
880 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/12/07(金) 07:26:26.76 ID:/qQnCP5w
トモちゃんはすごいブスっていうの面白かったよ。
突き刺すような人間描写もますます磨きがかかってるけど
「やさしいこころってなんだろう」みたいな表現を
ポエム書いてごまかしたり
意味有りげなひとことで収束した気にさせてる
ダメな漫画家がよくやる手法を一切使わないで描く所がすごい。
881 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2012/12/07(金) 08:59:45.50 ID:eKOH6sTA
森下は「C級さらりーまん講座」の山科けいすけと夫婦だそうだけどそういえばもともとの作風はかなり違ってたけど
同じ4コマだしキャラクター造形とか影響し合っているのかも。

山科けいすけの歴史大河4コマ「SENGOKU」より松永弾正
https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQj7-DjBe9vaOLopvEksQpdSDZFZWXMwIUvc4nwBgNKEDiHDOck
882 : !omikujidama [sage] 2013/01/02(水) 11:52:15.48 ID:Iz/qF8h5
うちの妻ってどうでしょうの五巻が出るな
883 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/01/06(日) 09:04:51.74 ID:eKUjA22M
俺は姉の影響で小学生の頃、別マとかフラワーコミックとかよく読んでた。
森脇真末味のおんなのこ物語は秀逸だった。
884 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2013/01/13(日) 17:53:19.44 ID:R5VgJ2l0
>>883
「おんなのこ物語」は良かったねえ
バンドものでは最高峰だと思う
タイトルなんとかして欲しいよねw
885 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/01/13(日) 18:00:53.75 ID:v0Rx8n7o
どくだみ荘の堀ヨシオはあの時代にはどこでもいそうで切なかった・・・
886 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/01/13(日) 19:23:56.03 ID:vLdxJAh/
どくだみ荘の作者は50代になる前に死去してたのか・・・
晩年はパクリで他の漫画家からクレーム受けたりしてたらしいたけどこれも人気が出たせいの妬みもあるんだろうなあ・・・

昭和30、40年代は石森章太郎や桑田次郎、水木しげるあたりの大家でもよく海外小説をパクってたけど何も言われなかったものだが
887 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/01/13(日) 22:44:04.84 ID:mimy466m
>>884
福谷たかしの晩年はスランプで酒浸りだったそうだよ。
888 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2013/01/15(火) 01:11:33.81 ID:wamGyY6r
皆さん、ずいぶんマニアックですね。オレは小学生時代はSFでエイトマンと鉄人28号やったね。中学生になったらスポコンで巨人の星とあしたのジョー。あとハリスの旋風でしたな。少年マガジン一本でしたわ。
889 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/01/15(火) 09:39:49.35 ID:Vu/brusH
今でも買っている漫画は渡辺多恵子の「風光る」と古谷三敏の「レモンハート」だけだな。
美味しんぼも買うのを止めたし。
890 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/01/20(日) 22:55:23.50 ID:osvaTWfn
このスレで畑中純の死について語るひとがいないのが奇妙な感じがする。
それとバロン吉元についての書き込みがないのも寂しい。
自分は昭和柔侠伝の途中で挫折したので語る資格がない。
891 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/01/20(日) 23:20:43.89 ID:XLWPBFID
というか畑中純が亡くなっていたのは元々知らんかった・・・
892 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/02/05(火) 08:04:22.57 ID:UiwjE1qV
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130203/k10015256561000.html
ローザンヌバレエ 日本の高校生3位に

山岸凉子の世界や~
893 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/02/05(火) 12:10:12.98 ID:+/dI9SaL
ここにまとめてある動画が面白かった
 
週刊マンガ雑誌の歴史
http://www.geocities.jp/laugh_man_is/rekishi_manga_ichiran.html

1958~64年 週刊少年誌の誕生
1964~66年 マガジンの逆襲
1966~70年 劇画マンガの台頭
1970~74年 始動!少年ジャンプ
1974~79年 少年チャンピオンの挑戦
1979~84年 少年サンデーの復活
1984~89年 少年ジャンプの独走
1989~97年 ジャンプ帝国の終焉~ 前編 ~
1989~97年 ジャンプ帝国の終焉~ 後編 ~
1997~03年 ジャンプの復讐
894 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/02/05(火) 14:56:31.52 ID:xRCczKj+
谷口ジローってすげえいいな。
神々の山巓っていうの読んで感動したから
事件屋家業ってのも読んでみたけど
これも素晴らしく面白かった。
それぞれ原作者が違うのに
息を合わせるのすごくうまいんだろうな。
895 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/02/05(火) 20:02:57.14 ID:P87PjAJu
https://itunes.apple.com/jp/app/wu-liaode-quan-juan!burakkujakkuniyoroshiku/id556416566?mt=8
iPhoneがあればタダでブラックジャックによろしくの全13巻が読める。
896 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2013/02/10(日) 15:13:13.37 ID:eJLLAhCv
「野望の王国」  原作:雁屋哲  画:由起賢二

ストーリーはやや支離滅裂なところがあったが、過激な描写は今も印象に残ってる。
単行本で途中までしか読めなかったのが残念。
897 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2013/02/10(日) 17:19:01.87 ID:vuePPdhS
小さな恋のものがたり
898 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/02/10(日) 19:47:37.68 ID:LlRv/Ihl
>>896
あれほど過激な劇画の原作を書いてた雁屋哲がその後「美味しんぼ」などというぬるい作品で売れっ子になるとは思わなかったなあ。
「根暗トピア」とかの過激な4コマを描いていたいがらしみきおが「ぼのぼの」で当たったのも意外だったが・・・
899 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2013/02/10(日) 20:08:30.72 ID:eJLLAhCv
>>898
前にもちょっと出てたけど「光る風」の山上たつひこが、後に「がきデカ」だものな。
900 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/02/10(日) 22:06:43.09 ID:qXfRKaaK
作風が変わったのは みやわき心太郎、横山まさみち、村岡栄一かな。
宮谷一彦はどうしているか。  900get
901 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/02/11(月) 00:11:14.20 ID:n2FhytIS
デビューした頃は純然たるギャグ漫画でその後ストーリーものに転向という漫画家はけっこう多いな。
柳沢きみお、江口寿史、新田たつお、川 三番地、ゆでたまごなどがいる。
永井豪みたいにもともとストーリー漫画志向だったのだが編集の意向でデビュー作がギャグ漫画というのもいるが。
山上たつひこのようにシリアスな「光る風」から青年向けギャグ「喜劇新思想大系」を経て「がきデカ」に至ったような例というのは珍しいな。
902 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2013/02/11(月) 09:07:14.66 ID:Yfj4onEl
>>901
柳沢きみおといえば「翔んだカップル」の次に「朱に赤」って作品があったのを覚えてるかな?
同じ作者とは思えないほどの暗い、家庭崩壊を描いたストーリーで、当時はあまり読む気が
起きなかった覚えがあるが、今時々読み返してみたくなるときがある。
久々に古本屋に行ってみようかな。
903 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/02/11(月) 10:35:18.89 ID:x5sTVwgr
>>901
川三番地は担当と大喧嘩したらしく、それでギャグ漫画の連載を切られているね。
それがきっかけで作風が変わったのかもしれない。
904 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/03/01(金) 08:32:45.58 ID:8001fyZi
ある本には秋田書店の編集者Kさんとあって、吾妻ひでおではカベムラさんと
出ている壁村耐三は伝説のひとらしいな。すごく酒癖がわるかったみたい。
905 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/03/01(金) 08:43:54.31 ID:8001fyZi
壁村氏伝説
http://mandanatsusin.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-1731.html

http://blog.livedoor.jp/yota874harahara/archives/1074490.html
906 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/03/01(金) 12:50:25.63 ID:BWTxJEyZ
吾妻ひでおとチャンピオン編集部
http://blog.livedoor.jp/tora345/archives/51706561.html
907 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2013/05/18(土) 21:27:11.14 ID:eINAzJt6
【古き良き】 少女マンガ大特集 【傑作】
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1368641591/l50

私らくらいの年代ドンピシャな話題になってる
結構年配者って多いんだなあ、2ちゃんねるw
908 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2013/05/20(月) 23:46:32.51 ID:B/lCfRGY
昔の漫画で、数人いるうちの一人が、
♪ひとつでたホイの よさほいのホイ~♪と歌いだした途端に回りの連中が
クモの子を散らすように逃げ出す場面がよく描かれてたように思うけど、
あれは何故?
909 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2013/05/21(火) 01:33:07.18 ID:MOJzNisw
>>908知らん
910 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/05/21(火) 21:56:04.08 ID:6X8nBFTE
アニメでしか見ていないが、最近で面白い漫画は「進撃の巨人」だな。
911 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/05/21(火) 22:56:13.48 ID:ni089IJn
巨人が池沼みたいでキモい。
912 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/05/23(木) 15:25:31.71 ID:+VXncNoD
「監獄学園」の精緻でリアルな絵と馬鹿馬鹿しい内容のギャップがいい
「アゴなしゲン」を描いていた同一人物とは信じられない絵の上達ぶり
913 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/08/23(金) 07:03:25.77 ID:tj7POrzG
話題のアニメ「進撃の巨人」観た。
確かに面白いが巨人を攻撃する巨人に永井豪を見たのは俺だけか?
914 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/08/23(金) 15:25:11.89 ID:IfCzRwI1
>>913
1話をみてグロいから視聴をやめようとしたが、我慢してみたら面白くてはまってる。

永井豪のデビルマン(コミックの方)的な設定(悪魔族と人間の戦い)のようであり
特撮怪獣ものー怪獣が巨人であり、やられっぱなしの人間も、なんらかの手段で巨人化する所
のような気がする。
915 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/08/23(金) 22:44:26.07 ID:q4f/Yfcg
今は進撃の巨人と宇宙戦艦ヤマト2199に嵌っている。
916 : 606 [sage] 2013/09/13(金) 21:40:21.22 ID:EW0YpRT1
いまリアルタイムに追っかけて買ってるのは
諸星大二郎諸作品
少女ファイト
団地ともお
百鬼夜行抄
くらい
島田虎之介はいいけどあまりに寡作
917 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/09/13(金) 21:43:36.09 ID:yPRCDmXB
ヒストリエ
ヴィンランドサガ
も好きだけど展開遅すぎて
918 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2013/11/27(水) 00:43:00.98 ID:96N79D5y
つげ義春は既出か?
もっとも嵌まったのは、中年になってからだが。
919 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/11/27(水) 01:58:13.12 ID:7bjMsiza
>>918
つげ義春は大学の頃からのファンだ。
温泉めぐりなどなかなか味わいがあった。

つげが紹介した温泉で行った事があるのは南会津の木賊温泉だけだけどね。
http://www.joy.hi-ho.ne.jp/ma0011/T-Fukushima10.htm
920 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2013/12/05(木) 16:41:49.59 ID:aNlC9eym
つげさんWikipediaで見たらNHKでドラマ化されたり映画化されていた頃でも
生活の不安に悩まされていたらしいですね。 当時連載していた日記にも
妻の病気と将来の不安ばかりで読んでいて切なくなった記憶が。
中古カメラ販売はともかく、石売りなんて事実だったのが凄い。
921 : 54才北村 : 2014/01/05(日) 00:22:08.97 ID:rKheNBAK
ハレンチ学園のこのシーンは
今見てもエロ過ぎる!!

http://livedoor.blogimg.jp/sanntyann/imgs/3/a/3a82da9e.jpg
922 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/01/29(水) 09:39:00.15 ID:+JNiCDDI
>>166
それは、さいとうたかをの「孤独への招待」
ではないかな。
初出は貸本の『ゴリラ・マガジン』さいとうプロ
923 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/02/11(火) 15:13:27.71 ID:yOIXKt8w
能年ちゃんがヒロインという映画「ホットロード」の原作を
図書館で借りて読んでるところ。

最初のところとか読んだ覚えがある。
あの頃は若かったなー。全部本気にしてたもんね。
今読むと暴走族ファンタジーだよなあコレ(笑)って感じ。

和希やハルもそうだけど、主要な人物がみんな子供の顔した立派な大人!
イヤな出来事はちょっと触れる程度に通り過ぎていくだけ!
この作品は、紡木たくという概念で作られた別の宇宙の中の惑星の中の
1つの星の中の1つの日本によく似た国の中の横須賀によく似たとある場所の中の
出来事デス!
紡木たくの理想世界が描かれているから、悲惨なことも胸を抉るような暴力もナシ!
子供が読むんだからそりゃそうですよネ!
でも子供が激しく誤解をする作品ではないだろうか、とも思いまシタ!
924 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/02/13(木) 02:03:10.20 ID:TV1KnkCl
80年代のガロ
みぎわパン の『ぱんこちゃんになろうっ』好きだったなあ
925 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/02/13(木) 03:22:26.49 ID:taFyPSup
アタゴオル物語 まだ線がごわごわしていた頃のますむら
926 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/02/13(木) 03:47:51.94 ID:yyyiYcSd
大ぼら一代
灰になる少年
927 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/02/13(木) 15:38:50.49 ID:A+10TOpb
>>924
名古屋弁をあれで覚えたワシ
928 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/02/13(木) 19:27:47.11 ID:olrnqhrY
新井英樹。
もうイヤw
谷岡ヤスジを煮詰めて発酵させたみたいなw
ワールド・伊豆・まいん
wwww

もうコイツの作品は一生読まなくていいwww
929 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/02/13(木) 20:11:45.71 ID:X0GMBVP9
>>926
ジョージ秋山の「灰になる少年」・・・あれは泣けたな。
特にラストが ・゚・(つД`)・゚・
930 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/02/14(金) 00:08:43.55 ID:WGJk5GO/
あすなひろしの描いた漫画。
さまざまな登場人物のさまざまな人生模様が好きだった。
931 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/02/14(金) 07:21:05.10 ID:dW45418K
赤いペガサスが好きで何度も読みかえした思い出
932 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/02/14(金) 08:16:24.03 ID:eSPLx18A
灰になる少年てバンパイアになった少年が死ぬって話
あの少年にそこまで感情移入するようなものなんてあった?
泣くようなものでもなかったけどな?
933 : 【東電 92.8 %】 [sage] 2014/02/14(金) 14:36:40.28 ID:A/yFg6Az
今さらだが、「鋼の錬金術師」
動画は全部みたので、コミックを全巻揃えようか
考え中
934 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/02/15(土) 11:16:36.97 ID:hZ+pwElm
だめもとで図書館に無いか調べてみたら。
比較的大きな都市の図書館ならホームページ作ってるし
ホムペがあるなら蔵書検索もできる
ちな倉敷市立図書館には全巻あるでよ
935 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/02/15(土) 11:46:55.42 ID:hZ+pwElm
キョービの図書館はマンガもけっこう入れてくれてるとこあるからな。
カーリルっていう全国の図書館の蔵書検索ができるというサイトがあるで
まずそこで探したらええで。
検索する図書館を5件まで登録できて、その中から蔵書検索してくれる。
936 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/02/16(日) 10:41:28.07 ID:mf+7Gett
>>934-935
あんた、いい人だなあ。
こういう役に立つこと書いてくれる人
めっきり少なくなった。
937 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/02/19(水) 21:20:18.58 ID:H8qODXzG
【社会】仮面ライダーのフィギュア値札張り替え 容疑の50代警官処分
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1392735800/
938 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/02/20(木) 00:07:07.93 ID:BsiO5Bgn
男どアホウ甲子園
「いくで~マメタン」「はいな あんさん」
939 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/02/20(木) 02:11:13.04 ID:xQcOrHhY
エロトピア
940 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/02/25(火) 15:04:24.32 ID:sBGlvbvG
>>923
紡木たくの「瞬きもせず」っていうのを最近初めて読んでみたけど
「ホットロード」とはまた違う印象だったよ。

まあモテるの前提の話だからどっちもね。
ヒロインはなんでも持っててかわいくて男子からモテそうな子で。
ああー自分には関係なかったなこういう世界って(笑)
941 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/02/25(火) 21:04:43.84 ID:i+P4LZNn
>>940
> ああー自分には関係なかったなこういう世界って(笑)
わかる
なーんにも無かったな
942 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/02/27(木) 22:43:11.21 ID:eLCeJ45U
南海が好きだったから、あぶさん
943 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/02/28(金) 02:45:15.38 ID:h7oZi23j
嗚呼、花の応援団
944 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/03/05(水) 03:04:17.21 ID:RERGKTWT
このパソコン雑誌に連載していた漫画が面白かった
https://www.youtube.com/watch?v=_bffV6cTGzM
YouTubeサムネイル[_bffV6cTGzM] - 1枚目YouTubeサムネイル[_bffV6cTGzM] - 2枚目YouTubeサムネイル[_bffV6cTGzM] - 3枚目
945 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/03/05(水) 20:44:26.32 ID:clwisSN6
いのまたむつみ!懐かしい
946 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/03/05(水) 23:48:48.83 ID:xFtdQ5vu
嗚呼、花の応援団
どおくまんプロだったかな。むちゃくちゃな漫画だったな。
クエクエと奇声を発し、おねえちゃんを押し倒したり、
1万円とかいた紙切れでたばこを買ってこいと、新人に
いう先輩とか。

一番印象に残っているのは、畑中純の「まんだらやの
良太」。
流れ者の悲哀、はぐれもの、などは傑作だった。
947 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/03/05(水) 23:52:38.42 ID:xFtdQ5vu
>>890
柔侠伝、昭和柔侠伝と続いたと記憶している。
昭和の方の主人公がでた高校は、鎮西高校だけど
熊本に実在している。
茜ちゃんがかわいかった。
948 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/03/05(水) 23:56:43.25 ID:xFtdQ5vu
茜ちゃんの制服は、あれは第一高校みたいだ。
949 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/03/06(木) 00:00:03.77 ID:ZazGA58M
最近、全くマンガを読んでいない・・・
950 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/03/06(木) 00:00:32.15 ID:XBqXdVYp
いまはまっているのは、「ブラックジャックによろしく」これは13巻あるけど
全巻無料で読める。
ガラパゴスなどの電子書籍リーダーで読めるよ。

研修医の成長物語だけど、医療のこと、病気になるということ考えさせられる。
951 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/03/09(日) 23:08:00.86 ID:B8FBN8x/
義弟に奥まで注がれ十月十日が昼ドラみたいでお面白かった。
https://ekubostore.jp/books/59
http://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/item/40785/
http://dokodoku.jp/pc/page/series_product.asp?sid=146408
952 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/03/13(木) 14:36:14.83 ID:z827bme7
ブラックジャックによろしくが今なら無料で読めるよね。
研修医の成長と、医療現場の難しさが語られているよね。
理想はこうだけど、現実はなかなかこうはいかない難しさとか。
研修医の情熱とか勇気とか行動力には感動したんだけどね。
http://booklive.jp/product/index/title_id/20000263/vol_no/001
953 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/03/13(木) 23:59:34.54 ID:fRvjB+tC
ブラックジャックによろしくで感じた事は医者が如何に優秀でも今の日本の医療制度に大きな欠陥があるから、病院が患者本位になっていないという事だよね。
特に小児科医が少ない事は大変な事だと思う。
954 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/03/14(金) 09:40:39.15 ID:N0ByIh59
少子化の時代だけど、小児科医が足りないし、産婦人科も少なくなってきてるよね。
よく通っていた病院も産婦人科がなくなっていたよ。
それだと余計に子供を産むのを躊躇してしまって、よけいに少子化が加速してしまうんじゃないかと思う。
955 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/03/14(金) 19:27:11.94 ID:vx3PAW6g
ブラックジャックによろしく 読んでみたい
だけど読んだ本は手元に置いておきたい派なんだよね
最近行ってないけど古本屋で売ってるかなー
956 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/03/14(金) 19:32:50.00 ID:vx3PAW6g
ハマった漫画といえば「パームシリーズ」
30年追いかけてるけどまさかこんなに長くなるとは。。。w
957 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/03/14(金) 20:42:57.23 ID:MXD+5HF7
プラテネスがGyao!で無料配信されているね。
パソコンからしか見えないみたいだけど。
958 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/03/14(金) 21:01:32.66 ID:etQeVDKJ
ちばてつや 「紫電改のタカ」 永遠のゼロとか陳腐で見てらんなかった
959 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/03/14(金) 21:08:39.91 ID:MXD+5HF7
>>958
「紫電改のタカ」はエリート部隊である343空の話だからねえ。
960 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/03/19(水) 18:46:53.83 ID:omAA/UW4
手塚治虫さんの先生の作品は、下ネタネタ多いけど的を射ているね。

http://booklive.jp/search/keyword/a_id/4748
961 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/03/19(水) 23:18:16.05 ID:M66aGoAi
としちゃん
感激~~~~~~!!!
962 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/03/20(木) 13:17:04.10 ID:UUEDDpg2
「ベルサイユのばら」は結構よかった。
http://booklive.jp/product/series/title_id/221524?t_st_suggest=1
963 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/03/25(火) 12:39:36.93 ID:1OWtlfzi
少女漫画なら日出処の天子だな
964 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/04/01(火) 08:18:45.06 ID:8ceUZo3O
>>1
■増税されたので節約しよう (テレビ・新聞)限定
(生きていく上で無くても困らない、かつ有害)

【社会】消費税率8%に引き上げ
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1396280733/

■黙殺された野村総研の『テレビを消せばエアコンの1.7倍節電』報告
http://www.news-postseven.com/archives/20110810_28053.html
「こまめに電灯を消そう」「エアコンの設定温度を28度に」
テレビのワイドショーでは、様々な節電方法が連日紹介されている。その一方で、黙殺され続けている
「一番効果的な節電方法」がある。それはズバリ「テレビを消すこと」だ。

興味深いデータがある。野村総合研究所が4月15日に発表した『家庭における節電対策の推進』なるレポート。
注目したいのは「主な節電対策を講じた場合の1軒あたりの期待節電量」という試算だ。
これによれば、エアコン1台を止めることで期待できる節電効果(1時間あたりの消費電力)は130ワット。
一方、液晶テレビを1台消すと220ワットとなる。単純に比較しても、テレビを消す節電効果は、エアコンの約1.7倍にもなるということだ。

この夏、エアコンを使わずに熱中症で亡くなる人が続出しているにもかかわらず
「テレビを消す」という選択肢を国民に知らせないテレビ局は社会の公器といえるのか。
自分たちにとって「不都合な真実」を隠しつつ、今日もテレビはつまらない番組を垂れ流し続けている。

■新聞購読を止めてみる?年間約5万円の節約に
なんとなくダラダラと購読し続けてしまう新聞・・・「契約の更新のときも、なんとなくサインしてしまっていませんか?」
メジャーな全国紙を朝刊・夕刊のセットで購読すると「月額約4,000円、年間で5万円近い出費」となります。
また、毎日出る読み終わった新聞をまとめて捨てるのも意外と小さな手間に。

さあ、思い切って新聞購読を止めてみませんか?
「浮いたお金と時間を、より有効的に活用」することで、人生が変わるかもしれません。
965 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/04/04(金) 12:57:33.23 ID:BMxnhf0b
トイレット博士
966 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/04/04(金) 22:20:42.89 ID:pMWnN7PK
マカロニほうれん草
サーキットの狼
キャメル
阿修羅・・・禁止になった
男一匹ガキ大将
967 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/04/13(日) 16:24:56.45 ID:IN11DdDC
小学時代 トイレット博士・ハレンチ学園・デビルマン
中学時代 がきデカ・ふたりと5人・1・2のアッホ
高校時代 マカロニほうれん草・すすめ!パイレーツ
大学時代 うる星やつら・めぞん一刻・るんるんカンパニー

アンチ少年マガジン派だったんだなあ・・・。
968 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/04/14(月) 07:34:49.88 ID:33Nll+Gr
三国志、火の鳥、明日のジョー
969 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/04/14(月) 18:52:27.74 ID:4lkLwgvu
火の鳥とブラック・ジャック
http://booklive.jp/product/index/title_id/137836/vol_no/001
http://booklive.jp/product/index/title_id/37100/vol_no/001
970 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2014/04/15(火) 09:47:48.73 ID:UaP+xT1H
高橋留美子作品
https://ekubostore.jp/authors/11939
http://booklive.jp/search/keyword/a_id/77387
971 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/04/15(火) 22:25:22.19 ID:gOcaX/fr
高橋留美子も1ポンドの福音以降は買った事がない。

大学時代はあんなに好きだったのに。
972 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/04/15(火) 22:49:46.08 ID:nz7iYV93
五代さん!
一刻舘とかナツカシ
973 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/04/16(水) 01:50:49.18 ID:IVQ/LIBe
1ポンドの福音の最後って知らない
全くマンガ読まなくなってたから、読むのすっかり忘れてた
974 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/04/16(水) 20:27:46.89 ID:2n8JBVoT
一ポンドの福音の最後の相手はボクサー兼ホストの奴、で思い出さないか?
975 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/04/26(土) 18:40:39.71 ID:l+mxzRov
じゃりン子チエ
976 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/04/26(土) 18:42:51.21 ID:0xs3nAfk
漫画は本よりもテレビで見た方がいいな
977 : 【東電 84.4 %】 [sage] 2014/04/26(土) 19:08:07.42 ID:AauAeMdA
マンガとアニメ動画は違う
978 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/04/26(土) 19:11:37.49 ID:0xs3nAfk
テレビでやってる漫画と同じ漫画の本が一杯あるじゃん
979 : 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 2014/04/28(月) 05:29:45.68 ID:0SRz//jo
   

「 ガ ク ラ ン 八 年 組 」


し も さ か 保